『時間移動』について

 

From:shade

時間移動

そもそも『時間移動』とは、『タイムマシン』や『タイムリープ』のように時間を超越できることです。時間を超える、それって凄いことだと思いませんか?そんな『時間移動』について考察していきます。

 

タイムマシン

まずタイムマシンについて考えていきたいと思います。タイムマシンは

過去や未来の世界に移動可能な空想上の機械のことです。

 

タイムマシン』の種類

タイムマシンにも様々な種類があります。

乗り物型タイムマシン

これは、宇宙船や自動車、鉄道車両などのような形態のもので、指導機能、飛行機能が備えられてある場合もあります。

例えば、最も有名なものだと、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』という作品がありますよね。それに登場する『デロリアン』という移動機能を備えた自動車型のタイムマシンが有名ですね。作中には140kmを超える速度で走行するとタイムトラベルが発生するという設定になっています。それにより過去や未来に移動することができます。

また、『仮面ライダー電王』の新幹線型の『デンライナー(移動機能・異次元空間を移動しタイムトラベルを起こす)』や『ドラえもん』に登場するタイムマシンなども同じです。

転送装置タイムマシン

これは、地上に設置した大型の転送装置のことであり、時間旅行者をある特定の時空に転送したり回収したりすることが可能です。

通信手段タイムマシン

これは、時空を超えて情報を伝達する機能のみを持ったタイムマシンであり、偶然に過去や未来と接続してしまった電話や受信機というケースです。

例えば、アニメ『STEINS;GATE』に登場したDメールやタイムリープマシンが通信手段タイムマシンに該当します。

 

タイムマシン2種類の移動方法』

タイムマシンの時間移動方法には2種類のタイプがあります。

時間を加速する/巻き戻すタイムマシン

タイムマシンを起動すると、その起動させた者からは未来に向かう場合には周囲の時間が加速して見えてしまいます。逆に、過去に向かう場合は巻き戻されているように見えます。

亜空間や四次元空間を経由するタイムマシン

これは、時間を超越するための亜空間や四次元空間を利用して、現在と未来・過去を接続して時間旅行を行うことができます。

亜空間や四次元空間を経由する場合には、事前に状況把握や時間の位置の同時移動が最も重要になります。

 

タイムマシンは作れるのか?』

結論から言うと現在の科学技術ではタイムマシンを作るのは不可能です。では、どのような原理を使えばタイムマシンは作れるのか?

まず、光の速さくらいのロケットを作ることができれば未来には行く事が可能です。これは、ドイツの理論物理学者である、アルベルト・アインシュタインが1905年に発表した、『特殊相対性理論』の『時間の遅れ』により100%可能です。光速に近い速度で宇宙旅行できるロケットを作ることができれば未来に行くことが可能です。

また、時空のある一点から別の離れた一点へと直結するトンネルのような抜け道であるワームホールを利用するタイムマシンはワームホールさえ存在すれば、理論上は可能。

しかし、タイムマシンが発明された後の、未来や過去は自由に移動できますが、発明前の過去には行くことはできません。

例えば、ワームホールが2つあったとしましょう。

まず、片方のワームホール(α)が光速に近い速度で動いて、元の位置に戻ってきた時、もう片方のワームホール(β)に飛び込むと、ワームホール(α)から出てくるので、過去に戻ることが可能です。逆に未来にはワームホール(α)から入ってワームホール(β)から出てくれば、未来に行けるということです。

また、もしパラレルワールドが存在すれば、未来か過去の行きたい方の時空座標を正確に指定し、パラレルワールドに移動できれば、過去・未来のどちらとも行けるようになります。但し、タイムパラドックスを回避するために、一度経験した未来や過去へは行けないです。

 

 

タイムリープ

タイムリープ』とは『時間跳躍』のことです。『タイムマシン』との違いは、タイムマシンの場合は、何らかの装置を使わないと時間移動できませんが、タイムリープの場合は時間を越えて瞬間的に過去や未来に移動できる超能力を持った人間によって自由自在に時間を前後移動できるというものです。

例えば、『時をかける少女』や『STEINS;GATE』に出てくる能力のことですね。

また『タイムリープ』の特徴は

別の時点の自分の体に意識だけを飛ばす

という特殊な時間移動のことを指すことが多いです。

 

まとめ

時間移動』について色々紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

現代の科学技術では到底無理ですが、もし本当にタイムマシンが開発して完成したり、タイムリープのような時間移動可能な超能力ができたら、あなたは『過去』と『未来』どちらに『時間移動』移動してみたいですか?

僕はどちらとも行ってみたいですね。

過去』に行ってみたい理由は、誰もが思うことだと思いますが、過去に後悔したことや、あの時こうすればよかったというのを変えたいからですね。

未来』に行ってみたい理由は、現在の自分がどうなっているのかを確認したいからですね。誰もこの先の未来がどうなるのとかは絶対知らないので確認できたら、それを変えることも可能なのでそういう意味も含めて未来に行ってみたいでね。

いつかこの世界で『時間移動』を実現できたらいいですね!

\ SNSでシェアしよう!/

【この本がスゴい!】shadeが今一番オススメする書籍

お金・時間・場所
「ネットビジネス」こそ唯一
「本当の自由」を手に入れることができる
「自由な人生を手に入れる教科書」

おすすめテーマ『STORK(ストーク)』

究極のモバイルファースト
ブロガー専用テーマ
当ブログでも使っているオススメの
WordPressテーマ『STORK』

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

ブログ運営者:shade アニメ・ゲーム・音楽・ビジネス書籍が好きな20歳。 自由な人生を手に入れるためにネットビジネス始めました。 PC1台でお金を稼ぐための知識・タメになる情報を発信しています。 あなたの考え・意見・感想をもっと”共感”してたくさん”共有”していきたいと思います。 記事を読んだあなたの意見・感想をお聞かせください。 たくさんのコメントお待ちしております(*^^*)