どうもこんにちは shadeです!

今回はと嘘』4話の内容を紹介していきたいと思います

前回は、色々とすごい展開になってしまいましたが今回果たしてどうなるのか・・・

というよりなんか毎回、根島と美咲が1回はキスしているように思えるのですが気のせいでしょうか

『羨ましい!!』恋と嘘を見ている方なら誰もがそう思ったことがあるのではないでしょうか?

お互い両想いとか憧れますね!!話数を越すごとにどんどん引き込まれていくほど面白くなっていますね

果たしてこれから、根島、美咲、莉々奈、仁坂この4人がどのような展開を迎えていくのか楽しみです!

ということで早速4話の内容を紹介していきたいと思います

 

と嘘』

#04『恋の科学

聞き取り調査として厚生労働省の矢嶋と一条が由佳吏の家にやってくる。帰り際美咲の家の場所を尋ねられ、ついに美咲に政府通知が届いたことを悟った由佳吏は動揺を隠せない。そんな姿に莉々奈はしっかりしなさい、と声をかけるが・・・。

TVアニメ『恋と嘘』公式サイト

科学の赤い糸

 根島は莉々奈と両親とともに夕食を食べていた

母親から『もうキスはしたの?』と質問された根島は慌てて『するわけないだろ!?』という

同じく反応した莉々奈はサラダにマヨネーズをかけようとするが・・・

なんとマヨネーズがサラダの上に全てかかってしまった

 

おっとこれは、重度のマヨラーかな!?

いや完全に動揺して力が入りすぎて全部出しちゃったパターンですねこれは・・・

 

莉々奈は根島の両親にどうしてキスをしたのか尋ねる

根島の父と母は、成り行きや、好きだからじゃない・・・と答えた

 

莉々奈好きだから・・・キス・・・

 

どうやら莉々奈は、まだ好きキスなどには抵抗がある模様・・・

 

食事を終えた2人は、部屋にい向かう。どうやら厚労省の2人が来るようだ・・・

 

根島の部屋を見た莉々奈は、根島の部屋を『汚!!何なの!この汚部屋ッ!!』という

あまりの汚さに片付けるのを手伝うという莉々奈

2人で片付けなんとか綺麗になった根島の部屋

根島は莉々奈を見て、女の子が自分の家にいてしかも、部屋にいること自体がすごいと感じていた

そんなことを思っていた根島だが、莉々奈は何かを見つけた模様・・・

それは小学生の時の根島の卒業アルバムだった

莉々奈は小学生の頃の美咲の姿を見て『美咲 かわいいぃぃぃぃ!』と言っている

アルバムには根島の林間学校の時の写真もあり、莉々奈は小学生の頃の根島を見て、変な顔で写っているとか、髪型が前衛的などと言っている

でも根島にはその写真は特別なものだった・・・

というのも本当はこの写真、根島の後ろにちょっとだけ美咲が写っていたので買ったという

たった1枚のツーショットそれが根島には嬉しかったようだ

 

莉々奈は根島に、いつから美咲のことを好きって自覚したのか尋ねる

それは『好きだったから消しゴムを渡した』のか『消しゴムを渡した瞬間に好きになった』のかという質問だった

根島は恥ずかしそうにしているが・・・こう答えた

 

根島『多分だけど・・・その日じゃないんだ・・・』

  『その日はなんだか何をしても嬉しくて・・・とってもフワフワしてた・・・』

  『それで次の日・・・昨日とは景色が全く違って見えたんだ・・・』

  『あれがきっと僕にとって高崎さんが【特別な存在】

になった瞬間だったと思う・・・』 

そんな根島の話を聞いた莉々奈は、その時にはもうキスしたかったのか聞いてくる

根島は、そこまで頭が回らないというが・・・

 

根島『ただ もう一度・・・僕に笑いかけてくれないかなって思った』

  『たぶん・・・それまでの僕の人生であれほど嬉しい気持ちに包まれたのは初めてだったから・・・』

 

