From:shade

これは、世界の美しさを識る為の物語 ——。

魔 法 使 い の 

The Ancient Magus’ Bride

魔法使いの嫁 #4「Everything must have a beginning.」  はこちら(⬇)

【魔法使いの嫁】#4 魔法使いと「猫の国」スレイ・ベガの末路

2017.10.30

魔法使いの嫁 #5「Love conquers all.」 

魔法使いに騙された、哀れな少女。
魔術師レンフレッドにはそう見えていた。

だがチセは、エリアスの真意がどうあれ、彼から離れるつもりはなかった。

なぜならエリアスは、初めて自分を必要としてくれた存在だから。

チセは澱みの中に歩みを進め、惨禍の真相を知る。
そして悲劇の裏側には、ひとりの少年の姿が──。

TVアニメ「魔法使いの嫁」公式サイト

補足説明:サブタイトルの意味

※「Love conquers all.」を和訳すると

「愛はすべてに打ち勝つ」という意味になります。

 

Main:ストーリー・キャラクター・考察・感想

【魔法使いの】 #5「Love conquers all.」

最後までお楽しみください。

 

元凶は「彷徨える魔術師」

死ぬ…?私が?

アリス「スレイ・ベガは尽きることなく魔力を生み出す宝石だ…けどその体はとても脆い」

「生きているだけで際限なく魔力の吸収と生産を繰り返し…やがて体が負荷に耐えられなくなる」

レンフレッド「良く理解している、アリス」

アリス「いえ…」

スレイ・ベガの生命は短い・・・短命なんですね・・・寿命が早いということです

 

レンフレッド「危険な状態にある君をあいつは自分の興味本位で何の処置もせず生かしている」

あの眩暈・・・

レンフレッド「チセ君、あいつに”情”などないんだよ・・・」

「人間気取りのまがい物に人間らしい好意を期待してはいけない」

レンフレッドさん、今あなたがやってることも大概なものですけどね・・・

 

レンフレッド「金で買われそんなもので縛られて…追跡の術がかけてあるな…辛かっただろう」

お、意外にいい人なのかな?「魔術師」は嫌われてるけど、この人は魔術師の中でも良い方?

まぁ・・・そのリングにかけられていた追跡の術、役に立ったんですけどね・・・

 

レンフレッド「私たちが君を自由にしてあげよう」

エアリエルがぁぁぁぁぁ!!!!!痛い・・・!!!!!

 

と、その時・・・!

 

チセ強い!!!!!しかし、無茶してるな・・・

 

チセ「エアリエル!」

アリス「先生!」

「ここは我々の縄張りだ、魔術師風情がしゃしゃり出ないでもらおう!」

チセ「大丈夫エアリエル!?」

エアリエル「ええ…鉄から離れれば何ともないわ…」

ぐるぐる目が可愛いwいいキャラしてるなエアリエル(笑)

 

レンフレッド「なぜだ?君は解放されたくないのか?」

レンフレッドさんいい人そうだけど・・・まずはチセに信用されるようにならないとね・・・

 

チセ「何から?エリアスからだとしたらあなたは多分理解しない」

たとえ嘘でも私を家族と言ったのはエリアスだけ

あなたの言ったことが嘘でも本当でもどっちでもいい

あの人は誰よりも先に私を買った

だから...エリアスが私の手を離すまでは

私は”あの人の物”です

チセかっこいい!!しかもそのセリフCMで何度か聞いたセリフじゃないか!?

 

おお!!茨の魔法発動!!植物を自由自在に操ることができるのかな・・・?

 

忘れたのか?

僕は ”影” 茨の影に潜む者

お前達が ピルム・ムーリアリス(裂き喰らう城)と呼ぶ者

おお・・・綺麗だね・・・!てかエリアスちと来るの遅くない・・・?

 

エリアス「大丈夫?チセ」

チセ「はい…」

エリアス「傷、見せて」

チセ「傷?」

エリアス「無茶するなぁ・・・人間は傷付いたらすぐ死んじゃうからね」

ちょ!?おまっ!?舌あったんかい!!!!!

え?骸骨なのに舌あるの!?

ペロリストだったのか・・・prprしやがって・・・いやらしいぞエリアス!!

