From:shade

ケグルイ』6話

今回は『ケグルイ』6話のギャンブル勝負や物語の内容を考察していきます

毎度毎度『ケグルイ』を見ていて思うことですが、頭おかしいキャラしかいませんね。タイトル通りと言うかなんというか、もう色々と狂っています。しかし、そんな『ケグルイ』が面白くて見ずにはいられない理由、、、それは単純にはっきりと言いたいことを言いたいようにぶちまけてくれるからです。

過激な表現や暴言なほど見ている側からしたら物凄く『スカッ』とした感覚になります。毎度最後に夢子の逆襲がきますが、その時のギャンブル勝負をしている相手の負けるという恐怖心がモロに表情に出ていますね。確かにアドレナリン分泌系アニメと言わざるをえない作品だと思います。

また、何と言っても顔芸が凄い。。。マジで顔が凄すぎる・・・あの時の作画が本当に好きでなりません。

余談をはさみましたが、早速本編に入りましょうーーーーー。

前回の『ケグルイ』5話はこちら(⬇)

『賭ケグルイ』5話 夢子と芽亜里最高のコンビ誕生!イカサマ勝負の行方は!?

2017.07.30

ケグルイ』

<第6話>誘う女

債務整理大集会で大金を手に入れても借金を返そうとしない夢子。彼女は家畜に与えられた特権を使って生徒会長の綺羅莉にギャンブルを申し込もうとする。
しかし夢子に執心する美化委員・生志摩妄が突然現れ、『ESPゲーム』というギャンブルを持ちかける。命賭けのギャンブルを喜々として受ける夢子。彼女の身を案じる鈴井だが……。
一方その頃、借金を返した芽亜里の前に突然綺羅莉が現れる。

TVアニメ『賭ケグルイ』公式サイト

夢子の目的は生徒会との『公式戦』!?

最初に結論から言ってしまうと、、、今回の6話では決着はつかずに終わり次の7話に持ち越しになります。原作を読めば、もう答えがわかってしまうんですがね。。。

今回の6話では、芽亜里がお手洗いを済ますところから始まります・・・

そこに芽亜里が家畜である『ミケ』の時にイジメていた女子生徒たちが来ますが、芽亜里は彼女たちのことを『友達でしょ?』と明るく振る舞いますが、当たり前かと思いますがもちろんそれは『』です。

芽亜里をイジメていた彼女たちが驚くのは無理も無いでしょう・・・なんせ家畜が人間に戻るなんてめったに無いことなのだから。。。要は復活出来ることのほうが凄いということです

この時の僕の心情を言葉で表すと・・・『女ってこえぇ・・・』と思いました・・・

しかし、そんなことは芽亜里にはどうでも良いこと・・・芽亜里の本当の目的は、、、

自分のことをコケにした生徒会への復讐・・・それが芽亜里の目的だった・・・

そんな話を鈴井としていた芽亜里は、夢子について話し出す・・・

芽亜里が鈴井に語ったのは、前回の夢子の借金についてのことだった・・・

前回夢子と芽亜里は、借金返済のためギャンブル勝負をした・・・もちろん2人とも見事に勝利し芽亜里は返済して家畜の『ミケ』から人間へと舞い戻った。

しかし、夢子は違った・・・芽亜里が言うには、債務整理大集会で大金を獲得した夢子だったが、なんと彼女は借金を返してはいなかった・・・夢子の実力ならば借金を返すと思えばスグに返せたはず。。。

しかし、彼女はそれをわざと棒にふったのだ・・・一体夢子の目的とはなんなのか・・・

家畜である『ミケ』の座をあっさり明け渡したくないのか?それとも『ミケ』の特典が欲しいのだろうか?もし後者ならば、、、夢子は本当に狂っている(もう既に狂っている・・・というより最初から狂っていたという方が彼女の性格からして見抜ける

ミケ』の特典・・・よく考えてみると1つの答えが導き出される・・・

そう・・・それは、、、公式戦

つまり、夢子は生徒会に『公式戦』を挑むつもりということになる・・・

これが何を意味するのか・・・考えるだけで怖ろしい・・・

 そのことに気付いた鈴井と芽亜里・・・芽亜里は鈴井が何か夢子から聞いてないか問うが、、、

なぜ、夢子は『公式戦』をしたいのか・・・鈴井が前に夢子が言ったことを思い出す・・・

そう・・・前に夢子は『生徒会長』とギャンブル勝負をしてみたいと言っていたのだ・・・

それが夢子の目的なのか・・・あるいはその先にも何かあるのか・・・

と、そこに夢子が2人の前に現れる

夢子は芽亜里に話があり、前回の借金についての事だった。。。

芽亜里は2億5千万のうち1千万は借金返済のために使っており、残りの分のお金は夢子に明け渡すと言う・・・その理由は至ってシンプルだった。

芽亜里はただ夢子にもう借りを作りたくないからという理由だったのだ。。。

当然といっては当然のこと・・・なんせ芽亜里は今まで夢子絡みの件でに散々ひどい目にあって来たのだから無理も無いだろう・・・というより元々、芽亜里が夢子にちょっかいさえ出さなければこんなことにはならなかっただろうに・・・