そんな根島の小学生の頃の話を聞いた莉々奈は素敵すぎてキュンキュンしていた

 根島はそんな莉々奈を見て、莉々奈にはそういう話なかったのかと尋ねてくる

すると莉々奈は何か思い出したのか根島に語りだす・・・

 

それは莉々奈が10歳だった頃の話・・・

当時、莉々奈な病院に入院しており、両親は午後にしか来れなくて寂しかったという・・・

そんな莉々奈を見た若い研修医の先生が散歩に連れ出してくれたという

そんな時その研修医の先生が莉々奈に、そこにある子供の人体模型が見えるかい?と言われる

先生が言うには、その人体模型は本来、親子セットだったという

しかし、小児科の開設で子供だけうちに送られてしまったと話した

そのため、寂しさのあまり夜な夜な涙を流すと言われていた・・・

そこで莉々奈は・・・

 

莉々奈そんな・・・

   『私と・・・・・同じ・・・・・

 

・・・え? そこにときめいちゃうの!?

何かが抜けているような気がしてならないんですがッ!?

というか研修医の先生なんていうもの見せているんだ(笑)

子供に見せるものじゃないと思うんですが・・・

 

それ以来、莉々奈はその人体模型の前を通る時はなんだかドキドキしてしまうという

それを莉々奈はだと思っていたようだが、それを聞いていた根島は冷静に『いや違うと思うよ・・・普通に怪談だよそれ・・・』とツッコミを入れる

確かにそれにはキスしたいとか思わない・・・人体模型だしね(笑)

 

そんな会話をしていた2人

 

そこで莉々奈はあることを思い出す・・・

 

莉々奈『そういえば私言ったわね・・・一日一回美咲とキスしなさいって・・・』

   『したの?キス』

根島『えっ・・・と・・・その・・・』

莉々奈『どうなのよ したの?してないの?』

根島『(や・・・やばい・・・どうしよう・・・でも隠すのはよくないような・・・)』

   『し・・・した・・・しました・・・』

それを聞いた莉々奈は何かを考えるような反応をする

しばらく考えた後・・・『想像通り全然平気ね』という

根島に美咲が喜んでいたのかを聞いてくる莉々奈

根島の反応に、美咲が喜んでなかったのかと不安になる莉々奈

しかし根島は・・・

 

根島『僕は嬉しかった・・・よ・・・』

 

その言葉を聞き、莉々奈は『そう・・・良かったわね・・・』という

莉々奈を心配したのか根島は『どうかした?』と聞く

 

すると莉々奈は顔を赤くしていた・・・

 

何か悪いことしてしまったのではないかと思った根島は謝ろうとするが、莉々奈に『なんで謝るの!?』と言われる

根島は『だって怒ってるじゃん』というが莉々奈は『怒ってなんかないわ!勝手に決め付けないで!』と言って根島に近寄るが・・・その時・・・

 

莉々奈きゃっ・・・

『どさっ』 

莉々奈は根島の身体の上に倒れる

何事もなかったかのように起き上がる2人・・・

その時ちょうど厚労省の2人がやってきた

 

一条『こんばんは!厚生労働省の一条です』

矢嶋『矢嶋ッス』

一条『早速始めましょうか!』

根島『はい・・・』

 

 そして2人は根島の部屋に入り政府通知後の聞き取り調査を始めるという

何も反応しない根島と莉々奈を見て、一条が『なんか雰囲気が変ですね』という

 

一条『今ちょっとエッチなことしてました?』

根島・莉々奈『ぴえッ!?』

矢嶋『おまっ・・・』

一条によるとよくあることだそう・・・

政府通知・・・ゆかり婚科学の赤い糸と呼ばれているくらいだから・・・という

調査の前に少しだけそっちの話をしましょうかという一条

 

科学の赤い糸 

その強みはなんといっても圧倒的な情報量だという

ヒトの性格の50%は遺伝子の段階から決まっていると言われている

小学校に上る前から15歳になるまで何度もアンケートや内面聴取をされたと思います

春に行われる健康診断、二学期の道徳の時間、その全てが政府通知

つまり・・・カップリングに活かされているということになる

そして、16歳という人格形成が終了する前の時期に相手を決めてしまうのがコツ

科学的裏付けのある政府通知が失敗する可能性は限りなく低いと言われている・・・

ちなみに政府通知の基準に外見、容姿はほとんど関係ないという

美人を見ると『付き合いたいな〜』とか『胸が大きい人を見るといいなぁ〜』って思いませんか?

