どうもこんにちは shadeです!

最近、毎日のようにクソ暑い日が続いて溶けそうです(汗)

まさにアイスクリーム状態!!非常にやばい(。>﹏<。)

そんな毎日ですが、今日も頑張っていきましょう

はい。ということで今回は賭ケグルイ2話の内容紹介・感想を話していきたいと思います

 

前回の『ケグルイ』1話はこちら!(⬇)

『賭ケグルイ』1話 夢子VS芽亜里の『投票ジャンケン』ギャンブルより顔芸がやばい!?

2017.07.02

 

賭ケグルイ』<第2話>つまんない女

夢子に負けたことでクラスメイトから家畜のように扱われる芽亜里。鈴井はポチミケ制と呼ばれるこの階級制度を始めたのは生徒会長の桃喰綺羅莉であり、彼女が率いる生徒会は学園最強のギャンブル集団だと夢子に語る。しかし少しも怖がる様子を見せない夢子。
そんな彼女の活躍を聞きつけた1年生の生徒会役員・皇伊月が、2000万円を賭けた『ダブル神経衰弱』で夢子に勝負を挑んでくる。

TVアニメ『賭ケグルイ』公式アニメ

『賭ケグルイ』2話放送されましたね!

では早速、2話の内容を紹介していきたいと思います

ダブル神経衰弱』勝負!

今回は夢子がやるギャンブル勝負はダブル神経衰弱』というものです

ダブル神経衰弱』って何?と思ったかもしれませんがそれは後ほどお話していきたいと思います

まず始めになぜこのような勝負になったのかまでをストーリーに沿って順に内容を紹介していきたいと思います

 

朝、いつも通りに学園に登校する鈴井。

夢子『鈴井さん!おはようございます』

鈴井に声をかけてきたのは昨日転校してきたばかりの夢子

鈴井『蛇喰さん!おはよう』

そう言い2人はあいさつを交わす。名字で呼んだ鈴井に夢子は言う

夢子『夢子…でいいですよ!』

嬉しそうに言ってくる夢子に、鈴井は戸惑い少し照れながらも夢子のことを名前で言うようにする。そんな会話をしながら2人は教室へと向かう

 

2人が教室へ向かうとそこには・・・

机に『いじめ』だと完全にわかるような落書きなどが書かれている。

そうその席は昨日、夢子とギャンブル勝負をして負けた

芽亜里の席だった・・・

芽亜里の机には落書きや、芽亜里そっくりの首がもげているフィギュアなどがあり、あまりにも酷く悲惨な状態であった

自分の席の前に立っている芽亜里

そんな芽亜里の姿を見て、夢子が声をかけるが

芽亜里『うるさい!!』

   『あんたに負けたからこうなってんだよッ!!』

と、夢子に向い怒鳴る芽亜里は『ミケ』という札を見せる

 

 

そうこの学園『私立百花王学園』にはルールが存在する

 

この学園は、政財界の実力者の子が多い

それはつまりお金持ちが多いセレブの生徒がたくさんいるということ

その子達は、将来人を使う人間になる

そうなるためには、駆け引き・読心術・ここぞという時の勝負強さ

というものが必要になってくる

そして学園はそういう人物を欲している

 

だからこの学園にはギャンブルが強い人が人望を集め注目を浴び、

逆に弱いと迫害の対象となってしまうんです

 

具体的言うと、この学園には『階級制度』というものがあります

それは、学園のギャンブルを一元的に管理している『生徒会』が強力な権限を持っていて生徒から『上納金』を集める。その金額で階級が決するという訳です 

ここで一つ疑問に思ったことは

『上納金』って何?

『上納金』とは以下のことを指します

ある閉鎖的社会の慣例として、配下の者から強制的に上納させるお金のこと。

法的根拠のないものが本来だが、俗語的にロイヤリティをさす場合がある。

 
『上納金』のランキングは不定期に発表され、全生徒3000人中、下位100位になってしまうと『非強力傾向生徒』・・・
 
通称『家畜とされます
 
『家畜』の名前は、なら『ポチ』 なら『ミケ』と決められている
 
 
これはあまりにも酷いですね……言葉を失いかけます
要するに、『負け犬』ということになりますね
勝負に負けた人間は、勝負に勝った人間には絶対に逆らえない……
こんな非常識で異常な学園はあっていいものなのだろうか・・・・・・
 
完全にイカれてる奴しかいないやばい学園ですね!!
 
