これは使える!”実用的”でとにかく使える3冊の本

From:shade

前回は、素晴らしい経営者の”視点”を体験できる3冊の本について紹介しましたがいかがだったでしょうか?

そこで紹介した3冊の本とは・・・

 

 

でしたね。興味がある方はぜひ読んでみてください!

前回の記事はこちら(⬇)

素晴らしい経営者の”視点”を体験できる3冊の本

2017.11.10

 

”実用的”でとにかく使える3冊の本

 

今回紹介する本は、”実用的”でとにかく使える3冊の本です。

 

「ザ・ワーク」

まず最初に紹介したい本は「ザ・ワーク」(バイロン・ケイティ、スティーヴン・ミッチェル)という本です。

以前、物事の本質を解き明かすおうな本を紹介しましたが、ノウハウ本や即効性のある本も中々良いものですよね。

その物事の根底にしっかりとした理論があるというのはノウハウ本の役割りだと思います。

その中でも特に”実用的”な本はとてもためになります。

そこでまず挙げたいのがこの本「ザ・ワーク」です。

この本の副題である「人生を変える4つの質問」

これはたった4つの質問をするだけであなたの目の前にある複雑な問題がみるみる消えていくというものです。

その4つの質問とは・・・

 

  • 質問1:「それは本当でしょうか?」
  • 質問2:「その考えが本当であると、絶対言い切れますか?」
  • 質問3:「そう考えるとき、(あなたは)どのように反応しますか?」
  • 質問4:「その考えがなければ、(あなたは)どうなりますか?」

 

というシンプルなものなんですが、効果は絶大です。

また、数々の著名人やメディアが絶賛するバイロン・ケイティの最初の著書でもあります。

 悩みやストレスを解決する革新的な方法として、思想家からビジネスリーダーまで世界中の注目を集める「ワーク」のプロセスを、ステップごとにわかりやすく説明されています。

ケイティが実際に行ったワークの実例から、読者は心の解放を追体験できる、そんな一冊です。

「ザ・ワーク」(バイロン・ケイティ、スティーヴン・ミッチェル)

 

興味がある方は、今すぐチェック!

 

「Provocative Coaching:making things better by making them worse」

続いて紹介する本は「Provocative Coaching:making things better by making them worse」(Jaap Hollander)という本です。

これは、すべてのセラピストのための挑発的なコーチングの仕組みに関する理論的枠組みを提供する非常に実用的な本です。

残念ながらこの「Provocative Coaching:making things better by making them worse」は邦訳が出ていませんが、これもセラピストの方には非常に面白く役立つ本だと思います。

内容はというは、とにかく刺激的です。一言で言えば・・・

 

「相手を侮辱し、挑発することで成長を促す」

 

というコーチング方法です。

つまり、「パワハラ」「セクハラ」に近いことをすることで成長させるという、、、

かなり毒のあるテクニックということです。

ちなみに本書の根底にあるのは、成熟した大人として人を育てることよりも「道化師」として育てたほうが、成長は早いという考えです。

これは人間の「本質」をそのまま突いていると思います。

確かに、人間的に成熟であれば越したことはありませんが、時には己自身が「道化師・ピエロ」になることで、何かに挑戦したり、悩みを吹っ切るということも大切です。

「最もお金を稼ぐのはコメディアンだ」と言われていますが、、、

確かに、世界的に有名な俳優トム・クルーズよりもビル・コスビーの方が、日本なら国民的アイドルSMAPのキムタクよりもタモリさんの方が稼いでいますよね。

さらに、共通点として寿命が長いという部分が重なっています。どちらとも年は上ですよね。

もしかしたら、その問いに対する答えがこの本には隠されているのかもしれません。

「Provocative Coaching:making things better by making them worse」(Jaap Hollander)

 

興味がある方は、今すぐチェック!