 

エアリエル「来んのが遅い!影なのに影が薄い!」

エリアス「チセがいたんだ、仕方ないだろ」

ここで久しぶりのSD!このデフォ癒やされますな〜(*´ω`*)

そしてチセの顔が赤い・・・かわええなチセ(*^^*)

 

エリアス「縛りが解けそうだ・・・チセ、ここは大丈夫だからこいつと浄化をお願い」

 禍々しい・・・あれ?某アニメでこんなシーン見たような・・・

 

モリィ「私も行きましょう」

ジャスパー・バーニー「王!?」

エアリエル「心配しなくても大丈夫よ?私とチセがやるんだから」

モリィ「この澱みが消えて失せるならその様を見届けるのが最後の王の務め…そうでしょう?」

モリィ死んじゃうんですか・・・それはあまりにも悲しいすぎる・・・!

 

チセが「澱み」に触れた瞬間・・・!

 

エアリエル「チセ!チセ!大丈夫?」

チセ「ここは…」

モリィ「遥か昔のタバン、食事処ですわね」

お?「異世界食堂」の「ねこ屋」か!?

 

チセ「ッ!透けてる…」

エアリエル「ここは淀みの記憶の中みたいね」

なるほど、記憶の中か・・・いや違うそうじゃない!

チセがスケスケやないか!!色々とマズイような・・・

 

チセ「あの人…」

マシュー「なぁ…”流しの魔術師”ってあんたか?」

カルタフィルス「ああ、そうだよ…こんなチビでびっくりしたかい?」

「何か相談でも?」

マシュー「わかるのか?」

カルタフィルス「旅をしていると、あちらこちらで頼られるからね」

「畑が不足?惚れてる娘に振り向いてもらいたい?」

だいたい魔術師に話しかけるやつなんて何か事情や相談があるやつだけだろうね・・・

 

マシュー「いや、うちの奴が生まれつき体が弱くて…」

「どうにもすぐ寝込むんだ…何とか元気になってもらいたいんだがいい薬とか…何かないだろうか?」

カルタフィルス「ふーん・・・奥方をとても好いてるんだね」

マシュー「勿論だ!!」

カルタフィルス「即答かい、恥ずかしい男だね君」

即答、いやかっこいいと思うよ!旦那としては最高じゃないか!

 

カルタフィルス「奥方を直接見せてもらっても?」

マシュー「ああ!頼む!すぐ来てくれ!」

アカン・・・これ絶対にアカンやつや・・・コイツやべぇよ・・・マジでやべぇやつだよ・・・

 

あれは・・・嫌な奴だ

「不穏な笑み=ヤバいやつ」だからね・・・さすがチセ、気づいてるね

 

カルタフィルス「ふーん・・・ありがとう、もう休みな…ご主人とお話してくるよ」

ミナ「はい、ありがとうございます」

マシュー「で…どうなんだ?」

ミナ「ティム?ティム!…どうしたのティム?」

めっちゃ警戒してる・・・さすが猫、鋭いね

 

カルタフィルス「おそらく、あれ以上に良くなることはないだろうね…」

「もって後数年だろう…生まれつきだ、しょうがないな」

突然の余命宣告とはこのことか・・・

 

マシュー「そんな…ミ、ミナは昔から外で遊べもせず根は働き者なのに

体のせいでままならない可哀想な奴なんだ!」

「俺にできる事なら何でもやるからお願いだ!このまま死ぬなんて可哀想すぎる…!」

その頼み方はアカン・・・「何でも」って言っちゃたらマジでヤバいぞ・・・だって「何でも」だからね

 

カルタフィルス「ふーん…奥方、猫は好きかい?」

おぉ・・・悪魔の囁きじゃねーか・・・その笑顔が怖い・・・

 

マシュー「ッ…猫…?あ…ああ…」

カルタフィルス「そうか~なら丁度いいかも…」

「知ってるかい?猫には9つの命があるんだ」

その言葉がトリガーだったのか・・・やべぇよ・・・マジでやべぇやつだよコイツ・・・

 

「霊薬」の材料

 

「また鼠か!」

「最近鼠が多くないかい?」

「猫たちが仕事をサボってるのかねぇ」

鼠が多いのは猫が・・・(察し)

 

「ミナ!起きてて大丈夫なのかい?」

ミナ「ええ!今日は天気もいいから」

「ねぇマシューを見なかった?ご飯を届けに行ったんだけど畑にいなかったの」

「どっかの誰かと~逢引きしてたりして〜」

ミナ「え・・・」

「馬鹿な事をお言いでないよ!マシューがミナ一筋なのは全員が知ってるだろ!」

「さっき森に入って行ったよ」

ミナ「森?」

マシュー!マシュー!

oh…..嫌な予感しかしないんだけど・・・

エアリエル「チセ大丈夫?顔色すっごい悪いわよ」

チセ「すごく…嫌な予感がする」

俺もそう思うよ・・・もう嫌な予感しかしないよね・・・

 

ミナ「小屋…?こんな所に小屋なんてあったかしら?」

「Z」・・・?なんで「Z」マーク?

