From:shade

ついに完結 ——。

魔 法 使 い の 

The Ancient Magus’ Bride

魔法使いの嫁 #18「Forgive and forget.」 はこちら(⬇)

【魔法使いの嫁】#18「母と子」もう完全に立場が逆転した夫婦

2018.02.12

魔法使いの嫁 #19「Any port in a storm.」 

それは夢の中の出来事。
しかしチセは確かに彼と会い、言葉を交わした。
チセたちがカルタフィルスと呼ぶ魔術師と。
そして彼の中で彼と共に在る、何者かとも。

竜の国から連れ去られた雛たちを取り戻すべく、
学院の魔術師たちと競売場に向かったチセとエリアス。
希少な竜の雛を欲する者たちの熱狂が
最高潮に達したその時、
人間は自らの愚かさを知ることとなる。

TVアニメ「魔法使いの嫁」公式サイト

補足説明:サブタイトルの意味

※「Any port in a storm.」を和訳すると「急場凌ぎ」という意味になります。

 

Main:ストーリー・キャラクター・考察・感想

【魔法使いの】 #19「Any port in a storm.」

最後までお楽しみください。

 

魔術師カルタフィルス

いきなりめっちゃ怖いんですけど!?

グロいぞ・・・ブスブス刺してるんだけど・・・(やべぇよ…やべぇよ…)

出たな外道!!全ての元凶め!!

ドラゴンの雛になんてことしやがる!

「やめてよ・・・やめて・・・帰りたい・・・帰りたい・・・」

帰せ!帰せ!

アドルフ「あの子、羽鳥智世。日本で死んだことになってました」

鈴村健一さんや!(*´艸`*)

セーラー服姿のチセかわええ(*´ω`*)

この頃はまだ、目の下に隈あったんだよね〜

アドルフ「なんでこっちで適当な地区に差し込みましたよ」

レンフレッド「悪いなアドルフ」

アドルフさんスーパーハッカーかな?

アドルフ「いえ、教えてくれて助かりました。スレイ・ベガは貴重ですから」

レンフレッド「資質や意欲のある子は財産だろ」

アドルフ「それはもちろ・・・」

「帰って!!」

レンフレッド「好きだろ?」

アドルフ「あんたと飲むのが嫌なんです!」

フィッシュ&チップスに黒ジョニーwww

確かに、イギリスと言えばフィッシュ&チップスだよね〜

レンフレッド「アリスからのクリスマスプレゼントだ」

アドルフ「はぁ・・・一杯だけですよ」

結局、クリスマスプレゼント酒にしたのかw

トーリー「今暇かー!?」

なぜ、酒を開けるとこうも人は集まるのだろうか?

トーリー「お〜!酒じゃないか。ちょっと僕もご相伴に預かろう」

レンフレッド「勝手に触るな」

トーリー「あ?まだその腕治してないの?」

アドルフ「カルタフィルス・・・でしたっけ。あれから接触は?」

レンフレッド「いや」

トーリー「いいな~僕にも紹介してよ」

アドルフ「あんたはまた」

トーリー「世紀を跨いだ漂流の魔術師だろ?不老不死は永遠のテーマさ」

関わったらろくなことにならないけどなw

そもそも、この集まりはマッドサイエンティストか何か?w

レンフレッド「くだらん夢だ」

トーリー「潔癖だな~。優秀だけどそういうとこ敵作るぞ」

レンフレッド「味方なんざ数人いれば十分だろ」

レンフレッド「俺は・・・優秀なんかじゃない。優秀だったら・・・そもそも・・・あんな奴に脅されなんか・・・」

ちょっwwwレンフレッドさん!?

師匠こんなキャラでしたっけ!?

まさかの泣き上戸www

トーリー「えっ何これ!超面白い!」

アドルフ「それであと4時間は続きますからよろしく・・・」

トーリー「何それ超面倒・・・」

レンフレッド「お前も飲め!」

トーリー「アドルフ助けて!」

アドルフ「引っ張らないでください!」

4時間も泣き上戸とかヤバすぎるだろwww

確かに、逃げきれないし超面倒くさいなwww

「あれ?何です?アドルフだけじゃないじゃないですか」

アザラシキタァァァァァ!!!!!

