From:shade

これは、世界の美しさを識る為の物語 ——。

魔 法 使 い の 

The Ancient Magus’ Bride

魔法使いの嫁 #6「The Faerie Queene.」  はこちら(⬇)

【魔法使いの嫁】#6 「嫁の顔」夫婦感が漂ってきたね

2017.11.13

魔法使いの嫁 #7「Talk of the devil, and he is sure to appear.」 

たなびく漆黒の毛並み、 
燃えるように赤い目をしたその犬は、 
チセのことをイザベルと呼んだ。

教会からの最後の案件は、 
とある墓地に現れた黒妖犬(ブラック・ドッグ)の検分。 
だが、見定めるべき彼の助けで 
チセはからくも難を逃れる。

一方、レンフレッドの弟子アリスもまた、
黒妖犬(ブラック・ドッグ)を手に入れるべく動き出していた。

TVアニメ「魔法使いの嫁」公式サイト

補足説明:サブタイトルの意味

※「Talk of the devil, and he is sure to appear.」を和訳すると

「悪魔の話をすれば悪魔が現れる」または「噂をすれば影が差す」という意味になります。

 

Main:ストーリー・キャラクター・考察・感想

【魔法使いの】 #7「Talk of the devil, and he is sure to appear.」

最後までお楽しみください。

 

すべての「元凶」

カルタフィルス「僕はあの”澱み”を回収してこいって言ったよね?」

「おつかいも満足にできないの?」

出だしから元凶登場はさすがに萎えるよ・・・?やっぱり仕組んだのはお前だったか・・・

 

カルタフィルス「まぁいいや・・・思いがけずあいつの様子を見れたからね」

「君の弟子を材料にされたくなかったら次はうまくやっておいで」

すでにその笑顔がヤバすぎる・・・”材料”・・・こいつ本物のサイコパスやん・・・外道め・・・

 

アリス「先生!なんであんなイカれた奴の言う事を聞くんですか!?腕まで取られて・・・!」

レンフレッド「・・・お前は何も気にしなくていい、師匠は弟子を守るものだ…信頼してくれ」

アリス「でも・・・!」

レンフレッド「大丈夫だ・・・考えはある・・・」

やはりレンフレッドさんもあのクソ魔術師に弱みを握られているようですね・・・

弟子を守る師匠・・・かっけぇっす!

 

アリス「私はあんたの…守り手じゃなかったのかよ…」

 

「魔法使い」としての成長と「魔力制限の指輪」

 

一方その頃・・・チセは・・・

はい!可愛い!!チセの寝間着姿が可愛すぎる!以上!

そしてポニテのチセが可愛すぎる件について!・・・おっと、肩に何か乗ってるぞ・・・!?

 

チセ「マンドレイクの花弁が1枚」

マンドレイクwwwwwwwww可愛いなオイ!!(笑)何かもう色々可愛いぞ!

「ふらいんぐうぃっち」マンドレイクとは大違いじゃねーかwww

ちなみに・・・これがマンドレイク鳴き声です・・・

 

 なのにこのマンドレイク叫ばないだと・・・!?

 

チセ「お願い」

響け、響け、夜の守歌…

歌え、歌え、サンザシの子...

忍蹄をお前の茨が刺すように...

おぉ!!チセが魔法使いとして成長している!なんて成長速度だ・・・

これは元々の魔法使いとしてのセンスかな?上達するのがはやいね!

エリアス「チセ、坂の下のばあさん用の注文いつできそう?」

チセ「丁度、不眠用の枕はホップが1パイント、ラベンダーが5枚」

「こっちは悪夢を避けるまじないの水です」

エリアス「うん、教えた通りだね」

チセ「あ…」

エリアス「う~ん…魔力使いすぎて眠り薬になってる、もう少し調整頑張って」

チセ「はい…」

ひっくり返ったwww可愛いなオイwww綿虫は可愛い!!

てか、魔力使いすぎて眠り薬とは・・・何かに使えそうな気がする・・・

 

チセ「難しいな…」

私が彼の目的を知ったことでエリアスが私に本格的に魔法を教えることを決めたようだった

どんなものがどんなことに影響するのか、何を助けて何を遠ざけるか

奇妙な習わし、古くから伝わる事...薬にもなり、毒にもなるもの…

おぉ!?ウーパールーパー君じゃないか!!久しぶりだね!

チセは常に色んな生き物に囲まれているね。心の優しい人だからかな?

そして英語が読めている・・・すごいな(笑)

※ 嫁 絶 賛 魔 法 使 い に な る た め の 修 行 中 !

