どうもこんばんは shadeです!

今回は『賭ケグルイ』3話の内容を紹介していきたいと思います

毎回色んなギャンブル勝負が見れてとても楽しいですが、それよりも顔芸が凄すぎてギャンブル勝負内容があまり頭に入ってこないです(笑)

ということで早速今回の内容を紹介していきます

 

前回の『ケグルイ』2話はこちら!(⬇)

『賭ケグルイ』2話『ダブル神経衰弱』で勝負!夢子の記憶力が凄すぎる!

2017.07.09

 

ケグルイ』

<第3話>糸目の女

家畜からの一発逆転をかけて挑んだギャンブル『生か死か』で、芽亜里は生徒会役員の西洞院百合子に敗北してしまう。その姿を偶然見ていた夢子も、同じギャンブルで百合子と一戦交えることに。追い詰められた芽亜里を標的にする百合子は「人間として下の下」だと夢子が挑発すると、怒りの表情を見せる百合子。
そして白熱する勝負が佳境を迎えたとき、生徒会長の綺羅莉が2人の前に姿を現す。

TVアニメ『賭ケグルイ』公式サイト

物語は、前回1年で生徒会メンバーの『皇 伊月』ダブル神経衰弱』勝負をして、見事逆転勝利を果たした夢子ですが、まだギャンブルをやり足りず鈴井と一緒に放課後に賭場を立てている『伝統文化研究会』に行きましたが、なんとそこでギャンブル勝負をしていたのは夢子に負け、880万の借金を背負ってしまった『早乙女 芽亜里』だった

今回は芽亜里がギャンブル勝負をしているところから始まる・・・

芽亜里…絶体絶命のピンチ!!

夢子と鈴井が新たなギャンブル勝負に向かった『伝統文化研究会』

そこにはギャンブル勝負をしている芽亜里の姿があった・・・

 

しかし、芽亜里はギャンブル勝負で敗北寸前まで追い込まれていた

芽亜里が戦っていた相手、それは生徒会メンバーの1人

『西洞院百合子』だった

2人はか』というギャンブル勝負をしていた・・・

苦戦する芽亜里に対し、余裕の表情をしている西洞院

出目を予測する丁半博打のようなもの・・・技術はあまり関係無いのにどんどん金額の差が広がってしまう

百合子のチップ『168枚』  芽亜里のチップ『32枚』

ほとんど『運』で決まりそうななのに芽亜里の金額だけどんどん無くなってきてしまう

そんなことを思っていた芽亜里はイカサマではないかと疑う・・・

しかしそのイカサマの方法が分からずにいた。だが、ジワジワと『何か』を仕掛けられている・・・そんなことを思っていた芽亜里は賭けに出る

自分の持っている32枚のチップに全てを賭ける芽亜里

勝負に出た芽亜里・・・一発で当てイカサマさせないのが芽亜里の狙いのようだ

芽亜里が賭けた番号は『二、四、八、十六、二十二』の5つ

そのどれかに『剣』が刺さっていたら逆転勝利ができそうだった芽亜里

 

勝負・・・

 

芽亜里『二十二・・・!』

当たったと思ったがそれはではなくの方の刃だった・・・

西洞院『ご愁傷様♡』

判定の結果・・・芽亜里の負け・・・

西洞院のチップを合わせ6枚ベットしていた芽亜里は、30倍、180枚のマイナス・・・

よって1800万!!!!合計4960万の借金!!!!

西洞院『もう・・・用済みですから♡』

芽亜里『あああぁあぁぁぁあっぁぁぁあぁぁぁぁあぁぁぁっぁぁ』

この事実を受け止めきれない芽亜里は大声を荒げ崩れ叫ぶ・・・

芽亜里『上納金を払おうと思えば払えた・・・』

   『でもそれじゃあ私が失った地位は戻ってこない・・・』

   『・・・こんな勝負するんじゃなかった・・・』

   『元の地位を取り戻すなんて夢を見なければ・・・』

   『いや・・・そんなことより・・・』

   『蛇喰夢子・・・この女と関わったのが間違いだった・・・!』

借金が増え絶体絶命まで追い込まれてしまった芽亜里の目は死んでいる・・・

後悔しても、もう遅い・・・夢子に関わらなかった方が良かった

そんなことを言ってますが、関わったことで自分がどれだけ浮かれていたかが身にしみてわかったと思います

自分がやっとクラスの大半を味方につけ奴隷のように扱ってきた・・・しかし突然転校してきた夢子に出会って、夢子のことを気に入らずギャンブル勝負で脅そうとしたが、夢子のギャンブルに対する思いは芽亜里の予想を遥かに超えていた