 
 
 
しかし昔は、そこまで酷くはなかったようです
 
 
 
この学園が変わってしまったのは2年前・・・
 
 
 
今の生徒会長が就任してから変わってしまった
 
 
『桃喰 綺羅利』
 
 
百花王学園は中高一貫だが、彼女は高等部から編入してきていきなり生徒会長になった・・・
当時の会長とギャンブル勝負をして勝ったという。まさに彗星のごとく現れた人物
 
いきなり生徒会長になるとか化物かよ・・・最強のギャンブル集団である生徒会、その中でもトップに君臨する生徒会長に勝つとは・・・恐ろしいくらい強いΣ(゚Д゚)
 
そして彼女が生徒会長になったことにより、『上納金』ポチミケ制』ができてしまった
 
それから差別意識がされていくようになってしまった・・・
 
 
しかし、芽亜里の場合は極端ですね
 
なんせ、みんなに協力させた挙句こっぴどく負けてしまったんですから……
しかも、『上納金』の締め切りが重なってしまったため非常に運が悪かったと思います
 
 
この学園のシステムについて鈴井から聞いた夢子は震えていた
 
怖がらせてしまった…かな? そう思った鈴井だがその予想は大きくはずれる
 
その震えは、学園のシステムの恐怖からではなく、嬉しさによる震えだったのだから・・・
 
 
 
夢子『まったく・・・聞けば聞くほど規格外の学園ですね・・・』
  『転校してきてよかったです・・・♡』
 
 
彼女は喜びを隠しきれないほど興奮していた
 
 
 
そんな会話をしていた2人の耳に突如2階のテーブルで歓声が沸き起こる
 
 
 
歓声が沸き起こる2階ではギャンブルが行われていた
 
 
夢子は昼休みでもギャンブルができることを嬉しそうにしている
そんな夢子に対し、鈴井は2階でギャンブルをやっていた人物が誰なのか気づいてしまう
 
 
なんとその人物は1年生でありながらも生徒会のメンバーだということがわかる
 
 
彼女の名前は『皇 伊月』
多額の上納金を払って1年生にして生徒会入りした人物であり、
実は彼女、日本で有名なトイメーカーの社長令嬢だという
つまり、半端ない金持ちってことですね!
しかし、彼女は金持ちだけのお嬢様ではなく、ギャンブルの腕も凄い
特にトランプゲームでは無敗という噂も・・・
 
そんな鈴井の話しを聞いた夢子は、ぜひ一度お手合わせを・・・と言うが鈴井が辞めた方がいいと焦りながら止めようとする
 
しかし、それはすぐに実現することになる・・・
 
 
そんなことを話していた2人の会話は突如1人の人物によってかき消されてしまう
 
 
なんと2人の目の前に現れたのは、先程ギャンブルをやっていた皇だった・・・
 
 
皇『蛇喰先輩っ』
 『私、1年花組 皇 伊月と申します!』
 『以後お見知りおきを・・・』
 
突然現れた皇に驚く2人
 
 
そう、彼女は転校初日に芽亜里と戦って勝った夢子を知っていました
そりゃそうですよね。なんせ転校初日にいきなりギャンブル勝負を申し込まれて勝ってしまうなんて、そんな情報1日で校内に広がっちゃいますね(笑)
 
その情報を聞きつけ皇はギャンブル勝負を夢子に仕掛けてきました
 
 
はいっ今回も来ましたギャンブル勝負!!
先に予想しておきますが、今回もまたやばすぎる顔芸が見れると思います(笑)
また、夢子のいきすぎたギャンブル狂っぷりも見れるかと思います
 
 
もちろん夢子は嬉しそうに皇が仕掛けたギャンブル勝負を喜んで買います
 
 
一方その頃・・・
 
教室にいた芽亜里は家畜『ミケ』としての扱いを受けていた・・・
 
そして、夢子VS皇のギャンブル勝負は芽亜里のいる教室にまで伝わっていた・・・
 
芽亜里を除く教室にいた全員がその勝負を見に行ってしまう中、
 
彼女は『ミケ』としての雑用をしていた・・・
  
 

夢子VS皇のギャンブル勝負!