 

いけない!

ミナ「マシューったら何してるのかしら?」

入っちゃダメえぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!

 

いけない!

いけない...!中を…見ちゃ!

ミナ「マシュー?」

え?

あああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!

グロォォォォォッ!!!!!動物虐待しとる!!!!!キャットキラーかよ・・・

 

ミナ

お前何わろてんねん!!目が完全にイッちゃってるやんけ!!

もうこれ完全にホラーやん・・・衝撃映像やん・・・

 

マシュー「ああ、今日は具合がいいんだな」

「丁度よかった、今完成した所だったんだよ…君の為の薬が」

おぉ・・・何言ってんだコイツ・・・

 

ミナ「薬…?マシュー…何を…何を言ってるの…?」

マシュー「この間、魔術師に診てもらっただろ?」

「この”霊薬”を作って君に飲ませれば元気になるって教えてもらったんだ」

おぉ・・・とんでもねぇ鬼畜野郎だ・・・

「霊薬=猫の生き血」だとしたらヤバいぜコイツ・・・そんなの飲ませたら・・・

 

ミナ「ね…猫は…?この猫たちは…」 

マシュー「あぁ…”材料”だよ、猫には9つの命があるって言うけどあれは本当なんだって」

「だから猫達の命を集めて薬を作れるって」

「ズルいよなぁ、こんな獣がたくさんの命を持ってるなんて」

ミナ「マシュー!ねぇマシューどうしたの!?」

「なんでこんな酷い事できたの!?あなたこんなことできる人じゃないでしょう!!」

マシュー「できるよ」

だって君の為だから

その笑顔はやべぇ・・・とんでもねぇ笑顔だわ「愛」が深い・・・

 

ミナ「マシュー・・・!」

体が…動かない…!

カルタフィルス「大丈夫だよ、怖がらなくて…それを飲めば君は不自由な体から自由になれる」

「それどころか永遠の命さえ手に入るかも」

出やがったな全ての元凶・・・自由になれるとは・・・?

 

ミナ「あなた…マシューに何を!」

カルタフィルス「んー?ちょっと信用してもらっただけだよ」

大丈夫、素晴らしい薬だよ

だから・・・僕の為に”鼠”になってよ

いやぁぁぁぁぁぁあぁぁぁあっぁあぁぁぁぁぁっぁあ!!!!!!!!!!!!!

(ごくっ)

マシュー「ミナ…大丈夫だよ、苦しいのは最初だけだって…」

おい!誤解を生むような言い方すんじゃねーよ!

 

マシュー「我慢するんだミナ、これで元気な体が手に入るんだろ」

マシュー「僕がついてる、だから…」

ミナ「マ…シュー…」

ぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁあぁぁぁぁぁぁぁぁあぁぁあぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!!!!!!

 

カルタフィルス「あーあ失敗かー、形が崩壊しちゃった」

「やっぱり獣は獣でしかないのかなー、人間より加工は楽でも本能が強い分呪いも強いや」

かっるぅ!!!!!お前軽いなー!!これじゃあ死んだほうがマシだったじゃねーか!!

 

カルタフィルス「魂の凝縮方法の見直しからかな…貴重な実験結果をありがとうお兄さん」

おぉ・・・ひでぇバッドエンドじゃねーか・・・最悪すぎるだろこの終わり方・・・

コイツとんだゲス野郎だな・・・魔術師が嫌われている理由はこれか・・・

 

マシュー「え…何で…何で…ミナ…ミナ…ミナ…」

「どうしてミナ…」

つまり・・・実験に利用されたってことですか・・・

「研究材料」として扱われたと・・・実験のモルモットってことですか・・・

でもこれ騙すやつも悪いけど騙される方も悪い・・・噛み切れない・・・飲み込めない事実ですね

 

カルタフィルス「ありゃ?壊れちゃった、”愛”ってすごいねお姉さん」

コイツ一番やべぇやつじゃねーか・・・人間の姿をした化物じゃねーか・・・

 

どうして…どうして…どうして…どうしてぇぇぇぇぇー!!!!!

