【ブログ限定】ビジネスモデルの作り方:その2「キャンペーン主導モデルの極意」

From:shade

キャンペーン主導モデルの極意

はい、どうもーshadeです!

昨日に続き、今日もビジネスモデル特集です!

昨日の特集を読んでいただけると、さらに面白い内容になっていると思いますので、

まだの方は昨日の記事もチェックしてみてくださいね。

前回の記事はこちら

【ブログ限定】ビジネスモデルの作り方:その1「リストビジネスの極意」

2018.07.02

 

さて、今回は「キャンペーン主導モデル」と銘打っていますが、

わかりやすく言うと、期間限定セールみたいなものです。

昨日の特集のように、見込み客との信頼関係をしっかりと作り上げた状態で、

キャンペーンを打つことができれば、注文が殺到すること請け合いです。

 

さらに、定期的に売れるキャンペーンを作ることができれば、ビジネスは一気に安定します。

このキャンペーンで重要になってくるのが、、、

 

  1. オファー
  2. キャンペーンの理由

 

この2つです。

今回の特集では、この2つを取り上げていきます。

 

1)オファー

オファーが全てと言っても過言ではないほど、オファーは重要です。

なぜなら、「何を、いくらで提供するのか」が、ほとんどすべてを決めてしまうからです。

「じゃあ、オファーを構成するものって何?」

それには大きく分けて3つあります。

 

1つ目は、「価格」

キャンペーンでは、期間限定で割引をすることが多いと思います。

「どれくらい割引すればいいのか?」

というのは商品や業界によって異なってくるので、正解はテストするしかありません。

 

ただし、注意点がひとつ。

「割引のやりすぎは禁物」です。

年がら年中割引をやっているようなお店ってよくありますが、

お客さんから「ずっとセール中だな」と思われると、一気にキャンペーンの威力が激減します。

割引をするなら、明確な意図を持って、慎重にしなければなりません。

しかし、割引せずともキャンペーンの価値を上げる方法があります。

 

それが2つ目、「特典」

キャンペーン期間中だけ特典をつければ、

商品価格を下げることなくお得感をつけることができます。

 

例えば、メガネ屋さんなら予備レンズをつけたり、

整体院なら自分でできるストレッチのパンフレットをつけたり、、、

扱っている商品や知識でいくつでも特典を作ることができると思います。

 

そして3つ目が、「保証」

今では当たり前にある保証ですが、

これがあるのと無いのでは、やはり効果が全然違います。

 

お客さんは保証があれば安心できますし、

「商品に自信があるんだな」と信頼感を生む効果もあります。

ポイントは、あなたの商品の一番の「強み」を保証にすることです。

 

上記の例でいくと、デザインのいいメガネを推しだすなら

「友人にメガネいいねと言われなかったら返金します」といったようにあなたが思う、

自分の商品やサービスの一番の強みを保証できれば、信頼感のある強いオファーになるでしょう。

 

2)キャンペーンの理由

理由のないキャンペーンを続けてしまうと、お客さんから

「そっちの都合だろ」と感じられてしまい、納得感が得られなくなってしまいます。

「じゃあ、どんな理由がいいのか?」

実は、結構なんでもアリです(笑)

 

  • 新商品だから
  • 歳末だから

 

という理由でもいいですし、

 

  • お客さんや自分の誕生日だから
  • 間違って発注してしまったから

 

みたいな理由でも構いません。

(誤発注はあからさまだと炎上するケースがありますがw)

 

大切なのは、どんなキャンペーンでも理由を作るということです。

 

最後に

さて、今回の記事では注文が殺到するキャンペーン主導のビジネスモデルについてお話しました。

ぜひ、この記事やいろんな企業のキャンペーンを参考にして、

売上を爆発させるキャンペーンを立ててみてくださいね。

 

P.S.

明日はいよいよ特集の第3号

「超安定したビジネスを生み出す継続課金ビジネスの極意」をお送りします。

明日の記事もお見逃しなく!!