 

エリアス「チセ、ちょっと出かけるよ」

チセ「はーい」

チセ「ブラック・ドッグ?」

エリアス「うん、チャーチ・グリムとも呼ばれるけどね、教会と墓を守る優秀な番犬だよ」

「近くの教会に居ついたらしくて、僕らはそいつが無害かどうか確かめなきゃならないのさ」

チセ「害があるのもいるんですか?」

エリアス「何もしなきゃ大丈夫だよ、おおよそは」

チセ「おおよそ…」

エリアス「これで3つ目、最後のおつかいさ」

チセ「エリアスはどうしてその…教会?に色々と言われるんですか?」

確かに・・・何でも屋なのかな?でも、魔法使いの何でも屋ってなんだ?(笑)

 

エリアス「昔やらかしちゃったことがあってね…目をつけられてるんだ」

「相手するのも面倒だからあちらの厄介をたまに片付けて見逃してもらってるのさ」

エリアスのやんちゃ時代・・・どんなだったんだろうか・・・

エリアスは昔、一体何をやらかしたんだ・・・?

そういえばあの男の人がエリアスの事を違う名前で呼んでたけど…

「ピルム・ムーリアリス」…この人の事知らないことばかりだ…

「ピルム・ムーリアリス」とは・・・

「裂き喰らう城(ピルム・ムーリアリス)」とは、エリアスの異名の1つであり、

他にも「影の茨(ソーン)」「骨頭」「影の棘」「茨の魔法使い」「半端者」

などと呼ばれることもあります。

エリアスの正体ははっきりと明かされてはいませんが、

陰に潜む能力や茨の蔓を触手のように使う能力を持ち、

また本質的には破壊を得意とし、

断片的に「元は精霊」「影に属する存在」「肉の殻を持つ者(リャー・アナム)」

「人間になろうとした精霊」と語られています。

エリアス「そうだ、忘れてた…チセ、アンジェリカに頼んでたものが出来上がってね」

チセ「・・・指輪?」

うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!!!

これはもしや結婚指輪かな!?エリアスめ・・・大胆なプロポーズしよって・・・許さんぞ!

 

エリアス「”スレイ・ベガ”がなぜ短命なのか知ってるよね?」

チセ「魔力を作ったり吸い取ったりする力が強い割に体がすごく脆いんですよね」

エリアス「そう、そこで必要なのが”魔力の生産を抑える指輪”

エリアス「ただし指輪にも限度がある」

エリアス「心が昂れば体と同じように機能も活発になる」

「だからなるべく冷静でいること」

チセ「はい…」

魔力を制御できる指輪キタコレ!!いわゆるリミッターの役割りですか・・・なるほど

 

エリアス「大丈夫、君を買った責任者として僕もより良い方法を探すから」

チセ「ありがとうございます」

なんだこの新婚夫婦は!!けしからん!!(笑)

と、ここでチセがポケットの中に手紙があることに気づいた・・・

それは、アンジェリカからの手紙だった

「右の人差し指は導きの指」追伸、左の薬指はまだ早い!

チセにの赤面可愛い!!アングル良き!!心が揺れる・・・グッ!

あれから…エリアスはあの事にはほとんど触れないけど…

エリアス「本当は君に早く使い魔をあてがってあげたいんだけど」

チセ「使い魔?」

エリアス「主人の魔力を食べその手足として動くもの」

「便利だし裏切らない、いいサーヴァントになるよ」

チセ「アンジーさんのところにいた…」

 え?今なんて?サーヴァント!?めっちゃ聞いたことあるんですが・・・

マスターにでもなるんですかね・・・

 

エリアス「主人よりも主人に敏感になるから口の重たい君のサポートになるにはなんだよね~」

チセ「す…すみません」

エリアス「ほら着いたよ、あれが例の教会だ」

サーヴァント・・・教会・・・ときたらもうあれしかないじゃないですか!?

「 聖 杯 戦 争 」

 

教会と墓を守りし妖精「黒妖犬(ブラック・ドッグ)」

 

どうやら、教会の周りには何やら人だかりが・・・

何かあったのだろうか?とチセが近づこうとしたが、エリアスがチセの腕を掴んで止める。

なぜなら・・・

そこには、全身血まみれで死体となっている女性が倒れていたからだ。

 

エリアス「少し厄介なことになったかもしれないな・・・急いだほうがいいかもね」

「・・・僕はここの管理者と話を付けてくる…君は先に少し周囲を見て来てくれ」

「何かあったら僕に報せて…無茶しちゃ駄目だよ」

またチセ1人で行かせる気かエリアス(笑)攫われてもしらんぞ・・・?