狂人・・・ギャンブル狂・・・狂って・・・そのくらい夢子はギャンブルに全てを賭けている。一歩でもミスをしたら一生家畜扱いされ人生が詰んでしまう・・・・・

超高額の賭け金をなんの躊躇いもなくたった1回のギャンブル勝負に賭ける・・・

そんな絶望的・危機的状態でも楽しむ快感の持ち主である夢子は、完全に賭けぐるいそのもの

そんな圧倒的な差を見せつけられ夢子に敗北し、クラスメイトからも『ミケ』扱いを受け一気にどん底まで堕ちてしまった芽亜里・・・

その差を埋めようと生徒会に己の全てを賭け勝負した芽亜里だったが、あっけなく敗北していまい、もう後が残されていない・・・

この先、芽亜里はどうなってしまうのかが心配ですが、夢子を見ていると芽亜里を助けそうだなと感じています

なぜなら、夢子は家畜となってしまった人を見捨てたりはしない・・・そんな気がするからです

というのも1話では鈴井が『ポチ』になっており芽亜里に家畜扱いを受けていましたが

どこまでも心優しい鈴井を放っておけない夢子は芽亜里に勝ち、さらに鈴井が借金をしていた500万を夢子がお礼にと渡すほどの器の広さ

夢子は酷いことをする奴らは許せないと思いますが、勝負に負けてしまい家畜となってしまった人は助けると思っています

つまり、現在の芽亜里は完全に敗者ということなので、夢子がそれをサポートしてあげるのではないかと予想しました

これはあくまで予想ですので、まだ確証はありませんがそうなって欲しいと思っています!

まぁ、それは今後の物語が進んでいけばわかることですね!

夢子VS百合子『か』ギャンブル勝負

勝負に負けその場を後にする芽亜里・・・

鈴井は芽亜里が『公式戦』まで迫られていたことに気づいていた

『公式戦』とは?

『公式戦』というのは『家畜』に与えられた唯一の権利のことです

  • 家畜は一度だけ、誰にでもギャンブルを挑む権利がある
  • 賭け金が常識の範囲内なら拒むことは許されない
  • 生徒会は慣例的に公式戦を受けることになっている
  • 家畜から一発逆転を狙った大勝負が行われる

 

公式戦のことを知った夢子は生徒会メンバーである西洞院に勝負を挑まれる

もちろん夢子は嬉しそうに生徒会メンバーである西洞院とのギャンブル勝負をすることになる・・・

それが

 

オリジナルギャンブル勝負 『か』

そして遂に2人のギャンブル勝負が幕を開ける・・・

か』ルール

  • 壺に剣の形を模した10本を入れて盤に振る
  • 盤には番号を付した穴が30箇所空いている
  • 剣がどの穴に刺さるのか予想してチップを賭ける
  • 簡単に言えば『ルーレット』や『丁半博打』のように『出目』を予想するゲーム
  • 但し『か』という特殊なものがある
  • 剣が上向きに刺さった時は『』で倍率30倍
  • 剣が下向きに刺さった時は『』でマイナス30倍
  • つまり相手に30倍支払うことになる
  • 賭け方には決まりがあり、1回ごとに予め勝負で賭けるチップを両者の合意で決める
  • 振り子が壺を振ってから10秒の間にチップを賭けたい目に置く
  • それによりどちらかのチップが0になった時、その差額をもって決着金額となる

ルール説明は以上

 

夢子はこのか』にいきなり賭け金4000万にして勝負を挑みます(笑)

もういきなりとんでもない金額で驚きです・・・本当に狂ってる(ボソッ

夢子は最初にチップ10枚・・・しかもそれはチップ1枚100万なので1000万となります(笑)

夢子は直前まで考えていました・・・

夢子が思ったのは壺がわずかに裾広がりなっていたこと

とすると、物理的に恐らく真ん中の番号に刺さる可能性が高い・・・

そう踏んだ夢子・・・流石頭のキレが違いますね

判定の結果・・・・・

十七の『』!!  三十の『』!!

夢子はハズレ・・・西洞院はあと一つズレていたら当たりというなかなかヒヤッとする結果

なんたって1枚当たれば3000万ですからね

馬鹿げてるほどのギャンブルですねこれは(笑)

しかし夢子はこの程度のお金は惜しくもないと言う

ただギャンブルを楽しむために・・・

たった1回の壺振りで予想を超えた大金が動いてしまうこのゲーム・・・

その感覚がやめられない2人・・・完全に両方狂ってる!!

