エジソンは「発明王」ではなく「訴訟王」だった?

From:shade

トーマス・エジソン。

ご存知の通り、誰もが知っている世界の発明王です。

エジソンの功績として有名なのは、電球、蓄音機、映画などなど・・・。

特許も1000以上持っているなど、本当にたくさんのものを発明しているイメージなんですが、実際のところ、発明王とは真逆とも思える一面が彼にはありました。

電球

「世界から夜が消えた日」

当時はそんな風に言われていた電球の発明。

なかなかいい感じのキャッチコピーですよね。

それはいいとして、、、

この電球。

最初に発明したのはエジソンではなく、ジョセフ・スワン。

ですが、スワンが発明した電球では光っている時間が40時間ほどしかなく、電球として実際に使えるレベルではありませんでした。

そこで、エジソンは日本の京都の竹を素材に使うことで実例用レベルの電球を作り上げることに成功。

まぁ、スワンが黙っていないですよね。

特許をめぐる争いになったようなのですが、スワンとエジソンが共同で会社を設立。

この電球がどんどん市場へ広がり、世界中の人たちが夜になっても明るい中で生活できる恩恵をうけられるようになりました。

電話

電話を発明したのはグラハム・ベル。

エジソンと関係ないと思っていたのですが、実はエジソンもベルに1年ちょっと遅れて、電話の特許申請をしていたんです。

なので、電話特許についても紛争が勃発。

結局、和解をしたようなのですが、エジソンの電話が市場に普及することはありませんでした。

発明王は訴訟王?

エジソンがモメているのは、これだけではありません。

それどころか、エジソンは他の発明品でもよくモメていて、

”訴訟王”

なんて異名もついています。

人類史上、最高の発明家と呼ばれている人が、誰かの発明かでモメている訴訟王というのは少し皮肉な感じもしますが、このことについてエジソンは、

「私もずいぶん盗んだものだ。肝心なのは、いかに盗むかである」

と書いている記事は、ネット上にはたくさん出ています。

これを実践していたのなら、モメまくるのは当然の結果ですよね。

それに、エジソンのようにクリエイティビティが必要だと思われる仕事をやっている他の人たちも、こんなことを言っています。

芸術家はパクリ王?

「凡人は模倣し、天才は盗む」

By パブロ・ピカソ

「何も真似してくれないなんて言っている人間は何も作れない」

By サルバドール・ダリ

「いいと思ったものをコピーしよう。コピー、コピー、ひたすらコピー。その先に自分が見つかる」

By 山本耀司(ファッションデザイナー)

他にも同じような趣旨のことを言っている人は本当にたくさんいます。

クリエイティビティがめちゃくちゃ必要だと思われている仕事で、とんでもない実績を出した人たちがこう言っています。

最後に

もう1人だけ、めちゃくちゃクリエイティブなビジネスマンと言われている方の言葉もご紹介します。

「ピカソは『凡人は模倣し、天才は盗む』と言った。だから、偉大なアイデアを盗むことを恥じることはなかった」

By スティーブ・ジョブズ

あなたが、クリエイティブな仕事をしないといけない時、どんな風に仕事を進めていきますか?

P.S.

そっくりそのままパクるのと、盗んで自分のものにするのは全くの別物なのでご注意を。

shade

今回の記事はあなたにとって参考になったでしょうか?

もし役に立つことができたのなら嬉しいです。

この記事を読んだ感想・意見などがございましたら

下のコメント欄にて気軽にコメント下さい。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

P.P.S.

ここまで読んでくれたあなたに僕からプレゼントです!

僕「shade」が今一番スゴい!と思ってる書籍を紹介しています。

これからネットビジネスを始める方、

既に始めている方に読んでもらいたい書籍です。

無料でダウンロードして読めるので、ぜひ、読んでみてください(*^^*)

http://graspaf.net/l/c/pb9CnT3A/xqoDEncG/

 

P.P.P.S.

「人気ブログランキング」「ブログ村」「ブログサークル」に登録しています。

「面白かった!」「続きが気になる!」「興味が湧いた!」と思ったら、

下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

僕のモチベーションにも繋がるので(笑)

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

この記事が良かったらTwitterのフォロー・いいね・リツイートお願いします。

shadeTwitterアカウントはこちら(⬇)

shade
Twittershade@shade451046

\ SNSでシェアしよう!/

【この本がスゴい!】shadeが今一番オススメする書籍

お金・時間・場所
「ネットビジネス」こそ唯一
「本当の自由」を手に入れることができる
「自由な人生を手に入れる教科書」

おすすめテーマ『STORK(ストーク)』

究極のモバイルファースト
ブロガー専用テーマ
当ブログでも使っているオススメの
WordPressテーマ『STORK』

4 件のコメント

  • おはようございます。

    エジソンは、訴訟王だった!

    伝記に(小学生の頃の図書館で)には、発明王としか載ってませんでしたね。

    たしか、大人になって、電球を発明=エジソンとの認識を変える
    情報を、何かから得たと思います。
    本当は、電球を発明したのはエジソンじゃなくて・・・

    伝記も、再調査されて情報が正しい方に修正されているんだな。っと。

    モノ作りもそうですが、原型から、真似で作る。

    記事を拝見して思ったのは、

    この発想は、やっぱり、正しいやり方なのですね。

    勿論、おっしゃるとおり、「まるパクリ」はダメですけど。

    そこから、自分なりのオリジナリティを付加する考えは

    ゼロから作るより、早く、自分で考えたものより、数段良いモノ
    ができるはず。

    初心者は、ここから。
    ネットビジネス、ライティング、でも同じ考えでしたね。
    プロでも、ゼロから書かない。(でしたっけ)

    良い参考になるお手本や、いい師匠に巡り合えるか!

    なんですね。

    ありがとうございました。

  • こんにちは。
    ランキングから来ましたミラです。
    まずは真似てみることから始めるって大事ですね。
    そこから自分のオリジナリティーが見つかるといいですね。
    応援ぽちしました。

  • shadeさん、おはようございます。
    エジソンは初めは発明王だと思っていましたが電球と電話だけでも特許申請をめぐって裁判になっていた事は初めて知りました。記事を読ませてもらうと他の発明品でも揉め事を起こすほどコピーをした事実はあってももともとあったものをただコピーしただけではなく応用してさらに質が良い発明品に作り上げたのだろうと思います。ブログで情報公開する時、エジソンの発想を元にネットにもともとあった情報を自分の発想を吹き込んで別のものに作り上げて情報公開しようと思えばいくらでもできそうな気がします。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    ブログ運営者:shade アニメ・ゲーム・音楽・ビジネス書籍が好きな20歳。 自由な人生を手に入れるためにネットビジネス始めました。 PC1台でお金を稼ぐための知識・タメになる情報を発信しています。 あなたの考え・意見・感想をもっと”共感”してたくさん”共有”していきたいと思います。 記事を読んだあなたの意見・感想をお聞かせください。 たくさんのコメントお待ちしております(*^^*)