もう何となパターンがわかってきてるからな・・・絶対これフラグやろ・・・

見るな・・・見るな・・・見るな・・・!

と自分自身に言って、その場から離れ、エリアスの言う通り周囲を見渡しに行った・・・

・・・って、何かおるやんけ!!「澱み」かな?めっちゃウネウネしてて気持ち悪いな・・・

ここ…よくないものが湧いてる…

 

と、次の瞬間・・・!

 

お前はどこから来たんだい?

ぎゃぁぁぁぁあぁぁぁっぁぁあぁぁぁぁぁぁぁぁあ!!!!!!!!!!!!!

こえええええええええええええええええええええええ!!!!!!!!!!!!

しかもめっちゃ気持ち悪い!!!!!!!!いつからそこにいたんだよ!!!!!

お前はどこから来たんだい?
これは…駄目な奴だ!

やべぇよ!やべぇよ!やべぇよ!もうこれ完全にホラーだよ!!

 

この手の問いかけに答えちゃいけない!

一言でも答えたら連れていかれる!

逃げなきゃ!

最近エリアスがずっと傍にいたから油断してた…

どこに行くの?どこに?どこから?どこへ?
どこへ?どこに?どこから?どこへー!!

こぇぇぇぇぇぇぇえぇぇぇぇぇぇえぇえぇぇえぇぇぇぇ!!!!!!!!!!!!!

お前完全に「カオナシ(千と千尋)」やんけ!!!!!

イザベル...

消えろ・・・!クズが・・・!

顔 面 粉 砕 !!

ルツーーーー!! ルツがやっと来ましたね!・・・てかルツ強くね!?

ッ!この人・・・”人”じゃない・・・!

あの・・・チセ、チセ、「この人、”人”じゃない」は矛盾してるよwww?

それに人間じゃなければ、妖精か何かなのでは?

 

ルツ「お前みたいに勘のいい奴は今ここは危ない、早く帰れ・・・」

チセ「あの・・・ありがとうござい・・・」

ルツ「ぐっ・・・!」

と、ルツは左腕を押さえて倒れてしまう・・・

この傷って…

チセ「エリアス…エリアスを呼ばなきゃ…それとも今持ってる薬で手当だけでも…」

ルツ「お前は…イザベルに似てるな…」

イザベル…イザベル…イザベル…

チセ「ブラック・・・ドック・・・!」

イザベル…イザベル…イザベル…

チセ「血が・・・!待って!いくら妖精の体でもそれだけ傷がついてたら危ないよ!」

ゔゔゔ・・・ゔゔゔ・・・ゔゔゔ・・・

ゔゔゔ・・・ゔゔゔ・・・ゔゔゔ・・・

膝枕!!ちゃっかり膝枕!!猫といい・・・犬といい・・・お前ら膝の上大好きかよ!!

噛み傷に…裂かれたみたいな跡…

やっぱりさっきの死体と似てる…あれはこの人がやったんじゃない

残念ながら犯人はルツではないですよ・・・

 

アリス「おい、その犬渡せ」

チセ「・・・ッ!あなたは…この間の…!」

アリス「私はてめぇをどうこうする気はねぇ…さっさとその犬を渡してくれりゃそれでいい」

「お前に損はねぇだろ?」

アリスちゃん、それナイフ向けながら言うセリフじゃないですよ・・・

 

チセ「この子は私を助けてくれたから…まっとうな理由がなかったらいやです」

チセ、随分逞しくなったね!

 

アリス「ッ!いいから渡せ!そいつを持って行かないと…ッ!」

アリス「て…めぇ…何しやがっ…」

アリスちゃん( ˘ω˘)スヤァ・・・チセさっきの催眠薬持ってたのか!

いいところで役に立ったね(笑)

 

チセ「失敗作だけど人間相手なら意外といい手かもこれ…」

もしやこれ、最強の防犯グッズなのでは・・・!?

「ルツ」の過去

イザベル「ユリシィ・・・ユリシィ・・・」

「おいで」

ルツ「どうしたイザベル?また赤毛とそしられたのか?夕暮れ色の綺麗な毛なのに…」

※元々ルツは、ただの黒い犬「ユリシィ」でした。

ちなみに・・・「ルツ」という名前「ヘブライ語」「哀れみ深い友」という意味です。

 

ルツ「俺は…お前の毛が何色だって愛しているのに…」

イザベル...