そんな3人の会話を遠くから聞いていた人物・・・それを見ていたのは生徒会のメンバーの1人『五十嵐』だった・・・

 生徒会長生志摩目的とは・・・夢子芽亜里に迫りくる

生徒会にて・・・

生徒会は夢子について話していた・・・

それは夢子の人生計画表を取り下げないということだった・・・

そして、それは生徒会長が決めたことだった。

そして会長は、五十嵐に夢子の身辺調査をさせていた・・・すると夢子についてたくさんの情報が集まっていた・・・今現在の夢子の情報は次のように述べられる。

蛇喰夢子の個人情報

  • 蛇喰夢子は現在一人暮らし 
  • 両親は他界しており家族は姉が1人いるのみ  
  • この姉が長期に渡り大学病院の特別病棟に入院  
  • 姉の入院費用は全て夢子が負担している  
  • ある程度の資金がなければ説明がつかない   
  • 出所は今の所不明

といった具合・・・

夢子の意図は簡単・・・生徒会長とのギャンブル勝負

それに反応した生徒会メンバーの1人『生志摩』だった・・・

彼女は生徒会長に夢子が壊されてしまうと思いその場を飛び出していってしまった・・・

 

授業終了後・・・

夢子はやっと授業が終わり待ちきれずにいた・・・

もちろんそれは『公式戦』のことだった・・・

生徒会長に一度負かされたのに、また挑もうとする夢子に鈴井は疑問を浮かべていた・・・

何がそこまで夢子をそうさせるのだろうか・・・?

そんなことを考えていた鈴井だったが・・・期待が溢れて今にも興奮を抑えきれないかのような夢子を見て、考えることをやめる

そして、鈴井は夢子に生徒会室に行けば申し込めると思うといい、案内する・・・

それを見ていた芽亜里・・・

芽亜里は、自分がこれからどうするのかを考えていた・・・

生徒会の作った仕組みで、勝ったの、負けただの・・・いいようにされると思うと頭に血が昇って吐き気がする・・・そんなことを思っていた芽亜里・・・

そんな芽亜里は自分の後ろからただならぬ気配を感じた・・・

 

芽亜里の後ろにいた人物・・・それは紛れもない

『百花王学園生徒会長・桃喰綺羅莉だった・・・

早乙女芽亜里さん・・・良かったらお茶でもどうかしら・・・?2人きりで・・・

一方・・・生徒会室に向かっていた夢子と鈴井の前に現れたのは、、、生徒会メンバーの1人『生志摩』だった・・・

生志摩が夢子の元に来た理由・・・それは3億1千万の借金をまだ夢子が返していないこと・・・

彼女はそれを理由に『美化委員長』として夢子に近づいたのだ・・・

そして・・・夢子の両手に手錠がかけられてしまう・・・

鈴井は手錠をかけられた夢子を見て戸惑うが、生志摩はこう言った・・・

校内のゴミを矯正しあるべき姿に美化する・・・それが美化委員の役割だ

逮捕権限を持つ数少ない組織の1つである美化委員・・・その手を使い夢子は連れて行ってしまわれる・・・

そして鈴井も、ついでに連れて行かされてしまった・・・

 

夢子と鈴井が生志摩に連れてこられたのは美化委員会特別聴取室

生徒会長とギャンブル勝負のため生徒会室へ『公式戦』の申し込みをしに行くつもりだったが、それは美化委員長の生志摩に止められる・・・

生志摩は、もしどうしても生徒会長とギャンブルをしたいのならまずは、先に自分とギャンブルをしろと言ってくる・・・

その『ギャンブル』という言葉に見事夢子は食いついた・・・

やはり夢子は『ギャンブル』にはどうしても逆らえないらしい・・・完全に鈴井も呆れている

というよりも・・・もう手遅れだった・・・

 

生志摩は夢子に向かって

 