あれ?なんかチセ小さない?

それにここはどこだ?

チセは一体どこに迷い込んでしまったんだ・・・

ロンドン・・・?何だろう・・・?

体が重たくない。咳も出ない。寒くも暖かくもない・・・

霧の街ロンドン。しかも時間が止まってるではないか!?

これはもしや止界ってやつかな?

おっと・・・

チセ「あの・・・大丈夫?」

痛い!

カルタフィルス「ごめんね・・・ありがとう・・・」

(やべぇよ・・・やべぇよ・・・)

これはもしや、カルタフィルスの過去を覗いているのかな?

チセ「カルタフィルス・・・!」

カルタフィルス「君・・・僕の名前知ってるの?あれ?僕の名前カルタフィルスっていうんだっけ・・・うっ!」

「お姉さん・・・透けてるけどもしかして幽霊?」

「駄目だよ・・・ちゃんと行くべき所へ行かなきゃ・・・」

カルタフィルス「ね?」

いつもと雰囲気が違うね〜

綺麗なカルタフィルスって感じかな?

やはりカルタフィルスは記憶がないみたいだね

てかこれどういう状況なの?w

カルタフィルス「だってそうじゃなきゃおかしいよね・・・こんな・・・」

「ふ・・・ふふ・・・」

「ふふふふ・・・あははははは!!」

なにわろてんねんwwwこいつキチガイか!?

カルタフィルス「痛い!痛い!ごめんなさい!ごめんなさい!ごめんなさい・・・」

やべぇよ・・・やべぇよ・・・マジでこいつやべぇよ・・・

情緒不安定すぎないか・・・

カルタフィルス「だけど!だって彼が・・・」

チセ「カルタ・・・」

カルタフィルス「俺はそんな呪われた名前じゃない!」

「カルタフィルス・・・俺は・・・僕は・・・ヨセフだ・・・」

つまり、「カルタフィルス」っていうのは呪われた名前なのかい?

カルタフィルス「助けて・・・僕を許して・・・カルタフィルス!」

「どうしたら・・・僕達は救われるの?」

眼がぁぁぁぁぁぁぁ節穴だよぉぉぉぉぉぉ(物理)

ホラー感があるね・・・

てか、カルタフィルスって幾つかの人格が混ざってる多重人格なの? 

という夢を見たチセであった

( ゚д゚)ハッ! なんだ夢か・・・

てか後ろのクマーかわいいなwww

夢・・・じゃない・・・

まさかの夢オチじゃない夢オチ?(ん?)

ルツ「誰の所に行ってたんだ?」

チセ「あいつ・・・カルタフィルス・・・」

ルツもふもふやな〜(*´ω`*)ルツにモフりたい(*´艸`*)

チセ「耳から・・・離れない・・・今日で何日目?」

ルツ「2日寝ていただけだ」

いや、2日も!?

チセ「で・・・なんでリンデルさんのセルキーがここに?」

セルキーかわいいなぁ~(*´ω`*)

アリス「おっ目覚めたのか?」

チセ「アリス!どうして・・・」

クリスマスぶりだね、アリスちゃん!

ただいま、エインズワーズ邸大賑わい!

アリス「めんどくせーっていうか、ちょっとやべーことが起きてる」

チセ「えっ」

アリス「服テキトーでいいか?」

チセ「ありがとう・・・」

アリスちゃん服漁ってますやんwww

いきなり、他の家のタンスを漁るという勇者的行動に敬礼(`・ω・´)ゞ

チセ「ところで・・・アリスって何歳?」

アリス「今年で18」

チセ「ならいいんだ・・・」

アリス「?」

年上でよかったねwww

「あの時」っていつだ?

エリアス「おはよう。チセ」

おぉ!大集合じゃないすか!

緊急招集ってやつですかね?

トーリー「生きてるスレイ・ベガをしっかり観察できるなんて初めてだ!君に会えてとっても嬉しいよ!」

おいてめぇ!気安く触るんじゃねぇ!!