エリアスの「真の姿」

 

チセ「起きた?妖精避けを炊いてるからおかしいのは寄らないよ」

お香・・・!チセがどんどん成長している!

アリスにもしっかり服をかけてあげてる!そも心優しい気遣い・・・泣ける

てか、どうやって林の中まで運んだのかな?チセって確か15歳だよね・・・?

 

ルツ「ここは?」

チセ「近くの林の中だよ、傷は大丈夫?一応薬は塗ったけど…」

触り方がもう犬・・・確かに今は犬の姿だけど・・・

 

ルツ「お前は妹に似ている」

チセ「妹?」

ルツ「イザベルだ…夕暮れ色の髪で春の若い葉に似た目で背もお前くらいだった」

妹だったのか・・・

 

チセ「もしはぐれたりしてるならここは危ないみたいだし探しに…」

ルツ「必要ない…あいつは土の下で寝てる」

つまり・・・死んだってことか・・・

 

チセ「なんだか変わった犬だね…」

ルツ「犬?イザベルも俺も人間だ」

犬モード ➪ 人モードに変身可能

 

ルツ「あいつが生まれた時からずっと見てきた」

ユリシィ・・・

「ずっと…ずっと…あの声で呼んでもらえると思ってたんだ…」

チセ「・・・前にあなたと似た人と会ったことがあるよ」

「猫の国」・・・ミナとマシューですね・・・

 

ルツ「そいつは好きな者の傍にいられたのか?」

チセ「そうと言えばそうだし…違うと言えば違うかな…」

ルツ「何だそれ?」

チセ「・・・その傷どうしたの?」

ルツ「わからない・・・」

と、ここでアリスが目を覚ます・・・

 

チセ「大丈夫ですか?薬の効き目が短くてよかった…」

アリス「てめぇどういうつもり…!」

チセ「アリスさん…でしたっけ?ちょっと怖かったんで縛らせてもらいました」

賢明な判断をしたチセだった・・・!逞しくなったな!

しかも縛った理由が、「ちょっと怖かったんで」とはwww

 

アリス「…何も…しねぇのか?」

チセ「私はあなたに何かする理由はないので」

なんだこの間はwwwなんつー状況だよこれwww

 

チセ「えと…じゃあ質問で…なんでこの子が欲しいんですか?」

「理由次第ならあなたを自由にできるかもしれませんよ」

「この子」とは?理由次第で他に何するのかな?(笑)

 

アリス「・・・キメラの素材にするためだ」

チセ「素材?」

アリス「キメラって知ってるか?」

「魔術で動物と動物を掛け合わせて作った別の生き物だ」

あーなるほど・・・よく出てくるよねキメラ・・・

って完全にハガレンじゃないのかそれ!?禁忌では!?

 

「それの素材集めを手伝えとか言って妙なガキが来やがったんだ…!」

妙なガキ?いやそれ魔術師ですよ・・・しかも最低最悪の魔術師

 

アリス「先生は断った、でもどうにもできなくて…私はどうなってもいいけど…」

チセ「あの人の事が好きなんだね」

アリス「おうよ!」

食い気味の「おうよ!」いただきました!恋するアリスちゃん・・・グッ!

 

アリス「生まれてから何もいいことなんてなかったけどよ…」

「ちっとは才能ってもんがあったおかげで私は先生に拾われた…」

「てめぇもそうだろ?」

チセ「えっ・・・」

アリス「あたしは頭は悪いけど…先生のためだったら何でもやろうって思える」

「何でも」発言はヤバい(笑)

しかし・・・チセと境遇そっくりだな・・・アリスの師への想い・・・

 

私は…あの人のことどう思ってるんだろう

裏があるとはいえ優しいし大事な人ではあるよね?

なんていったって放り出されたら生きていけないし…

アリス「って!んなこたぁどうでもいいんだよ!これが理由だ!さっさとこれ解きやがれ!」

チセ「えぇ…」

エリアス「ふぅ〜ん・・・事情は大体わかった」

アリス「げ!てめぇ黙ってやがったな!」

エリアス「ごめん…」

お前いたのかwwwwwwwwwww

しかも今チセのパンツの中から出てきたよね!?

ねぇ!?今パンツの中からご登場したよねコイツ!?