あたしとお前は同類・・・スリルに興奮するド変態だ

というが・・・それに対して夢子はド変態などはしたないと言っている割に何やら嬉しそうに頬を赤らめている・・・それを見た鈴井はドン引きしている・・・

本当のド変態と改めてわかったところで先へ進もう・・・

 

けたギャンブル勝負と2人の賭け狂い

生志摩によると、この場所は学園のゴミどもを矯正するために地下に造られた取調施設らしい・・・

そして部屋は2つに分かれており・・・

直接尋問するための『聴取室

別室で観察するための『監視室』に分かれている

どちらも完全防音の密室であり、2つの部屋につなぐのはそれぞれに設置されたカメラモニタ』だけだ・・・そしてこのゲーム・・・

その名もESPゲームと呼ばれるゲームだ・・・

ESPゲーム

ルール

  • 別室にいるディーラーがどうカードを並べるかを予想するという至ってシンプルなゲーム  
  • つまりカード当てゲーム  
  • まずディーラーがカードを好きな順に並べる  
  • ディーラーの手元はモニターを通して見ることが出来る  
  • ディーラーが並び終えたら次はこちら側が並べる  
  • 終わったら3人とも開示  
  • ディーラーの並べ方に合致する枚数の多い方が勝ち  
  • 枚数差がポイントになる

夢子は賭け金をどうするか生志摩に問うが、、、生志摩は金の取り合いには眼中もない・・・

そう彼女の目的はただ1つ・・・命がけのゲームだ

 

ゲームの勝者は勝ち点の分だけ引き金を引くんだよ・・・

 

銃に好きな数の弾を込め弾倉を回す、装填できる弾の数は最大6発

全て込めてもいいし、1発も込めなくてもいい、それは自由

終わったら二丁ともシューターに入れて区別がつかないようにする・・・

勝者がどちらかの銃を選び勝ち点の分だけ相手に向かって引き金を引く

そして、1発でも弾が当たった方が負け・・・

もちろん銃は本物だ・・・

まさに命を賭けたギャンブル・・・ということだ

完全に狂っている・・・

そう言わざるを得ないギャンブルだ・・・

マジどんな学校なんだよ・・・死んでも会長が何とかしてくれるって言うが流石に狂いすぎている・・・

『そういう問題じゃねぇ』・・・と心から叫びたいと思った・・・

頭が完全にイカれてやがるよこの人・・・

鈴井が慌てて帰ろうとしたが、生志摩に止められる・・・

会長もこんなゲームはやらせてくれない・・・もう夢子しかいないと言う生志摩・・・

何でだよ・・・こんなに頼んでるのに・・・

泣くほどやりたいのかよ!!どんだけ頭イカれてんだよ!!

 

反論する鈴井に遂に生志摩が銃口を向けーーーーー。

 

お前邪魔だ

しかし、危機一髪のところで夢子が止める

夢子は完全にギャンブルを受ける気だこの表情を見たらわかるだろう・・・そしてーーーーー。

間違いない・・・この2人はまさに・・・同類

 

一方その頃・・・芽亜里と生徒会長は・・・

ティータイムをしていた・・・(アフターヌーンティーかな・・・)

生徒会長は芽亜里に対し前回の債務整理大集会について振り返っていた・・・

生徒会長によると億単位まで獲ったのは2人が初めてだったという

そして芽亜里に関しては、借金も『ミケ』も返上済み

つまりこれは・・・生徒会が作り上げた『人生計画表』の意味がなくなってしまったことを表す・・・

しかし・・・生徒会長はそんなことはどうでも良かったのだ・・・

芽亜里に話しかけた本当の目的はーーーーー。

 

芽亜里・・・貴方・・・生徒会に入りなさい

再び・・・夢子達

夢子は生志摩に3点の条件を要求する・・・

 

  1. ゲームは最大3セットまで
  2. ディーラーは鈴井がやること
  3. 敗者は勝者に10億円を支払うこと

そんな夢子に生志摩は・・・10億は別に良いという・・・なぜなら彼女はお金には興味が無いから。

そして鈴井がディーラーをすることも構わないという・・・なぜならイカサマと疑っているから。

 

生志摩が唯一気になっていたことは・・・3セットまでという要求だった

つまり彼女は夢子が引き分けを狙っているのではないかと睨んでいた・・・

そこで生志摩は新たにルールを追加する・・・

 

弾を外したら外し多分相手に撃たれる

というルールを・・・

つまり・・・このゲームはどちらかが撃たれることは確実ということだ・・・

鈴井はプレッシャーで夢子が撃たれるところを想像してしまい混乱状態になってしまうが・・・

夢子は鈴井が監視室に行く前に・・・

 