てか「生きてるスレイ・ベガ」って・・・普通は死んでるのか・・・?

トーリー「生きていてくれてありがとう!」

チセ「あ・・・あの・・・」

レンフレッド「アリス」

アリスちゃんナイス!www

腹パン・・・いや、みぞおちかな?w

アドルフ「同輩・・・と言いたくないですが同輩が失礼しました。初めまして。俺はアドルフ・ストラウド」

チセ「初めまして」

レンフレッド「久しぶりだな。あの時は失礼をした」

チセ「気にしないでください」

トーリー「僕はトーリー・イニス・・・トーリーって呼んでくれ・・・」

チセちゃんと握手してあげるの優しいな〜

だがしかし、トーリー、お前はエリアスの要注意人物リストに入れられたぞw

アドルフ「俺達はカレッジの者です」

チセ「カレッジ?」

アドルフ「聞いてないですか?」

エリアス「世間話はいらないよ。さっさと本題に入ってくれないか」

アドルフ「彼にはもう言いましたがドラゴンの国にいたドラゴンの雛が密猟に遭いました」

膝の上で寝てるセルキーかわええな(*´ω`*)

アドルフ「攫われたのは2頭」

「密猟者がこれを残していきました」

エリアス「それは?」

レンフレッド「私が作った移動装置だ」

「今回の事はおそらくカルタフィルスが起こしたことだ。腕と一緒に装置のノウハウも盗まれたらしい。私の不手際だ」

腕だけじゃなく知識や情報、それに記憶までも一緒に盗まれたのか・・・

エリアス「その事は別にいいよ。君も不本意なのはよく理解できる。問題はなぜ僕らが一緒にカルタフィルスとドラゴンを探さなきゃならないかってことだ」

他人事のように解釈しながらも、理解はしてるエリアス

アドルフ「あなた達はドラゴンの国とも親交があるしカルタフィルスを見知っている」

抱っこされてるセルキーかわいすぎるだろ(*´ω`*)

しかもちゃっかりお茶飲んでるしw

エリアス「そもそもなぜカレッジがドラゴン探しなんだ?」

セルキー「リンデル様とカレッジは協定関係にあるのですよ」

チセ「リンデルさんと?」

アドルフ「リンデルの・・・あなたの友人のもとへドラゴン達を帰す手伝いをして頂けませんか?あそこへ縛られ続ける彼のためにも」

チセ「エリアス・・・」

エリアス「ダメだよ」

チセ「何でですか!?」

感情的なチセ

エリアス「僕らには関係ないし危険だ」

チセ「でも!」

エリアス「君は自分の体の脆さを忘れたのか?」

チセは無茶しちゃうからね〜

チセ「・・・エリアスこそ忘れてるんじゃないですか?すごく痛くて苦しかったんですよ。あの時」

レンフレッド「あの時?」

トーリー「あの時?」

アドルフ「あの時?」

ちょっwwwなんでそんなに「あの時」っていう発言に対して喰いついてんだよwww

確かに、意味深ではあるけどもwww「あの時」に反応しすぎだろwww

みんな興味津々だなwww

チセ「エリアスの言う通り義務もなければ責任もないです。でも雛達は私みたいに望んでドラゴンの国を離れたわけじゃない」

「一緒に遊んだあの子達が辛い思いをするのは・・・嫌です」

エリアス「・・・わかった。協力しよう」

チセ「あ、ありがとうございます!」

おぉ、わかってくれたか・・・エリアス成長したな・・・

そしてこのほんわかデフォルメ絵であるw

少し変わったか・・・?

チセ「カルタフィルスは多分ロンドンにいると思います・・・」

アドルフ「なぜ?」

チセ「その・・・勘なんですけど・・・」

「ストラウドさん。ドラゴンって・・・高く売れますか?」

アドルフ「そ・・・」

トーリー「売れるさー!ものすごく高くね!」

そもそも、ドラゴンを買う人なんているのか?w

チセ「なら・・・もしかすると・・・すみません。誰か電話を貸してくれませんか?」

おやおや?