ねぇ!?今パン・・・ほう・・・紳士の振りして変態だったのか貴様・・・(笑)

 

エリアス「レンフレッドは近くにいるのか?」

アリス「私が一人で出てきただけだ!」

「先生は…おい魔法使い、あんた達何でここにいる?」

エリアス「そこにいるそれの見分だよ」

ルツ「魔法使いが?俺を?なぜ?」

ブラック・ドッグとして目覚めたのは最近か…

エリアス「まぁそれは大丈夫だろう」

ルツ「それ…?」

チセ「ごめん…」

「それ」やら「その子」やら色々言われてるなルツ(笑)

 

エリアス「それで?」

アリス「さっきも言った通り私達はおかしいガキに脅されている」

「先生の腕もそいつに取られた…」

エリアス「通りで…」

アリス「頼む!あいつをどうにかしてほしいんだ!」

エリアス「僕らにメリットは?」

アリス「あいつはてめぇでもキメラをうろつかせてやがる」

「あの表の死体もその犬をやったのもあいつのキメラだ」

「犬に関わるんならてめぇの子猫も危ないぞ」

子猫ではなく、どちらかと言うと「仔犬(パピー)」だね

理由が弱いか…?

エリアス「まぁ構わないけど」

アリス「え?」

拍子抜けwwwww突然のギャグ展開wwwww

 

エリアス「なんだよその間の抜けた声は」

アリス「え…いや…そんな簡単にOK出されるとは思ってなくてよ…」

エリアス「放っておいて教会あたりにがらられるのも好きではないから」

確かに・・・いつチセに火の粉が降りかかって来るのかわからないからね・・・

 

エリアス「それであいつっていうのはどんな奴なんだ?」

アリス「よくわからねぇんだ…外見はガキなんだけどよ」

「色々なものが重なって見える、ブレるっていうか…」

と、ここでルツが何かに反応する・・・

 

ルツ「ッ!」

チセ「どうしたの?」

チセ「ッ!」

アリス「うわっ!」

アリス「なんだよてめぇ…!」

うあああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!

チセがぁぁぁぁあぁぁぁぁあぁぁあぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!!!!

 

急 展 開 !!

 

カルタフィルス「レンフレッドの子犬は躾がなってないなぁー」

「みーんな喋っちゃうなんて…」

アリス「てめぇ…!」

カルタフィルス「あれ?間違えちゃったか」

エリアス「でも別にいいよね?どうせただのモルモットなんでしょその子?」

いつも警備ガバガバやな(笑)エリアス自分の嫁なんだからしっかりガード固めて守っておけ!

 

だってお前が人間に執着するわけないもの...

そうでしょ?ピルム・ムーリアリス

やべぇヤツ来たな・・・すべての元凶・・・しかも後ろにいるカマキリ何ぞ?

これはさすがに・・・エリアスはブチ切れるだろ・・・

おとぎ話の「魔法使い」だ...と先生は言った

時に手を差し伸べ、時に牙を剥く

人間のふりをしたなりそこないだと…

違う…!

こいつはそんな半端なものじゃない!

これは…人間にはなれないものだ!

ブチ切れ・・・ガチでヤバい・・・リミッター解除で第二形態となったエリアス・・・

これがエリアスの”真の姿”か・・・

ヤベェよ・・・もう完全に化物じゃねーか・・・

「魔法使い」「魔」の文字もない・・・跡形も残っていない・・・

その姿は・・・もはや「悪魔」そのものだ・・・

チセェェェェェェェェェェ!!!!!!!!!!

 

次回予告

魔 法 使 い の 

The Ancient Magus’ Bride 

異形と化した魔法使い

怒りに我を忘れ隠されていた獣の本性は牙を剥く

その時、傷ついた少女が出した答えとは・・・

真の姿となり、異形と化した魔法使い「エリアス」(エリアスビーストモード)

 

チセ「エリアス・・・お手!」

 

To be continued!!

 

感想

【魔法使いの】#7いかがだったでしょうか?

・・・って最後!!チセが死んだぞ!?いや、生きてるぞ!!

でも、チセがスレイ・ベガじゃなかったら死んでいたんじゃないのかな・・・?

さすがのエリアスでもブチ切れますよね・・・自分の嫁を殺されかけてるんですからね・・・

でも、エリアスもエリアスでそろそろ学習してほしいですけどね(笑)

毎回チセを1人にしてどこかへ行ってしまうんですからね(笑)

にしても、あの魔術師ホント最低最悪ですね・・・あの笑顔・・・アイツの顔思いっきりぶん殴りたい・・・

そして今回は何と言っても、ルツが本格的に登場してきましたね。イザベルの件については少し悲しく辛い過去ですが・・・よく考えたら、皆悲しく辛い過去しかないですね。。。

そういえば、エリアスが本気で戦うところは初めてなんじゃないでしょうか?