鈴井さん・・・大丈夫ですよ・・・私たちにはあれがあるではありませんか・・・

 

あれが

 

あれをサインにすれば必ず勝てます

夢子の言ったあれとは一体ーーーーー。

鈴井は悩んでいた・・・夢子が言ったあれとは一体なんのことなんのことなんだ・・・ということを

 

そして再び・・・芽亜里と生徒会長・・・

生徒会長は本気で芽亜里を生徒会に入れようとしていた・・・

なんせ『ミケ』の立場から3億1千万をかすめ取ったその手腕を高く評価していたからだ・・・

しかし・・・芽亜里はそれを拒否する・・・

それに対して生徒会長はーーーーー。

 

どうしてかしら?

どうして?ねぇ・・・聞いてるのよ

私・・・貴方のような理解できない人・・・大好きなの

 

を懸けたESPゲーム

鈴井は考えていた・・・

それもそのはず・・・彼は今ディーラーだ・・・

そして決断しカードを並べる・・・

夢子の言ったあれという疑問がまだ残ったままでもあったが・・・

重要なのはサインを送ること・・・そう思った鈴井はーーーーー。

そしてそれを見た2人は、銃に弾を込める・・・

夢子は何発込めたのかわからない・・・

一方の生志摩は・・・6発全てを銃に込める・・・

そして2人は、シューターに銃を入れる・・・

ついに2人はカードを並べる・・・

緊張が走る中・・・鈴井が開示するーーーーー。

そして2人もカードをオープン

 

その結果はーーーーー。

夢子の負け

生志摩は興奮のあまり過呼吸となっている・・・

そして夢子は生志摩に対してこう言ったのだ・・・

生志摩さん・・・その銃の引き金を引くのはお勧めしません

しかし・・・生志摩は何の躊躇いもなく夢子に向け放ったーーーーー。

 

カチッ

 

感想

shade

今回の『ケグルイ』はここまで!

またいいところで終わってしまいましたね!ですが、じらしてくるのが『ケグルイ』の楽しみでもあります・・・次回に向けての期待感やワクワク、ドキドキを残して取っておき・・・待ちきれないという視聴者からの欲望を溜め込ませ、放送日にフルにそれを放出させるということか・・・ぐぬぬ

しかしながらもう、原作を知っているのでもう予想はつきます・・・というよりもう大体の答えを知っています。ですがここでは原作を読んでいない方のためにもしっかりネタバレはせずに控えておきます!ご安心を!!

ということで・・・次回の『ケグルイ』7話に期待を寄せ楽しみに待ちましょう!

 

いつもご覧いただきありがとうございます

『人気ブログランキング』・『ブログ村』・『ブログサークル』

に登録しておりますので面白かった・興味が湧いた・続きが気になる

と思ったら、ぜひ下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです

当ブログの管理者『shade』のモチベーションに繋がるのでよかったらお願いします

ゲームランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

この記事を読んでみて、面白かった・興味が湧いた・続きが気になる、と思ったらTwitterのフォロー・いいね・リツイートお願いします

shadeTwitterアカウントはこちら(⬇)

Twittershade@shade451046

原作が気になる方は『ケグルイ』1巻を読んでみることを勧めます

アニメ版とは違う部分が多いので違った楽しみが味わえます

ぜひ、原作を読んで夢子のように賭け狂いましょう

 

原作『ケグルイ』1巻

 

名門・私立百花王学園。この学園には階級制度が存在する。生徒会を頂点とするこの学校は「ギャンブル」に支配されている。勝てば天国。負ければ地獄。ギャンブル強者は羨望、弱者は被虐のクルった学園。そんな学園に、一人の少女が転校してくる。彼女の名前は蛇喰夢子……

\ SNSでシェアしよう!/

【この本がスゴい!】shadeが今一番オススメする書籍

お金・時間・場所
「ネットビジネス」こそ唯一
「本当の自由」を手に入れることができる
「自由な人生を手に入れる教科書」

おすすめテーマ『STORK(ストーク)』

究極のモバイルファースト
ブロガー専用テーマ
当ブログでも使っているオススメの
WordPressテーマ『STORK』

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

ブログ運営者:shade アニメ・ゲーム・音楽・ビジネス書籍が好きな20歳。 自由な人生を手に入れるためにネットビジネス始めました。 PC1台でお金を稼ぐための知識・タメになる情報を発信しています。 あなたの考え・意見・感想をもっと”共感”してたくさん”共有”していきたいと思います。 記事を読んだあなたの意見・感想をお聞かせください。 たくさんのコメントお待ちしております(*^^*)