セス「はい。あぁ・・・あなたですか・・・調子は?・・・それは良い」

「えぇ、今はパリにいますが。仕事ならば金額と内容によってはお受けしますよ」

オークションの人じゃないですか!どうもお久しぶりです

闇オークション再び

ドラゴンの雛が縛られてる・・・ひでぇ・・・

チセ「セスさん・・・」

セス「お久しぶりですねチセさん・・・とエインズワース氏ですか?魔法・魔術の類は競売所では使用できないはずですが・・・」

どうもセスさん、1話以来ですね

エリアス「そう聞いたからね。魔法も魔術も使ってないよ。丸ごと組み替えただけだ」

誰やお前!!wwwめっちゃ美形www

サイモンさんでも私でもなく・・・誰の顔なんだろう

チセ「あの・・・これを。できれば足しにしたいんですが」

その花売れるんですか!?

セス「おぉ・・・これはいいですね。これを午後一番で競りにかけます。それから本命の競りに。よろしいですか?」

チセ「はい」

セス「ドラゴンのオークションは18時からです。それまではご自由に」

トーリー「随分自由な商品を売ってるんだな~」

セス「チセさんこれを」

チセ「小切手帳・・・?カードも」

セス「あなたの売値、半額が入金してあります」

チセ「は、半額!?」

半額だから・・・250万ポンド!?(やべぇよ・・・)

セス「商品でもあり出品者でもあったあなたの取り分ですよ」

そういえば、チセも商品として売られてたからね・・・

セス「ドラゴンは高額です。カレッジ側の費用が足りなければお使いください」

チセ「ありがとうございます・・・」

お金か・・・そういえばこれは元はエリアスのお金なわけで・・・

夫の財布を管理するのは嫁の務めです(ん?)

夫婦の財布を嫁が握ってるだけだから問題ないよね(?)

セス「雰囲気が変わりましたね。背も伸びましたしあの頃とは別人だ」

チセ「代わった所も変わってない所もありますよ」

セス「肝心要の部分はそうそう変わりません。あなたは良くも悪くも頑固ですしね」

トーリー「なんだ?何の話?ねぇ君カレッジへ来ないかい?」

チセ「家にいないと寂しがる人がいるので」

【おさわり厳禁】残念ですがお誘いは断らせていただきます!

トーリー「ははは。手強そうで何よりだ」

完全にフラれたな・・・ナンパ失敗

エリアス「何か言いたいなら口に出してくれないか?」

レンフレッド「お前カレッジの事をあの子に言ってないな」

エリアス「あの子はカレッジにはいかない。だから言う必要もない」

レンフレッド「使いをどうした?壊したのか?」

エリアス「らしくないぞレンフレッド。そんなにスレイ・ベガに固執するなんて」

顔が違うと性格も変わるのかエリアス

てか、その声その顔でしゃべってるとエリアスと認識しづらんだがw

レンフレッド「俺はスレイ・ベガを気にしてるわけじゃない。人間である彼女の未来を気にしてるんだ。今は良くても依存先をお前に限定してその先どれだけ成長できる?」

エリアス「それを僕らが語るのかい?行く当てのない者に知識の金庫を背負わせて先へ運ぶ船へ無理矢理乗せる。道を提示してそれしかないと思わせる。僕らはそう変わりないだろう?」

「もしかして君、本当は魔術師なんかになりたくなかったんじゃないのかい?誰かの強制でも」

エリアス他人のセンチメンタルな部分にでも平然と踏み込んでいくタイプである

つまり、トラウマを攻めていくスタイル

レンフレッド「私の道を勝手に決めるな!」

エリアス「あの子は僕のモノだよ。チセはそう望んでくれてる」

エリアス、チセ以外には強キャラであるw

なんでエリアスは人の顔になると性格変わるのか?w

しかも今回は姿だけじゃなく、声も違うしw

レンフレッド「いつまで続くか見物だな・・・生物は変わる。望もうが望むまいが・・・」

アリス「き・・・気まずいっすね」

アドルフ「うん・・・」

アリスちゃん男装良いですね!

