モテる人はライティングがうまい

「対話」するように学ぶ

From:shade

どうも、shadeです。

今回は、僕が普段行っているオススメの勉強法を1つ紹介したいと思います。

それは

「対話」するように学ぶ

ということです。

「・・・え?対話?」と思ったでしょうか。

はい、「対話」です。

わかりやすく「対話学習」とでも、名前を付けておきましょうか(笑)

僕と読者の皆さんとの間で「共通言語」にしたいので。

こういう感じで、これからどんどん共通言語を増やしていきたいので(*^^*)

さて、まず最初に「対話学習」について説明していきたいと思います。

対話というのは、読んで字の如く、双方向かい合って話をすることを意味します。

つまり、僕が言う「対話学習」とは、誰かと向かい合って対話しているもイメージ(想像)して、学習する勉強法です。

実際には対話するイメージ(想像)というか、本当に話ている感じでやってほしいんですけども、、、

そうなると「独り言」のような感じになってしまうので、傍から見たら完全にヤバい人にしか見えないと思うので、自室とかでこっそり対話学習することをオススメします(笑)

で、対話学習の何がいいのか?っていうと、今説明したように、対話って「話す」じゃないですか。

話すということは、アウトプットしてるということ。

つまり、アウトプットしながら学んでいるので、同時にインプットが行われているわけです。

ということは、アウトプットとインプット両方同時にできちゃうわけですよ。

これ、何気にスゴくないですか?

その場でアウトプットとインプット両方同時にできちゃうんですよ!

・・・さて、お気づきでしょうか。

僕、今「対話しながら」この記事書いてるんですよ。

というか、これ僕が普段からやってる方法なんですけどね(笑)

だから今、目の前に誰かがいて、その誰かと対話しているとイメージしながら書いています。

もうリアルタイムで「対話学習」しちゃってます。

(なんて素晴らしいんだ対話)

(最高かよ対話)

ちなみに、対話によって最も効果が発揮されるのが「コピーライティング」です。

対話学習は、コピーライティングを学ぶのに最も適しています。

なぜコピーライティングを学ぶのに適しているのか?

これがわからないのであれば、一度コピーライティングについて考えてみてください。

・・・

・・・

・・・

考えましたか?

コピーライティングを学んでいるほとんどの人が誤解していることなので、ここで改めて

「コピーライティングスキルとは、一体どのようなものなのか?」

ということを、一度原点に立ち返って考えてみましょう。

いいですか?

コピーライティングスキルというのは、実際には「ライティング」スキルではなく、広い意味での「コミュニケーション」スキルです。

なのでインターネットでビジネスをするのか、店舗を構えて昔ながらのビジネスをするのか、などに関係なく、ビジネスをする以上は必須の知識でありスキルであるということは断言できます。

とある有名な方が言っていた言葉で、今でも僕の脳裏に焼き付いている言葉があります。

それがタイトルにもある

「モテる人はライティングがうまい」

という言葉です。

これは、要するに「コミュニケーション能力が高い」という意味です。

残念ながら多くの人は「長文を書くのは苦痛だ」とか「人と話すのは得意ではない」などと思っているようですが、それはビジネスをしなかったとしても、致命的です。

語弊を恐れずに言えば、コミュニケーションスキルは人生の質をある程度左右すると僕は思います。

だから、これについては文字通り万人が、一生懸命努力すべきところだと僕は思っています。

うまく書けない、話せないのはなぜなのか?

ただ、ここでひとつ、多く誤解されている点を正しておきます。

そうしないと、明後日の方向に努力する人が続出してしまう気がするので。

「書けない、喋れない」と多くの人が思っている原因は、実はアウトプット能力ではなく、インプット能力の方に問題があります。

これは、何度言っても分からない人は分からないので何度も言いますが、僕の経験上、ライティングがうまくならない人、人と喋るのがうまくならない人というのは、本質的に人の話を聞いていません。

「私はそんなことありません!」

と思う人もいるかもしれませんが、そんなことあるのです。

もしあなたがライティングがどうしてもうまくならない、人と喋るのがどうしてもうまくならない、などの悩みを持っているとしたら、あなたがどう感じていようと、あなたは人の話を聞いていません。

「私は対人恐怖症なんです!」とか「あがり症なんです!」とか「赤面症なんです!」とか、まぁ人によっては色々あるかもしれませんが、それらすべてをひっくるめて、僕は断言しています。

アウトプットが苦手なら、つべこべ言ってないで「まずは人の話を聞け」と。

どうしても人を目の前にしたくなければ、本でも大丈夫です。

僕は今まで徹底的に「対話型」の読書をしてきたので。

「でも、それってshadeさんにしかできない勉強法なんじゃ・・・」

と思うかもしれませんが、これは僕だけに限った話ではなく、例えば大学生の方も同じだと思います。

というのも、

「教授の話を聞いたり学生とディスカッションしたりするより本を読んだ方がよっぽど勉強になるな」

と感じている大学生も意外に多いのではないでしょうか。

そもそも僕は「コミュニケーション」というものに向いている人間ではありませんでした。

そんな僕でも、今では人並み程度には話せるようになりました。

その僕が唯一意識的に実践したのが、そして今も変わらず実践しているのが「対話型の読書」でした。

本を「読む」のではなく、

本と「話す」のです。

本というものには、著者の人生が現れています。

丁寧に向き合えば、著者の肉声が聞こえてくる。

その声と、対話するのです。

さて、ここまで対話学習について説明してきましたが、この記事を読んでいる人の多くは、次の3つのいずれかの状態にあると思います。

  • 「うーん、わかるような、わからないような(イマイチピンときていない状態)」
  • 「なるほど、わからん(思考放棄状態)」
  • 「何言ってるのかサッパリ意味がわからないゾ・・・(意味不明状態)」