でも結婚ってなると、長年の分析の結果、容姿の希望などを汲むとかえって失敗してしまうことがわかったらしい

つまり・・・

ヒトは容姿では恋をしない それが科学の結論

 

そんなことを根島と莉々奈に話した一条と矢嶋

以上の話を聞いて、一条が根島と莉々奈にお互いがどう思っているのかを聞く

 

根島『僕は・・・そうなんだ・・・って頭の中では思っても・・・気持ちがまだついていけてないというか・・・』

  『わかんないです・・・』

莉々奈『理論はわかったわ・・・でも即座に自分に当てはめるには当人達に知らされていなデータが多すぎるわ・・・もう少し情報の開示を求めることは出来ないの?マニュアルブッ・・・』

一条『参考にするよう上に伝えておきます!(汗)』 

 

とりあえず見た感じ相性は悪くないとい一条・・・

 

一条『もうキスの1つや2つはぶっかましましたか?』

根島・莉々奈『はッ!?』 

ちょっとまてーい!!(笑)ぶっかしましたか?って言い方よくないと思いますよ!!(笑)

 

どうやら早い人たちだと一ヶ月でセック◯まで済ませてしまう組も何割かいるらしい・・・

 

それを聞いた2人・・・

 

根島・莉々奈『が・・・頑張る・・・?』

根島『(り 莉々奈と・・・セッ・・・セック・・・)』

莉々奈『絶対しないからッ!!』

根島『ハイ そうですよね・・・』

 

そして聞き取り調査が終わり帰ろうとする一条と矢嶋

その時、一条が根島に美咲の家を知っているか聞いてくる・・・

どうやら次の家は美咲の家のようだ・・・

驚く根島と莉々奈・・・莉々奈は美咲に政府通知が来たのではないかと一条に尋ねるが・・・

個人情報なのでお答えできないといって2人は去っていった・・・

 

根島は美咲に政府通知が来たのではないかと動揺してしまう・・・

そんな根島を見て莉々奈は・・・

 

莉々奈しっかりしなさい由佳吏!!

   『まだ美咲本人に来たって決まったわけじゃないでしょ!

   『お兄さんかお姉さんかも知れないし!

根島『・・・僕の知る限り・・・高崎さんにお兄さんもお姉さんもいない・・・』

  『もう駄目だ・・・駄目なんだ・・・駄目なんだよ・・・!!』

莉々奈・・・アナタの!美咲への気持ちはその程度なの!?

   『違うでしょ!?』

   『少なくとも私はそうだと思ってた』

   『じゃないと協力なんてしないわ・・・!!』

   『政府通知くらいで諦めるの・・・!?』

   『・・・もしそうだとしたら・・・がっかりよ・・・』

根島『莉々奈・・・ありがと』

 

莉々奈のお陰でまだ諦める時じゃないと思った根島

政府通知の相手なのにそんなことを言わせてしまってゴメン・・・と謝る根島

莉々奈は、別に根島のためではなく美咲が悲しい思いをするのが嫌だからというが・・・

 

とここで根島の母が出てきて莉々奈に今度根島家と真田家でキャンプに行くという話になったらしい・・・

 

帰り道・・・

莉々奈を送るため根島は一緒に歩いていた

莉々奈は、明日学校で政府通知のことを美咲に聞くように根島に言う

それでまた、美咲とキスすればいいと・・・

しかし、根島は美咲とはもうキスしないと言い出す

それは莉々奈に言われてキスすることが変だからである・・・

 

莉々奈そうかしら・・・

   『好きな人とキスしちゃいけない世の中の方がよっぽど変だと思うわ

 

 

2人の時間

次の日・・・学校にて・・・

 