アリス「でもあの骨、わかっちゃいねぇっすよ。線路を走るみたいに仕向けられてもさ、結局自分の道しか走れない奴はごまんといるんだ」

アドルフ「君は自分の道を走ってる?」

アリス「自分が走った所に道ができるんですよ」

今日の名言でました!

アドルフ「若いっていいねぇ」

あんた一体いくつ何だよw

魔法使いとドラゴンの共鳴

「それでは18時からの競りを開始いたします!」

「今は閉ざされたドラゴンの国!そこで育ちました純粋なる翼竜種の雛でございます!」

あぁ・・・ドラゴンの雛がぁぁぁぁぁぁ(´;ω;`)

チセ落ち着け!そこはグッと堪えるんだ!

「それでは80万から!」

「81!」「82!」「85!」[90!」「92!」「100!」

スゲェー嫌な予感がする・・・

アドルフ「150まではぎりぎりカレッジで出せます。超えたらその時は・・・」

チセ「わかってます」

アドルフ「出品者は?」

セス「あれです」

アドルフ「雇われか・・・」

トーリー「雇われの雇われかも」

いかにも、モブらしいモブだなw

あの人・・・こっちを見てる

セス「どこまで行きますか?」

チセ「あなたの知っている残高まで」

セス「了解しました」

いない・・・

「こんにちはお嬢さん」

坂本真綾さん!?

エリアス「どうかした?」

チセ「いえ・・・」

エリアスですら気づくことができないのかw

?「あなた以外に聞こえてはいないわ。大丈夫よ」

あなたは誰ですか・・・?

(こいつ・・・!脳内に直接語りかけてきやがる!?)

?「あなたにとって都合のいい女」

?「で、いいかしら?」

おいおい、真綾さんが出るなんて聞いてないぞwww

また、夫婦で共演してやがるwww

都合・・・ッ!

「180!」「185!」「191!」「193!」「197!」

暴走フラグですねこれは・・・

こちらの底が見えたらよろしくお願いします。そうでなければ無しで

?「耳約束なのが残念ね」

「皆様後悔なさいませんように・・・いかがですか?260!」

セス「290」

「いけそうですね」

チセ「・・・」

ヤバいヤバいヤバい!!解き放たれるぞ!

「に・・・290です!それ以上上の方はいらっしゃいませんか!?」

一時中断しろよwwwオークションやってる場合か!!

カルタフィルスに一体何をされたんだ?

ドロドロドロ・・・(アカン)

ドラゴンの雛が・・・!究極進化!?(闇落ち)

「おい!専用の呪縛式だぞ!何で破れる!?」

「わかりません!こんなことは初めてで・・・」

オークション終了のお知らせ

これ絶対モブひとたまりもないやんw

チセ「帰りたがってる・・・」

あぁ・・・チセ(´;ω;`)

チセ「怖がってるし・・・すごく・・・嫌がってる・・・」

チセは今、ドラゴンと共鳴状態にあるのか!?(シンクロ率100%)

トーリー「ドラゴンの声が聞こえるのか!?」

エリアス「大丈夫。それは君の感情じゃない。引っ張られなくていい」

落ち着くんだチセ!!

メガフレア!!!!!

次回予告

魔 法 使 い の 

The Ancient Magus’ Bride 

ドラゴンの悲しき咆哮がロンドンの空に響く
ドラゴンを救うため少女が下した結論はあまりにも過酷なものだった

ロンドンが大惨事になる予感がするぞ!

都合のいい方は果たしてチセ達の味方なのかな?

救うための決断が過酷だなんて・・・

To be continued!!

感想

【魔法使いの】#19いかがだったでしょうか?

いやぁ・・・衝撃のラストシーンでしたね。。。(だいたいこうなると予想はしていましたが)

てか、今回何も解決してないじゃないか!?