真の姿となったエリアスの本気の力はとんでもないと思いますが、それ以前にカルタフィルスが色々ヤバすぎる・・・アイツはヤバい・・・絶対に強いぞ・・・

なんせレンフレッドから左腕を奪った張本人ですからね・・・

レンフレッドとアリスはカルタフィルスから脅迫されて協力せざるを得ない状況下に置かれてしまっていたわけですね・・・許せねぇ・・・

瀕死状態のチセにエリアスの怒りはカルタフィルスに向けて襲いかかる・・・

カルタフィルスの実力とエリアスの本気の力とは!?

果たして重症を負ったチセの運命は・・・!?

さて・・・次回の【魔法使いの】#8ではどのような展開が2人を待ち受けているのでしょうか!

次回もとても楽しみです!では、今回はこれにて、また次回お会いしましょう!


 

shade

最後までお読み頂きありがとうございます。
「人気ブログランキング」「ブログ村」「ブログサークル」
に登録しておりますので面白かった・続きが気になる
と思ったら、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。
当ブログの管理者「shade」のモチベーションに繋がります。

アニメランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

この記事が良かったらTwitterのフォロー・いいね・リツイートお願いします。

shadeTwitterアカウントはこちら(⬇)

shade
Twittershade@shade451046
 

アニメ【魔法使いの嫁】紹介ページはこちら(⬇)

アニメ【魔法使いの嫁】これは「人間ならざる異形の魔法使い」と「夜の愛し仔である少女」の物語

2017.10.08
魔法使いの嫁 #8「Let sleeping dogs lie.」 

【魔法使いの嫁】#8「新しい家族」覚醒したチセは世界を変える存在!?

2017.11.27

特装版 魔法使いの嫁 9 (BLADE COMICS SP)

本編とは一味違う、かわいらしい【魔法使いの】の世界

アニメと同時にTwitterで限定公開されている30秒アニメ《まほよめ》

全24話収録+ここでしか見られない撮り下ろし映像付きでなんと特装版に!

本編とはまた違った、ほのぼのとしたかわいい《まほよめ》の世界を楽しもう!

 

【魔法使いの】 第1巻【完全限定生産】(Blu-ray)

アニメ【魔法使いの】第1巻【完全限定生産】(Blu-ray)がついに発売決定!!

発売予定日は2017年11月29日(水)

ただいまAmazonにて予約受付中!!

 

原作コミック単行本累計450万部を超える大ヒットとなった正道ファンタジー

【魔法使いの「豪華特典」

  • 完全限定生産のセル特典として、原作者ヤマザキコレ描き下ろしコミック(全4巻)を封入!
  • 完全限定生産となる本商品には、原作者ヤマザキコレが本商品の為だけに描き下ろしたオリジナルストーリーによるコミックの各巻封入が決定! 30P(予定)の大ボリューム
  • アウターBOXケースもヤマザキコレ描き下ろしイラスト仕様
  • 各アウターBOXケースも原作者ヤマザキコレによる描き下ろし画を使用
  • 更に全巻そろえると一枚の画として完成!まるで絵巻物のようなイラストも必見!
 
この機会を逃してはいけない・・・
 
さぁ、今すぐ予約だ!
 
 
 
 
 
【Amazon.co.jp限定】
 
【魔法使いの】 第1巻【完全数量限定生産】
 
(全巻購入特典:「オリジナルドラマCD」引換シリアルコード付き) (Blu-ray)
 

\ SNSでシェアしよう!/

【この本がスゴい!】shadeが今一番オススメする書籍

お金・時間・場所
「ネットビジネス」こそ唯一
「本当の自由」を手に入れることができる
「自由な人生を手に入れる教科書」

おすすめテーマ『STORK(ストーク)』

究極のモバイルファースト
ブロガー専用テーマ
当ブログでも使っているオススメの
WordPressテーマ『STORK』

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

ブログ運営者:shade アニメ・ゲーム・音楽・ビジネス書籍が好きな20歳。 自由な人生を手に入れるためにネットビジネス始めました。 PC1台でお金を稼ぐための知識・タメになる情報を発信しています。 あなたの考え・意見・感想をもっと”共感”してたくさん”共有”していきたいと思います。 記事を読んだあなたの意見・感想をお聞かせください。 たくさんのコメントお待ちしております(*^^*)