そして始まったギャンブル勝負

そのギャンブル勝負とは最初にお話した通りダブル神経衰弱』というゲームです

これは、普通のトランプゲームの『神経衰弱』とは少し違います

『神経衰弱』のルール

ジョーカーを除く1組52枚のカードを使い、伏せた状態でよく混ぜ、重ならないように全部テーブルや床に広げる。まず、ジャンケンをし、負けた人からスタートする。

プレイヤーは好きな2枚をその場で表に向ける。2枚が同じ数字であればそれらを得ることができ、もう一度プレイできる。2枚が異なる数の場合、カードを元通りに伏せて次のプレイヤーの順番となる。すべてのカードが取られるまで行い、取ったカードの枚数が多いプレイヤーの勝ちとなる。

バリエーションとして、以下のようなルールでも遊ぶことができる。

  • 2枚めくり、数字と色が合ったら取れる
  • 3枚めくり、そのうち2枚合ったら取れる
  • 3枚めくり、3枚とも合ったら取れる(最後はカードが残る)
  • 同じ数ではなく、1つ違いの数なら取れる(最後にカードが残る場合がある)
  • 途中で席替えをする(または、カードをシャッフルする)
  • ジョーカーも加え、ジョーカーを取ると通常の2倍の得点になる
  • 4枚全て一度に合わないと取れない4枚神経衰弱もある

引用:神経衰弱(トランプゲーム)Wikipedia

普通の『神経衰弱』はこういう感じです(⬆)

しかし、今回行うダブル神経衰弱』は以下のルールです

ダブル神経衰弱』のルール

POINT

  • デッキを2つ使用する   
  • 普通の神経衰弱は数字が同じなら当たりだが、ダブル神経衰弱はマークも同じでなければならない     
  • つまり総カードは倍の104枚(52×2=104枚)
  • 当たりはその中にたった1組だけ

そして肝心の賭け金はなんと

生徒会発行の100万円チップ20枚

つまり  2000万

ひえぇぇぇぇぇぇぇ゚ヾ(。>﹏<。)ノ゙

なんて金額なんだ……恐ろしい……

普通ギャンブルでいきなり2000万賭けるなんてバカですか

流石お金持ちは違いますね・・・

 

賭け金が2000万ということを聞いた夢子は、手元にはもうそんなお金は残ってないと言います

そういった夢子は鈴井の方を『チラッ』と見ます。何のことかは1話を見たのならわかりますよね(笑)

しかし皇は2000万貸すと言います。しかも無利子で

なぜ皇がそこまでするかというと、我が社(トイメーカー)であるトランプに興味を持っていただくための広報活動の一環であるとのこと

そのトランプこそ今回ダブル神経衰弱』に使う『ラクレット』という新品のトランプ

なんとそのトランプ日本で2番目に売れているトランプらしいです

まぁそんな宣伝はどうでもいいんですッ!早速ダブル神経衰弱』開始しましょう

 

ギャンブル勝負が順調に進んでいく中、どちらとも引きをとらない接戦をする・・・

 

このダブル神経衰弱』で勝利する方法は1つしかありません

勝利条件

1/103の運で当たりを引く or 103枚の位置を全部覚える

どちらも超難関ですね。普通は無理です(笑)

当たりが1枚きりってことは、運で当たりを引ける可能性は103分の1しかない。

となれば、あとは既に開かれたカードの位置を全部覚えるしかない。しかし、103枚のカード全部の位置なんて覚えきれるわけがない

 

しかし、2人の記憶力は並の人間レベルではなかった・・・

 

2人とも次々と当てていく中

カードの残りは28枚となります

夢子:36枚  皇:40枚

依然大接戦

そんな中、皇のターン。なんと皇がこのターンに10枚連取してしまいます・・・

おっとこの顔は、イカサマ臭がプンプンしますね・・・

残り18枚で、差は14枚

夢子は次外してしまえば負けが決定してしまいます・・・

夢子のターン・・・ハズレ・・・

皇の勝利!!!!