 

しかし、夢子は西洞院に向かって言い放つ

 

夢子『貴方のやり方は最低ですけれど』

 

夢子は気付いていました先程の『公式戦』ギャンブルをもちかけたのは芽亜里ではなく西洞院だったということを

なぜなら、芽亜里は自身の名誉を回復するために公式戦を挑んだ

しかしそれなら損害の大きいギャンブルをする必要はないからです

弱った人間に希望を与え更なる絶望に叩き込む・・・

まさに闇金融などと同じ手口

 

そして夢子はとんでもない一言を口にする

 

夢子『貴方はギャンブルの強さはどうだか知りませんが』

  『人間としては下の下・・・』

 

  『糞のようなものですね』

糞のようなものは流石に煽りすぎでしょwwwwwwwwww

流石夢子ですね!どんな相手だろうと、どうどうと直接本人に向かって言うんですから(笑)

 

夢子が来ると思っていた数字それは『2,4,10』

なぜこれが来るのかと予想したのかというと

夢子は『言葉遊び』が好きな模様

この数字を選んだのは『西洞院』という文字を数字にしたもので

西  洞  院

にし の とう いん

24  10  in

つまり二、四、十にin(入る)

という意味になります

しかも偶数で数えると間の8,6は抜けている

間が抜けている・・・

夢子『間抜けな名前ってことですね♪』

クッソwwwwwwwwww

夢子煽りおる(笑)これは流石に吹きましたねww夢子ヤバすぎですw

しかし・・・

そんな夢子の挑発にも堪えゲームの続きをしようとする

そして夢子が賭けたのは・・・残り全部40枚!!!!

果たして勝負の行方は・・・・・

 

夢子『西洞院さん・・・先程の言葉お気に障ったのなら謝ります』

  『全部はじめからここに賭けるための出まかせですので・・・』

  『許して下さいね♡』

西洞院『!!!!!』

   『どうして・・・!』

夢子は彼女がイカサマをしていることに気付いていました

その答えはディーラーである方の右手にあります

一見ホクロのようなものがあるが、それは人為的なものであり、ピアスではないかという夢子

このイカサマだけのために会員の手にピアスを通すなんて想像だけで・・・

背筋が凍りつく恐ろしさですね

恐らく剣の中に1本だけ磁石を仕込んである・・・そう推理した夢子

つまり、磁気によって固定できるということ

あとは、壺の側面に手を滑らせると・・・

目的の場所に剣を落とせるというわけです

 

しかし西洞院は反論する

夢子がこの場所に来てから西洞院は1回たりとも剣の位置を当てていない

芽亜里は壺を振ってから賭けた

つまり、西洞院が関与する余地はないことになる

 

それに対し夢子は・・・

 

夢子『このイカサマの良くできているところは』

  『100%勝てるわけではないということです

なぜなら振り子が目的の場所に落とすのはかなりのコントロールが必要

さらに、他の剣が穴を塞いでしまう可能性もある

何より1本しか操作できないのであとの出目は運任せということになる

 

実際の勝率は大した数字にはならない。よって芽亜里もイカサマを見抜けずにいた

不確実なイカサマ・・・

しかし、西洞院はそれで十分だった・・・なぜなら

伝統文化研究会の会長であり、生徒会メンバーでもある彼女にはかなりの大金があったはず

ということは、1回1回のギャンブルに確実な勝利はいらず、相手より少しだけ自分が有利になればいい・・・

そうすれば何十回何百回と賭場でギャンブルが繰り返されようと安定して稼ぎ出すことができてしまう・・・

つまり、このイカサマは西洞院の資金力となる!

 

夢子『私は全財産を賭けているのに不公平です!』

夢子のぷんすこ可愛いですね(*´∀`*)

ギャンブル勝負中とは思えない・・・

 

夢子『同じ痛みを感じましょう?』

  『私のベットは40枚・・・もし判定が生で的中したら貴方の負け分・・・』

  

 夢子『21億7000万円!!!!!

夢子『うふふ・・・たった一度でこれだけうしな失うかもしれない・・・』

  『まさに「か」』

  『さァ・・・賭け狂いましょう!!!!!

決着をつけるため壺を開くようディーラーに向かって言う夢子

 

西洞院の頭の中はパニックを起こしていた・・・夢子の完璧なイカサマ推理

それにより西洞院が抱えているさまざまなことが頭を過ぎっていく・・・

彼女が示談しようとしたその時ーーーーー

 

突如、生徒会長『桃喰綺羅利』達が部屋に入ってきて・・・

綺羅利『お邪魔するわね』

西洞院の顔は真っ青になっており、生徒会長の手はかりるわけにはいかないと言うが・・・

 

綺羅利『いいから黙って聞けよ』

 

圧倒的な威圧感に押し負ける西洞院

 

そして壺を開くーーーーー

ディーラー『勝負!