まあ人によっては、分かる人と、なんとな〜く分かったような(気がする)人と、何言ってるのか全く分からない人に分かれると思うんですが。

確かに、難しく聞こえるかもしれませんが(というか最初は難しい)、ある程度慣れてくると、本当に著者が言いたいことが伝わってきます。

「ああ、この人は本当はこういうことを言いたいんだな」

っていう感じ。

対話って、速読とか今流行りのいろんなリーディング法とはベクトルが全く異なる読み方だと思いますが、この読み方をしないから、うまく話せないし書けないのです。

実際の対人コミュニケーションでも、知らず知らず速読みたいなインプットになっている。

少し厳しめに言えば、その程度の努力ができないなら、アウトプット力の向上は諦めてもらうしかない、と。

本と対話できるようになると、それだけで人生が素晴らしいものになります。

だって、歴史を動かしたような人と、一対一で、何時間でも、対話できるんですよ。

こんな素晴らしい経験が、他にありますか?

こんなに自分を成長させてくれる経験が、他にありますか?

「成功したければ成功者の中に入ること」が真実なら、歴史にその名を刻んだほどの成功者以上に付き合うべき人がいるとは僕には思えないのです。(今すごく重要なことを言っています)

そういう意味で、本を読めた気になって実際には読めていない(=対話できいない)人、というのは、人生をだいぶ損していると言えます。

非常にもったいない。

なので、本を読むときは

「対話型の読書」

することをオススメします。

そして、始めましょう。

「対話学習」

せっかく今日ここで「対話」という学び方を知り、そして「対話学習」というものを知ったわけですから、これを機に何かを勉強するときは対話するように学び(効率良く勉強するために)、アウトプットとインプットを両方同時にできるようになりましょう!

というわけで、今日はこの辺で。

ありがとうございました!

shade

今回の記事はあなたにとって参考になったでしょうか?

もし役に立つことができたのなら嬉しいです。

この記事を読んだ感想・意見などがございましたら

下のコメント欄にて気軽にコメント下さい。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

P.S.

ここまで読んでくれたあなたに僕からプレゼントです!

僕「shade」が今一番スゴい!と思ってる書籍を紹介しています。

これからネットビジネスを始める方、

既に始めている方に読んでもらいたい書籍です。

無料でダウンロードして読めるので、ぜひ、読んでみてください(*^^*)

http://graspaf.net/l/c/pb9CnT3A/xqoDEncG/

 

P.P.S.

「人気ブログランキング」「ブログ村」「ブログサークル」に登録しています。

「面白かった!」「続きが気になる!」「興味が湧いた!」と思ったら、

下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

僕のモチベーションにも繋がるので(笑)

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

この記事が良かったらTwitterのフォロー・いいね・リツイートお願いします。

shadeTwitterアカウントはこちら(⬇)

shade
Twittershade@shade451046

\ SNSでシェアしよう!/

【この本がスゴい!】shadeが今一番オススメする書籍

お金・時間・場所
「ネットビジネス」こそ唯一
「本当の自由」を手に入れることができる
「自由な人生を手に入れる教科書」

おすすめテーマ『STORK(ストーク)』

究極のモバイルファースト
ブロガー専用テーマ
当ブログでも使っているオススメの
WordPressテーマ『STORK』

5 件のコメント

  • こんにちは。
    本と「話す」対話型学習って考えたこともありませんでした。
    成功者の言葉を読み流すのではなく、ちゃんと聞き取って(読み取って)
    自分の考えを話す(書く)。実際にしてみようと思います。
    ありがとうございます。

  • こんにちは。
    インプット量が足りないからアウトがいまいち。
    理にかなっると思います。
    成功者の中に身を置く。歴史上の人物とリンクする
    発想って、凄いと思いました。
    納得できる。と思ったのです。
    こういった捉え方を記事を読んで感じる
    のも対話型で書く記事だからなのでしょうね。
    練習してみたいです。(笑)
    相手をどんな人にするか?
    あっ、ここでもペルソナ設定が活きてくる
    んだ!と思いました。

    ありがとうございました。

  • こんにちは。
    ランキングから来ましたミラです。
    本と対話するって素敵ですね。
    インプットしながらアウトプットができますし、著名な作家さんとの対話も素晴らしいです。

  • はじめまして。
    ブログランキングから訪問させて頂きました。
    私もライティングを始めたばかりなので
    とても参考になりました。
    コミュニケーションスキルを磨いて
    モテるとライティングが上手になるんですね。
    頑張って磨きたいと思いました。

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    ブログ運営者:shade アニメ・ゲーム・音楽・ビジネス書籍が好きな20歳。 自由な人生を手に入れるためにネットビジネス始めました。 PC1台でお金を稼ぐための知識・タメになる情報を発信しています。 あなたの考え・意見・感想をもっと”共感”してたくさん”共有”していきたいと思います。 記事を読んだあなたの意見・感想をお聞かせください。 たくさんのコメントお待ちしております(*^^*)