これからどうなるのやら・・・やはりダークな方向へ真っ直ぐ進んでしまうんでっしょうか・・・

どんどんすごい展開になってきましたね。

ドラゴンの雛がカルタフィルスに改造されて急成長(進化)して暴走。

でも突如チセに語りかけてきた謎の女性・・・彼女が何か知ってそうですね。

てか、前半でチセが見た夢から推測すると・・・やはりカルタフィルスは二重人格のような感じですね。

悪いことしてる方がカルタフィルスで、そうじゃない本物の方がヨセフかな?

まだまだ奴は謎だらけの存在ですね・・・

 

さてさて、次回の【魔法使いの】#20ではどのような展開が待っているのでしょうか。

それでは今回はここまで!次回も楽しみですね!

ではまた次回お会いしましょう!


 

shade

最後までお読み頂きありがとうございます。
「人気ブログランキング」「ブログ村」「ブログサークル」
に登録しておりますので面白かった・続きが気になる
と思ったら、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。
当ブログの管理者「shade」のモチベーションに繋がります。

アニメランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

この記事が良かったらTwitterのフォロー・いいね・リツイートお願いします。

shadeTwitterアカウントはこちら(⬇)

shade
Twittershade@shade451046
 

アニメ【魔法使いの嫁】紹介ページはこちら(⬇)

アニメ【魔法使いの嫁】これは「人間ならざる異形の魔法使い」と「夜の愛し仔である少女」の物語

2017.10.08
魔法使いの嫁  #20「You can't make an omelet without breaking a few eggs.」 

【魔法使いの嫁】#20『ロンドンの夜空を舞う魔法使い』嫁の左腕が竜の腕と化す

2018.02.26

特装版 魔法使いの嫁 9 (BLADE COMICS SP)

本編とは一味違う、かわいらしい【魔法使いの】の世界

アニメと同時にTwitterで限定公開されている30秒アニメ《まほよめ》

全24話収録+ここでしか見られない撮り下ろし映像付きでなんと特装版に!

本編とはまた違った、ほのぼのとしたかわいい《まほよめ》の世界を楽しもう!

 

【魔法使いの】 第1巻【完全限定生産】(Blu-ray)

アニメ【魔法使いの】第1巻【完全限定生産】(Blu-ray)がついに発売決定!!

 

発売予定日:2017年11月29日(水)

ただいま発売中!!

 

原作コミック単行本累計450万部を超える大ヒットとなった正道ファンタジー

【魔法使いの「豪華特典」

  • 完全限定生産のセル特典として、原作者ヤマザキコレ描き下ろしコミック(全4巻)を封入!
  • 完全限定生産となる本商品には、原作者ヤマザキコレが本商品の為だけに描き下ろしたオリジナルストーリーによるコミックの各巻封入が決定! 30P(予定)の大ボリューム
  • アウターBOXケースもヤマザキコレ描き下ろしイラスト仕様
  • 各アウターBOXケースも原作者ヤマザキコレによる描き下ろし画を使用
  • 更に全巻そろえると一枚の画として完成!まるで絵巻物のようなイラストも必見!
 
この機会を逃してはいけない・・・
 
さぁ、今すぐ手に入れよう!
 
 
 
 
 
【Amazon.co.jp限定】
 
【魔法使いの】 第1巻【完全数量限定生産】
 
(全巻購入特典:「オリジナルドラマCD」引換シリアルコード付き) (Blu-ray)
 

\ SNSでシェアしよう!/

【この本がスゴい!】shadeが今一番オススメする書籍

お金・時間・場所
「ネットビジネス」こそ唯一
「本当の自由」を手に入れることができる
「自由な人生を手に入れる教科書」

おすすめテーマ『STORK(ストーク)』

究極のモバイルファースト
ブロガー専用テーマ
当ブログでも使っているオススメの
WordPressテーマ『STORK』

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

ブログ運営者:shade アニメ・ゲーム・音楽・ビジネス書籍が好きな20歳。 自由な人生を手に入れるためにネットビジネス始めました。 PC1台でお金を稼ぐための知識・タメになる情報を発信しています。 あなたの考え・意見・感想をもっと”共感”してたくさん”共有”していきたいと思います。 記事を読んだあなたの意見・感想をお聞かせください。 たくさんのコメントお待ちしております(*^^*)