ピカソから学ぶマーケティング戦略

From:shade

どうも、shadeです。

今回は、ピカソのマーケティング戦略についてシェアしたいと思います。

というのも、とある方の記事でピカソは芸術家としてだけではなく、マーケティング面でも相当なやり手だということがわかるエピソードをいくつか紹介していたので、「これはぜひ、僕の読者の方にも教えなければ!」と思ったので、シェアしますね。

ピカソの発想というか、視点がきっとあなたの役に立つと思うので。

ピカソが人気を出すためにやったこと

今までの人類の中で、最も有名な芸術家といっても過言ではないピカソ。

そんピカソでも、生まれたときから人気があるわけではありません。

ピカソでも売れなかった時期がありました。

当時は芸術家が作品を作り、画廊などが売るというのが一般的だったようです。

しかしそこへ、名も無い芸術家が画廊に突然押しかけて、、、

「俺の作品を置いてくれ!」

と言っても、相手にされないでしょう。

今でいうと飛び込み営業みたいなもんです。

迷惑がられて、いくら頼み込んでも「早く出て行け」といった対応をされるのがオチでしょう。

普通の芸術家は絶対にやらないこと

そんな時、ピカソは芸術家なら絶対にやらないようなことを実行しました。

それは、人を雇い画廊に問い合わせに行かせたのです。

「ピカソの作品は置いてありますか?」

もちろん、1つの画廊だけに問い合わせをさせたわけではありません。

かなりたくさんの画廊にこの問い合わせをさせたようなんです。

そうするとどうなるか?

画廊仲間で話をするわけです。

同業者ですから、今も昔もそれなりにネットワークはあります。

「なんか最近、ピカソってやつの作品ないって問い合わせ多くない?」

こうなったら、こっちのもの。

いくつかの画廊からピカソに問い合わせがあっても不思議じゃないし、ピカソの側から画廊にアプローチしていったとしても、対応が変わりますよね。

今でいうと、スーパーに商品Aを置いてもらうために、いきなり飛び込み営業をするのではなく、、、

STEP1:たくさんのお客さんに商品Aってありませんか?と問い合わせする部隊を送る

STEP2:同業者で商品Aってなんだ?と話題になる

STEP3:その後にこちらから商品Aを置いてもらうためにアプローチする

みたいな感じですね。

こうなると、営業がどれだけ簡単になるか?

とはいえ、ピカソのこの作戦は反則ギリギリなので、正直あまりオススメしませんが(笑)

それに、、、

なぜ、ピカソには色々な作風があるのか?

ピカソの特徴のひとつに様々な作風の作品がある、というものがあります。

それには諸説あるようです。

それにその理由はピカソがより成長するためにわざと作風を変えたというような話があるのですが、、、

それとは全く別の理由があるようです。

その理由が、完全にビジネス視点の理由なんです。

具体的には、

「様々な画廊からのニーズに合わせて、作風を変えていた」

とのこと。

芸術家の方は「自分の描きたいものを描く」というイメージがあったんですが、それとは真逆。

こっちの画廊は〇〇系だから〇〇系の作品を作ろう。

あっちの画廊は✕✕系だから✕✕系の作品を作ろう。

そんな感じで作品を作り分けていたことが、様々な作風を生み出した理由の1つになっていたとのことなんです。

顧客のニーズに合わせて、商品を変えるなんて、完全にビジネスとして芸術家をやっているような感じですよね。

ピカソの錬金術

最後にもう1つ。

晩年のピカソは芸術家として名を馳せていました。

その名を使って、錬金術といってもいいことをやっていたんです。

具体的には、モノを買ったり食事をしたりしても、お金を1円も払わなくて済む。

そんな錬金術です。

どういうことか?というと、

海外では何か支払いをしなければいけない時、小切手で支払う、ということがよくありますよね。

その小切手を切る時に、ピカソはあることをやって、小切手が換金されないようにしました。

それは、なんだと思いますか?

もうだいぶ長くなってしまったので答えを言ってしまうと、、、

「小切手にサインをするとき、その横で少し絵を描いた」

たったこれだけです。

小切手に絵を描くことで、その小切手自体が換金するよりも大きな価値を持つようになったんです。

あのピカソが描いた絵なわけですから。

そうなったら、小切手をもらった方は換金しませんよね。

換金されないということは、ピカソはお金を払わなくていいということ。

ほとんど価値のない紙に少し絵を描くことで、価値あるものに変化させてしまう。

まさに錬金術です。

最後に話がそれましたが、、、

人類史上、最高の芸術家のひとりも画廊に自分の作品を売るためにマーケティングをやっていたということがわかると、マーケティングをやっているものとしては心強いですね。(まぁ、反則ギリギリですが‪w)

さて、今年も1年、マーケティングとコピーライティングを頑張っていきましょう!

shade

今回の記事はあなたにとって参考になったでしょうか?

もし役に立つことができたのなら嬉しいです。

この記事を読んだ感想・意見などがございましたら

下のコメント欄にて気軽にコメント下さい。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

P.S.

ここまで読んでくれたあなたに僕からプレゼントです!

僕「shade」が今一番スゴい!と思ってる書籍を紹介しています。

これからネットビジネスを始める方、

既に始めている方に読んでもらいたい書籍です。

無料でダウンロードして読めるので、ぜひ、読んでみてください(*^^*)

http://graspaf.net/l/c/pb9CnT3A/xqoDEncG/

 

P.P.S.

「人気ブログランキング」「ブログ村」「ブログサークル」に登録しています。

「面白かった!」「続きが気になる!」「興味が湧いた!」と思ったら、

下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

僕のモチベーションにも繋がるので(笑)

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

この記事が良かったらTwitterのフォロー・いいね・リツイートお願いします。

shadeTwitterアカウントはこちら(⬇)

shade
Twittershade@shade451046

\ SNSでシェアしよう!/

【この本がスゴい!】shadeが今一番オススメする書籍

お金・時間・場所
「ネットビジネス」こそ唯一
「本当の自由」を手に入れることができる
「自由な人生を手に入れる教科書」

おすすめテーマ『STORK(ストーク)』

究極のモバイルファースト
ブロガー専用テーマ
当ブログでも使っているオススメの
WordPressテーマ『STORK』

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

ブログ運営者:shade アニメ・ゲーム・音楽・ビジネス書籍が好きな20歳。 自由な人生を手に入れるためにネットビジネス始めました。 PC1台でお金を稼ぐための知識・タメになる情報を発信しています。 あなたの考え・意見・感想をもっと”共感”してたくさん”共有”していきたいと思います。 記事を読んだあなたの意見・感想をお聞かせください。 たくさんのコメントお待ちしております(*^^*)