美咲をが来るのを待っていた根島だったが、美咲は遅刻ギリギリに登校してきた

なかなか美咲と2人っきりになることが出来ず、話せないでいた・・・

授業も終わってしまい、あっという間に放課後になろうとしていた

先生から選挙管理委員は残って冊子の作成をするように言われ、選挙管理委員である美咲は残ることに

もう一人の選挙管理委員が休みのため、根島がやることになる・・・

 

そして放課後・・・

根島はダンボールを持って廊下を歩いており、どうやら教室に戻るようだ

すると、外の廊下で、美咲と仁が何かを話しているのを目撃する

 

美咲『だから何が言いたいわけ?』

仁坂『お前わかってんの?』

美咲『・・・わかってるよ・・・』

仁坂『あっそ・・・ならいいけど』

 

おっとこれは何かの伏線ですかね・・・

 

教室にいた根島・・・すると美咲が遅れてやってくる

冊子の作成に取り掛かる2人・・・

 

根島『(高崎さんって毛穴ないな・・・)』

  『(つるつるのサラサラだ・・・)』

  『(・・・じゃなくて・・・!!)』 

 

根島は美咲に昨日厚労省の人が来たか尋ねる・・・

 

美咲来たよ・・・

根島『ッ・・・そっか・・・おめでとう・・・』

美咲『えっ・・・ありがとう』

根島『良かっ・・・たね・・・』

美咲『・・・?そうだね安心はしたかも』

根島『ちなみに・・・どんな人・・・?』

美咲『どんな人って・・・いいんじゃないかな?相性とか・・・上手くやってると思う』

根島『もう会ったの・・・!?』

美咲『会ったも何も一緒に住んでるよ?』

根島『ぁぁぁぁぁぁぁぁッそんなあぁぁぁぁッ・・・!!』

美咲『えっ・・・待って何の話?』

根島『高崎さんに政府通知が来たんでしょ・・・?』

美咲『やだー政府通知なんて来てないよ!』

 

話がズレている・・・根島は勘違いをしていますね

どうやら美咲には関係なく美咲の家に用事があった模様のようです

しかしどこか怪しくはありますね〜さっきの仁坂との会話も気になります

 

そんなことより、美咲はなんで根島の家に厚労省の人達が来たか気になっていた

それに対し根島は昨日あったことを話した

政府通知が来てからどんな感じなのかを・・・

美咲はそんな根島を見て、莉々奈とはお似合いだと思うと言った

『なんで!?』と聞いてくる根島に美咲は、なんとなく似ている・・・誰かのために頑張ろうとしているところと答えた

 

根島は昨日、厚労省の2人が美咲の家に行くといった時取り乱してしまったことを美咲に話す・・・

それを聞いて美咲は、『やっぱ莉々ちゃんってすごいな・・・敵わないや』という

 

根島『いつかは高崎さんにも来るんだよね・・・政府通知・・・どんな人なんだろう・・・』

美咲『んー・・・でも・・・どんな人でも別にいいかな』

根島『えっ・・・』

美咲『私にとって根島くんだけが特別だから』

  『他は誰だろうと変わらないよ』

 

 そして・・・

 

 

美咲『・・・しちゃった・・・』

  『ごめんね』

根島『・・・』

 

謎の少女

夕日の中そこにはベンチに少女が座っていた

美咲はそれを見て隣りに座る 

?『浮かない顔してな何かあった?』

美咲『うーうん・・・別に』

?『あったんだ・・・』

 『美咲は嘘つきだったもんね・・・昔から・・・』

美咲『私はね・・・嘘を突き通してでも守りべきものってあると思う』

  『・・・でも・・・自分の心にまで嘘をつく方法が・・・どうしてもまだ見つからない・・・』

?『心に嘘なんてつけないよ・・・』

 『恋ならきっと・・・たぶん・・・なおさら・・・』

 

一方・・・根島は、アイスを食べていた・・・

その時、莉々奈からの電話が来る・・・

美咲とのことについての電話であり、根島は莉々奈に政府通知のことではなかったと伝える

話は変わり、昨日のキャンプについて・・・

なんと莉々奈は美咲を誘っていた・・・

根島は驚いてしまい食べかけのアイスを落としてしまう・・・

美咲と莉々奈・・・2人と一緒なんて圧倒されてしまう・・・そんなことを思った根島は友達を誘っていいか莉々奈に尋ねる

 