これにより、夢子は  2000万の借金

どうする夢子!?そう思ったら夢子が皇に対しもう一戦やって欲しいと言います

そんな夢子に対し皇は

皇『実は私・・・ネイルが趣味なんです・・・』

そう言って彼女は自身のコレクションケースに飾ってあるネイルを見せた

しかしそのネイルには秘密があった・・・

皇『これ全部生爪なんです』

うああああああああああああああああああああいやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ(発狂

狂人かよ……ドン引きです……あまりにも気持ち悪すぎて吐きそうでした゚゚((((;゚Д゚))))

 

ということで、皇が夢子に再戦するために要求した条件は

2000万で勝負する代わりに、もし夢子が負けたら爪を剥がれてしまうということです

 

しかし、夢子はその条件を呑み再びダブル神経衰弱』が始まります・・・

新品のカードを使い勝負する2人

皇『賭け金は私が2000万…先輩が手足の爪で』

えっ・・・? 足も!?!?!? 異常すぎる・・・

 

皇『(あはっ♪まぁたコレクションが増えちゃった……今回も私が絶対勝つもんね)』

 『(だって)・・・・・・』

 『私、伏せカードの半分52枚・・・何のカードかわかってるんだもん♪』

 

ですよね〜〜〜〜はいっ ということで今回もイカサマでした!!!!

 

実はこのトランプには仕掛けが施されてあります

一見流通している正規品と変わりませんが、実は皇が個人的にラインで製産している別のトランプ

このトランプには製品とは1つだけ違うところがある。それは

一定以上の温度で模様が浮き出る

というもの。さらに彼女のカバンの中にはカイロが仕込んであり、このように並べたあと冷めるまで2.3分浮き上がった模様は残り続けてしまう

細かい変化であり、すぐ消えるためバレることはない・・・それを全て覚えているおり負けるはずがない

ダブル神経衰弱』にしたのはラッキーパンチを防ぐため

 

皇『あはっ♪先輩っ』

 『その爪いただき・・・♪』

そう思った皇だが・・・

 

夢子『ところで皇さん・・・御実家は有名なトイメーカーだそうですね』

皇『はい・・・?』

夢子『そんな大きな企業、時価総額はおいくらくらいになるのでしょうか・・・』

  『100億?それとも・・・1000億くらいいきますか・・・?』

  『対してこのギャンブルは2000万ですよね?』

『割に合わないのではないですか?』

皇『何のこと・・・?』 

夢子『ひとつ・・・ご忠告申し上げましょう』

 『御実家の稼業を賭けるようなマネは・・・それなりの覚悟をなさってからにしましょうね』

皇『は?・・・何を言っている・・・私の実家・・・?』

 『まさか・・・こいつ』

 『イカサマに気付いた!?!?!?』

一体どこまで気付いているんだとばかりに焦りだす皇

もしかしたらブラフという可能性も・・・と考えるが違う

こうなったら、自分のターンで一気にカードを開き普通のデッキとすり替えようと試みるが

時既に遅し・・・

夢子『これで54枚・・・私の勝ちですね!』

皇『は?』

夢子は、皇に対し『貴方がもう少し用心深かったら私の負けでした』という

 

夢子『だって裏の模様が先程と同じではないですか』

そう・・・夢子は模様を全て覚えていました

1回目のゲームの時から模様を認識し尚且つ、バレないように演技していました

それにしても、模様が出ているのはほんの2.3分のはず

つまり夢子は、その間に全ての模様を覚え、後から開かれたカードの中身と模様を結び付ける・・・

 

そんなこと人間に可能なのか!?

 

夢子の勝利!!!!!