・・・そうだ・・・まだ足りないんだ・・・

まだまだ・・・もっと沢山沢山沢山・・・

もっと集めないと・・・集めないと・・・もっと・・・

(アカン)こいつサイコじゃねーか・・・シリアルキラーかな・・・

 

マシュー「あぁ・・・ティム」

「丁度いい所に…お前の大好きなミナが大変なんだよ…だから…」

猫の逆襲!!!!!ティム強い!!!!!!

 

ティム「あんたはもう人間じゃない、あんたは悪魔だ」

「悪魔に騙されて可哀想な悪魔になっちまった」

シャベッタアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!!!!!!

しかもめっちゃイケボやんけ!!!!!!!!!!

ティム・・・お前だったんか・・・「初代猫の王」というのは・・・

 

ティム「あんたを生かしておくわけにはいかない、安らかに死なせるわけにもいかない」

「こいつらに選ばれた王として、死んだ奴等の為にもだ」

ミナ・・・ミナ・・・ミナ・・・

ミナはどこだろう・・・君がいないと寂しいんだ・・・ミナ・・・ミナ・・・

悲劇・・・救われない過去の話・・・あの魔術師だけは許せない・・・!

 

親愛なる人

チセ・・・泣いてる・・・

 

ミナ「嫌なものを見せてしまったわね…本当はただ私たちを消してもらうだけの筈だったのに」

「あなたは見る力が強いのね…ごめんなさい」

チセ「・・・消すってどういうことですか」

ミナ「言葉通りよ…無いものにするの」

「生き物の魂はみんな巡る輪の中に還っていくものなの」

「 円 環 の 理 」

「輪廻転生」ってやつですか・・・

 

ミナ「でも私もマシューもそこへの還り方を忘れてしまったから…猫たちも…」

チセ「猫たち…」

ミナ「殺されて呪いを抱いた猫の魂…みんな忘れてしまったの…還り方を」

「だから…あなたに私たちを消してほしいの」

 チセ「駄目です!あなた達はただ騙されただけで…消してしまうようなものじゃない!」

ミナ「駄目よ…駄目なの…今を逃せばもっと苦しい終わりのない闇が待ってる」

「だから今あなたにしかできないの」

モリィ「では私が先導しましょう…」

チセ「王様・・・!」

モリィ「私の命はもう9つ目…じきに還る身の上…」

「私ならばあなた達を行くべき場所へ先導できるのでは?」

チセ「駄目!モリィ!あの子が悲しむ!」

モリィ「死はいつも突然です…平等に、遅かれ早かれ訪れるのです」

「先の王も、その前も皆淀みを抑えるために魂を贄にしてきました」

「それを思うなら案内役など容易いものですわ」

「私にはあの子との思い出がある・・・それだけで十分ですわ」

どうすれば…

チセ「ッ!待って!」

ポピー!チセ何か思いついたね!流れが変わってきた・・・

 

チセ「エアリエル!君なら…君の力なら…花の種を遠くへ運ぶ風なら」

エアリエル「…そうね、種は土へ、花は種へ、それが土と風の盟約」

「還るべき者たちは還るべき所へ」

「人間ってお馬鹿で賢くて面白いわね、だから私たちはあなた達から離れられないの」

おお!!突然の神作画!!!!!

 

チセ「消したりなんかしない…大丈夫、運んでくれる…だからあなたも想像して」

「タンポポが…風に種を乗せるみたいに…」

「そこで芽を出して根付くように…」

「行くべき所へ行く風が吹くように…」

あぁ・・・浄化されていく・・・エアリエルが運んできてくれた風で・・・

呪いも、魂も、すべて浄化されていきますね・・・

美しい情景、澄んだ「蒼」の景色、「ネモフィラ」の花・・・

ミナ「マシュー・・・!」 

マシュー「・・・ミナ!」

マシュー「ああ・・・ミナ、どこにいたんだい?」

ミナ「マシュー・・・行きましょうマシュー・・・」

ありがとうチセ、小さな魔法使いさん

できればあなたも、まだこちらへ来ないよう祈ってるわ

私はいらない子供だった…誰にも欲しがられないで放り出されて転がり続けてやっと…

止まり木を見つけたかもしれないのに…

私はいつ死ぬんだろう…

悲しい物語の向こう側に救いの手はありましたね・・・

しかし、その出来事により「死」を考え始めたチセはこの先どうなっていくのでしょうか・・・

次回予告

魔 法 使 い の 

The Ancient Magus’ Bride 

”魂の導き” 

・・・しかし、その代償は大きかった・・・

眠りの淵に落ちた「少女」と、彼女を見守る「魔法使い」

2人の前に現れたのは・・・

To be continued!!