鈴井『十の「」と七の「」!?』

これにより、西洞院が『生』に5枚的中

 

チップ西洞院『195枚』  夢子『マイナス115枚』

 

西洞院が3億1000万で勝ち!!!!!

 

つまり、夢子の負け・・・・・!!

 

この結果に夢子は『穴熊』だと推測した・・・

夢子『「穴熊」でしょうか・・・』

『穴熊』とは?

夢子によると『穴熊』とは、昔、丁半賭博で用いられたイカサマであり

まず賭場の床に小さな穴を開けておき、その上で博打をする

しかし、白布を引いているので一見わからない・・・

次に、日本家屋は床下にスペースがあります

この床下にイカサマ師が潜みます

ろうそくの火などで白布を透かしてサイコロの目を確認し

出目によっては針をサイコロ目がけて突き刺します

そうして出目を胴元に有利なものに変えてしまう・・・

 

それを生徒会長がやったと夢子は睨んでいた・・・

しかし普通の人ならここまでの発想の範疇にはない

仮に思いついてもやらないだろう

つまり

やるのは狂っている人だけ

 

そして夢子は決意してしまう・・・

 

夢子『私 生徒会長とギャンブルがしたい!』

 

いや〜ホント狂っていますね(笑)生徒会長も十分狂っていると思いますが、夢子はもっとやばいですね〜

 

そんな生徒会長の仕掛けにかかってしまった夢子は遂に勝負に敗れ借金3億を背負ってしまった

 

次の日・・・

 

夢子が教室に行くと・・・机の上は芽亜里の時と同じく悲惨な状態になっていた・・・

それを見た夢子は呆然と立ち尽くしていた・・・

夢子が生徒会メンバーとのギャンブルバトルに負けたことはクラス中に広まっていた

クラスメイトの夢子に対する態度は当然変わっており、『ミケ』として扱われる用になっていた

しかし夢子は・・・

 

夢子『にゃんにゃん♡』

  『ギャンブル中毒の負け猫だにゃん♡』

あ〜これは世の男ならイチコロですね(笑)可愛すぎます(*^^*)

しかしこれは狂っているとしかいいようが言いようがないのでは・・・

 

一方、生徒会では・・・

芽亜里と夢子の『人生計画表』が生徒会長の手に渡っていた・・・

 

〜To Be Continued〜

 

ケグルイ』4話『家畜になった女』はこちら(⬇)

『賭ケグルイ』4話 人生計画表の恐怖...借金返済のため夢子と芽亜里が手を組んで共闘!?

2017.07.23

感想

(名前)

ということで『賭ケグルイ』3話はここで終わりです!

遂に夢子がギャンブル勝負に負けてしまい借金3億という金額を背負ってしまいました

正直、もう無理なんじゃないかと思いましたが、本人は余裕そうですね

『ミケ』になってしまい猫のマネとかしている時点で相当余裕らしいですね(笑)

最後の生徒会長が手にしていた『人生計画表』というものが物凄く嫌な予感しかしませんが

今後の夢子の人生にどう関わってくるのか非常に楽しみです

次回の展開も見逃せないと思うので期待して待っていましょう!

 

いつもご覧いただきありがとうございます(*^^*)

『人気ブログランキング』・『ブログ村』・『ブログサークル』

に登録しておりますので面白かった!興味が湧いた!と思ったら

ぜひ下のバナーをクリックしてもらえるととても嬉しいです!

僕のモチベーションに繋がるのでよかったらお願いします!

 

ゲームランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

原作『ケグルイ』1巻

名門・私立百花王学園。この学園には階級制度が存在する。生徒会を頂点とするこの学校は「ギャンブル」に支配されている。勝てば天国。負ければ地獄。ギャンブル強者は羨望、弱者は被虐のクルった学園。そんな学園に、一人の少女が転校してくる。彼女の名前は蛇喰夢子……。

\ SNSでシェアしよう!/

【この本がスゴい!】shadeが今一番オススメする書籍

お金・時間・場所
「ネットビジネス」こそ唯一
「本当の自由」を手に入れることができる
「自由な人生を手に入れる教科書」

おすすめテーマ『STORK(ストーク)』

究極のモバイルファースト
ブロガー専用テーマ
当ブログでも使っているオススメの
WordPressテーマ『STORK』

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

ブログ運営者:shade

あなたの考え・意見・感想・思ったこと・気持ちなどをもっと”共感”してたくさん”共有”していきたい。たくさんのコメントお待ちしております。