 

「頭脳の果て」

最後に紹介する本は「頭脳の果て」(ウィン・ウェンガー、リチャード・ポー)という本です。

この本では「いかにアイデアを生み出すか?」というロジックだけでなく「イメージ」の力によってアイデアを引き出すための具体的な方法論が紹介されています。

人間は脳の機能の僅かしか使用していない・・・そんな話どこかで聞いた事があるかと思います。

その、残された脳の力の使い方がこの本には記されています。

人は大人になるにしたがって脳力に「制約」をしてしまいます。

この本には、その制約を取り払い、さらなる脳力を発揮するためのトレーニング方法が書かれています。

また、それらは非常に論理的であり、脳科学の観点から見ても説得力のある内容です。

右脳と左脳を上手く使い分けることにより、人は「天才」へと導かれます。

また、過去の天才の偉人たちはその様な脳の使い方をしていたことも分かります。

この本に述べられている技術は、ある程度の物事が出来る人間なら誰にでも出来るテクニックです。

 

あなたはイメージストリーミング」というテクニックがあることを知っていたでしょうか?

 

「イメージストリーミング」とは・・・

イメージを声に出して説明するだけという、非常にシンプルかつ実に簡単なテクニックです。

 

また他にも、本書では何種類かのテクニックが紹介されています。

その中でも、驚いたテクニックは「インスタント再生」「モデル思考」と呼ばれるテクニックです。

 

「インスタント再生」とは・・・

昔体験した出来事を鮮明に思い出す事が出来るという、世にも不思議で、奇妙な、そして仰天的なテクニックです。

 

「モデル思考」とは・・・

他人になりきり本来人間に秘められた計り知れない想像を絶する素晴らしい能力を活用する事が出来るというテクニックです。

 

本来人間には誰にでも「天才的能力」が秘められているということがわかっています。

なぜそんなことが言えるのかというと、その理由が本書にて述べられているからです。

ウィン・ウェンガーは一応は世界的権威です。

そんな彼が書いた本なので、まずその分野では「世界最高クラス知識」が詰まっていると言っても過言はないはずです。

さらに、この本にはある方法を使えば「IQが短期間で必ず上昇する」という方法が詰まっています。

己の能力を高めたい人にとってこの本は役に立つこと間違いなしです。

ウィン・ウェンガー

教育学博士。知力研究およびモティベーション分野の世界的権威。

「ビヨンド・アインシュタイン」というワークショップを全米各地で開催しているほか、主要大学や企業などでイメージ・ストリーミングなどのセミナーや授業を行うかたわら、「プロジェクト・ルネッサンス」というネットワークを運営し、加速学習などの脳力開発の研究を続けている。

リチャード・ポー

ジャーナリスト。

「イースト・ビレッジ・アイ」などの雑誌編集者、「ニューヨーク・ポスト」のレポーターを経て、現在に至る。

またビジネス書、自己啓発書を中心にした著作活動も行い、多くのベストセラーを出している。

あなたに1つ質問します。

今の時代、最も価値のあるものとは何でしょうか?

 

それは「アイデア」です。

というのも、シリコンバレーのベンチャーキャピタルの間では、

 

「一番価値のあるものはアイデアであり、一番安いのはお金」

 

という考えが常識となっているからです。

つまり、良質なアイデアこそが最大の価値を持つというわけです。

では、そのアイデアを作り出すための方法とは一体何なのか?

それを教えてくれるのがこの「頭脳の果て」です。

「頭脳の果て」(ウィン・ウェンガー、リチャード・ポー)

 

興味がある方は、今すぐチェック!

 

 

まとめ 

 

 

shade

今回は、”実用的”でとにかく使える3冊の本を紹介しました。

いかがだったでしょうか?

次回予告:人間の”可能性”について知ることができる2冊の本を紹介したいと思います。

それでは、また次回お会いしましょう!

 

この記事が良かったらTwitterのフォロー・いいね・リツイートお願いします。

shadeTwitterアカウントはこちら(⬇)

shade
Twittershade@shade451046
「読書」について(⬇)

本は「読み終える」ためにあるのではなく「リサーチ」するためにある

2017.09.19
続きはこちら(⬇)

人間の”可能性”について知ることができる2冊の本

2017.11.12

\ SNSでシェアしよう!/

【この本がスゴい!】shadeが今一番オススメする書籍

お金・時間・場所
「ネットビジネス」こそ唯一
「本当の自由」を手に入れることができる
「自由な人生を手に入れる教科書」

おすすめテーマ『STORK(ストーク)』

究極のモバイルファースト
ブロガー専用テーマ
当ブログでも使っているオススメの
WordPressテーマ『STORK』

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

ブログ運営者:shade

あなたの考え・意見・感想・思ったこと・気持ちなどをもっと”共感”してたくさん”共有”していきたい。たくさんのコメントお待ちしております。