そして・・・

 

仁坂『やだ』

根島『そこをなんとか・・・』

仁坂『やだよ・・・オレとオマエでキャンプとか普通に意味わかんねぇ・・・』

 

そんなやり取りをしている根島と仁坂

 

根島『頼むよ〜!!』

仁坂『はぁー・・・』

  『いちご大福奢れ・・・3つ』

根島『やった!ありがとう仁坂!ほんと助かるよ!』

  『高崎さんと莉々奈に挟まれて僕1でどうしようかと思ってさ』

仁坂『・・・は!?』

 

 

美咲はお湯に浸かっていた・・・

 

美咲はぁ〜・・・根島くんとのキャンプ・・・喜んでいいのかな私・・・

  『・・・全部・・・嘘ならいいのにな・・・ 

 

To Be Continued~次回へ続く

 

と嘘』5話『命がけの恋

『恋と嘘』5話 それぞれの思いが繋がったキャンプで恋の行方はどうなる?仁坂の意外な一面が明らかに!?

2017.08.01

感想

今回はここまで!!

いや〜またもやおもしろい展開になってきましたね(*^^*)

どうやら美咲にはまだまだ何か隠していることが多そうですね・・・

というか厚労省の一条さんが言っちゃいけないことを普通に言うからほんと笑いが止まりませんでした(笑)莉々奈もまだ、根島に対して抵抗がありますがそれがまた可愛いですね(*´艸`*)

また、終盤登場した美咲と話している、謎の少女・・・

実はもう知っているのですが・・・

あれ『五十嵐柊』じゃないですか!?わからない方はわからないと思いますが、非常に重要な人物です。というより原作より登場するのがはやいですね!びっくりしました(笑)

次回はいよいよ、キャンプに行くという話になりそうですが、まさかの仁坂も巻き込みをくらってしまい4人となってしまいましたね。これは次回面白いことになるのではないかと期待しています!

 

shade

最後までお読み頂きありがとうございます。

人気ブログランキング』・『ブログ村』・『ブログサークル

に登録しておりますので面白かった・興味が湧いた・続きが気になる

と思ったら、ぜひ下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

当ブログの管理者『shade』のモチベーションに繋がります。

アニメランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

この記事が良かったらTwitterのフォロー・いいね・リツイートお願いします。

shadeTwitterアカウントはこちら(⬇)

shade
Twittershade@shade451046
 

マンガボックスにて連載中!と嘘』

と嘘』 上巻BOX(DVD&Blu-ray)

2017年10月4日(水)に発売!!ただいま予約受付中!! 

まだ予約をしてないなら今すぐ予約だ!

 

さらに・・・!

 

Amazonでは限定版で豪華特典があります!

Amazon.co.jp限定】『と嘘』 上巻BOX(DVD版)

(上下巻購入特典:「描き下ろしB2布ポスター」引換シリアルコード付)

Amazon.co.jp限定】『と嘘』 上巻BOX(Blu-ray)

(上下巻購入特典:「描き下ろしB2布ポスター」引換シリアルコード付)

\ SNSでシェアしよう!/

【この本がスゴい!】shadeが今一番オススメする書籍

お金・時間・場所
「ネットビジネス」こそ唯一
「本当の自由」を手に入れることができる
「自由な人生を手に入れる教科書」

おすすめテーマ『STORK(ストーク)』

究極のモバイルファースト
ブロガー専用テーマ
当ブログでも使っているオススメの
WordPressテーマ『STORK』

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

ブログ運営者:shade アニメ・ゲーム・音楽・ビジネス書籍が好きな20歳。 自由な人生を手に入れるためにネットビジネス始めました。 PC1台でお金を稼ぐための知識・タメになる情報を発信しています。 あなたの考え・意見・感想をもっと”共感”してたくさん”共有”していきたいと思います。 記事を読んだあなたの意見・感想をお聞かせください。 たくさんのコメントお待ちしております(*^^*)