感想

【魔法使いの】#5いかがだったでしょうか?

いやー・・・今回は感動回でしたね・・・泣けました!

あの2人の裏に潜んでいた真の黒幕・・・あの「魔術師」だけは許せないですね・・・

しかし、あの魔術師の情報は全くわからない状態なのでどうしようもないですね・・・

猫の国で起こった悲しい「愛」の物語・・・しかし、チセのおかげで救われていった2人

チセはやはりすごいですね!でも問題はスレイ・ベガの寿命ですね・・・

エリアスはどうやってチセを救うのでしょうか?

そのあたりも今後の話数にあわせて展開に注目していきたいと思います!

次回予告では、何やらまた新キャラが登場するようで、、、あとチセの服装が可愛いですね(*^^*)

 

さて・・・次回の【魔法使いの】#6ではどのような展開が待っているのでしょうか!

次回もとても楽しみです!ではでは、今回はこれにて!また次回お会いしましょう!


 

shade

最後までお読み頂きありがとうございます。
「人気ブログランキング」「ブログ村」「ブログサークル」
に登録しておりますので面白かった・続きが気になる
と思ったら、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。
当ブログの管理者「shade」のモチベーションに繋がります。

アニメランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

この記事が良かったらTwitterのフォロー・いいね・リツイートお願いします。

shadeTwitterアカウントはこちら(⬇)

shade
Twittershade@shade451046
 

アニメ【魔法使いの嫁】紹介ページはこちら(⬇)

アニメ【魔法使いの嫁】これは「人間ならざる異形の魔法使い」と「夜の愛し仔である少女」の物語

2017.10.08
魔法使いの嫁 #6「The Faerie Queene.」 はこちら(⬇)

【魔法使いの嫁】#6 「嫁の顔」夫婦感が漂ってきたね

2017.11.13

特装版 魔法使いの嫁 9 (BLADE COMICS SP)

本編とは一味違う、かわいらしい【魔法使いの】の世界

アニメと同時にTwitterで限定公開されている30秒アニメ《まほよめ》

全24話収録+ここでしか見られない撮り下ろし映像付きでなんと特装版に!

本編とはまた違った、ほのぼのとしたかわいい《まほよめ》の世界を楽しもう!

 

【魔法使いの】 第1巻【完全限定生産】(Blu-ray)

アニメ【魔法使いの】第1巻【完全限定生産】(Blu-ray)がついに発売決定!!

発売予定日は2017年11月29日(水)

ただいまAmazonにて予約受付中!!

 

原作コミック単行本累計450万部を超える大ヒットとなった正道ファンタジー

【魔法使いの「豪華特典」

  • 完全限定生産のセル特典として、原作者ヤマザキコレ描き下ろしコミック(全4巻)を封入!
  • 完全限定生産となる本商品には、原作者ヤマザキコレが本商品の為だけに描き下ろしたオリジナルストーリーによるコミックの各巻封入が決定! 30P(予定)の大ボリューム
  • アウターBOXケースもヤマザキコレ描き下ろしイラスト仕様
  • 各アウターBOXケースも原作者ヤマザキコレによる描き下ろし画を使用
  • 更に全巻そろえると一枚の画として完成!まるで絵巻物のようなイラストも必見!
 
この機会を逃してはいけない・・・
 
さぁ、今すぐ予約だ!
 
 
 
 
 
【Amazon.co.jp限定】
 
【魔法使いの】 第1巻【完全数量限定生産】
 
(全巻購入特典:「オリジナルドラマCD」引換シリアルコード付き) (Blu-ray)
 

\ SNSでシェアしよう!/

【この本がスゴい!】shadeが今一番オススメする書籍

お金・時間・場所
「ネットビジネス」こそ唯一
「本当の自由」を手に入れることができる
「自由な人生を手に入れる教科書」

おすすめテーマ『STORK(ストーク)』

究極のモバイルファースト
ブロガー専用テーマ
当ブログでも使っているオススメの
WordPressテーマ『STORK』

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

ブログ運営者:shade アニメ・ゲーム・音楽・ビジネス書籍が好きな20歳。 自由な人生を手に入れるためにネットビジネス始めました。 PC1台でお金を稼ぐための知識・タメになる情報を発信しています。 あなたの考え・意見・感想をもっと”共感”してたくさん”共有”していきたいと思います。 記事を読んだあなたの意見・感想をお聞かせください。 たくさんのコメントお待ちしております(*^^*)