 

完全に敗北してしまった皇は夢子から感じる恐怖に怯えていた

そんな皇に夢子は、次になんのゲームで勝負するか尋ねるが・・・

皇は恐怖で怯えてしまっていてそれどころではなかった

断ろうとするが・・・・・・

 

夢子『あれ?断れるお立場でしたか?』

そして夢子は皇に要求する

『今度はお互いの生爪をかけませんか・・・?』と、

夢子が興奮状態になってしまい完全に異常なまでの狂人と化してしまう

 

夢子『滾ってしまいます・・・♡』

完全に先程とは立場が逆転してしまい恐怖に耐えきれなくなってしまった皇はついに・・・

 

皇『むっ・・・無理です・・・(ぐすっ)でっ・・・できません(うぅっ・・・)』

『ゆっ・・・許して下さい・・・っ』

皇はあまりの恐怖に耐えきれず涙を流しながらそう言う

 

夢子『つまんないの・・・・・・』

そう言い放った夢子の目は死んだ魚のような目をしており、とてつもない威圧感と静けさをを放っていた・・・

 

生徒会にてーーー

『という次第でした』

そこには生徒会全員(皇を除く)が揃っており、夢子についての話しが行われていた・・・

いろんな言葉が飛び交う中

生徒会長『桃喰 綺羅利』は笑みを浮かべ呟いた

 

                  綺羅利『面白いじゃない』

   『ちょっかい出してみましょうか♡』

一方その頃、夢子と鈴井は・・・

夢子はまだ物足りなくしていた

そんな夢子に鈴井は止めようとするが、夢子の目はギャンブルがしたいと訴えかけるようだった

夢子を止めることはできず

2人はある賭博へ行くことになる

 

『伝統文化研究会』

そこには2人のよく知っている人物がいた

 

 

そこにいたのは・・・

たった今、合計4960万で負けた芽亜里の姿だった・・・

 

〜To Be Continued〜

 

ケグルイ』3話『糸目の女』はこちら(⬇)

『賭ケグルイ』3話 夢子遂に敗北!?ミケ夢子のにゃんにゃんが可愛すぎる!

2017.07.16

感想

 

shade

ということで今回は『賭ケグルイ』2話を紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

やはり夢子のギャンブルに対する執念は異常なまでに狂っていましたね(笑)

もはやこの学園で夢子に勝てる人なんていないのでは?と思いましたが、生徒会長は別格そうでしたね

生徒会長の雰囲気が夢子とそっくりなんですよね〜そこがとても気になるところでもありますが、まだまだ生徒会長と戦うのは先のことだと思うので、期待して待っていましょう!

あと毎回顔芸がやばいですね(笑)完全に笑いを取りに来てるでしょってくらい顔芸挟み込んできますよね

まぁ何はともあれ次回も楽しみです!

それでは最後までご覧いただきありがとうございました!

いつもご覧いただきありがとうございます(*^^*)

『人気ブログランキング』・『ブログ村』・『ブログサークル』

に登録しておりますので面白かった!興味が湧いた!と思ったら

ぜひ下のバナーをクリックしてもらえるととても嬉しいです!

僕のモチベーションに繋がるのでよかったらお願いします!


ゲームランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

原作『ケグルイ』1巻

名門・私立百花王学園。この学園には階級制度が存在する。生徒会を頂点とするこの学校は「ギャンブル」に支配されている。勝てば天国。負ければ地獄。ギャンブル強者は羨望、弱者は被虐のクルった学園。そんな学園に、一人の少女が転校してくる。彼女の名前は蛇喰夢子……。

\ SNSでシェアしよう!/

【この本がスゴい!】shadeが今一番オススメする書籍

お金・時間・場所
「ネットビジネス」こそ唯一
「本当の自由」を手に入れることができる
「自由な人生を手に入れる教科書」

おすすめテーマ『STORK(ストーク)』

究極のモバイルファースト
ブロガー専用テーマ
当ブログでも使っているオススメの
WordPressテーマ『STORK』

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

ブログ運営者:shade アニメ・ゲーム・音楽・ビジネス書籍が好きな20歳。 自由な人生を手に入れるためにネットビジネス始めました。 PC1台でお金を稼ぐための知識・タメになる情報を発信しています。 あなたの考え・意見・感想をもっと”共感”してたくさん”共有”していきたいと思います。 記事を読んだあなたの意見・感想をお聞かせください。 たくさんのコメントお待ちしております(*^^*)