 

【特集内容のオススメ本:その1】「世界一ずる賢い価格戦略」

価格や特典、保証を組み合わせて最強のオファーを作り上げるなら、この本がオススメです。

➾ 詳細を確認する

 

【特集内容のオススメ本:その2】「ビックリするほどよく売れる超・ぶっとび広告集」

「キャンペーンのアイデアが欲しい…」という方にオススメです。

タイトルどおり、「ゴミ箱を送りつける」というぶっ飛んだ(笑)

キャンペーンのアイデアをいくつも得られます。

➾ 詳細を確認する

 

shade

今回の記事はあなたにとって参考になったでしょうか?

もし役に立つことができたのなら嬉しいです。

この記事を読んだ感想・意見などがございましたら

下のコメント欄にて気軽にコメント下さい。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

P.P.S.

ここまで読んでくれたあなたにプレゼントです!

「shade」が今一番スゴい!と思ってる書籍を紹介しています。

ネットビジネスをやっている方にこそ読んでもらいたい書籍です。

無料ダウンロードして読めるのでぜひ、読んでみてください(*^^*)

http://graspaf.net/l/c/pb9CnT3A/xqoDEncG/

 

P.P.P.S.

「人気ブログランキング」「ブログ村」「ブログサークル」

に登録しておりますので面白かった・続きが気になる

と思ったら、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

当ブログの管理者shadeのモチベーションに繋がります。

 

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

この記事が良かったらTwitterのフォロー・いいね・リツイートお願いします。

shadeTwitterアカウントはこちら(⬇)

shade
Twittershade@shade451046

\ SNSでシェアしよう!/

【この本がスゴい!】shadeが今一番オススメする書籍

お金・時間・場所
「ネットビジネス」こそ唯一
「本当の自由」を手に入れることができる
「自由な人生を手に入れる教科書」

おすすめテーマ『STORK(ストーク)』

究極のモバイルファースト
ブロガー専用テーマ
当ブログでも使っているオススメの
WordPressテーマ『STORK』

2 件のコメント

  • shadeさん、こんにちは。
    企業やお店が実施しているキャンペーンを何度も見た事があります。広告で告知した通りの期間のみキャンペーンを実施する所もあれば年中キャンペーンを実施している所もあります。キャンペーンとして安売りして貰ったり通常よりサービスをして貰えるのは嬉しいですが年中キャンペーンを実施されると買い手としては割安価格が元々の値段なのではと疑いたくなる事がありますね。自分でキャンペーンを実施する立場でいる時は告知の仕方を気を付けなければならないと感じます。

    • こんにちは、しゃんしゃんさん。
      コメントして頂きありがとうございます!

      僕も、キャンペーンとして安売りしているのを見ると、
      割安価格が元々の値段なんじゃないか?と疑うことがありますw
      店を閉める直前の特別価格で安売りしているのとか見ると、
      「いや、それが元々の値段なんでしょ?」って思っちゃいますね。

      ビジネスで気をつけておいてほしいこと、
      それは、「安売り」をする時です。

      自分の商品を持っている方ならなおさら、安売りする時には注意が必要です。
      僕みたいに、「え?なんでこのタイミングで急に値段を一気に安くするの?」と思うお客さんもいると思います。
      そういう人たちのためにも、「なぜ、今、このタイミングで安く売るのか?」
      その理由をちゃんと説明して上げる必要があります。
      そうじゃないと、逆に怪しまれて買ってもらえなくなりますからねw

      お客:結局、売れなかったから安くして売れるようにしただけなんだ・・・

      とか思われたら終わりですw
      そう思われないためにも、値段を下げて商品を売るときは注意しましょう!

      From:shade

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    ブログ運営者:shade アニメ・ゲーム・音楽・ビジネス書籍が好きな20歳。 自由な人生を手に入れるためにネットビジネス始めました。 PC1台でお金を稼ぐための知識・タメになる情報を発信しています。 あなたの考え・意見・感想をもっと”共感”してたくさん”共有”していきたいと思います。 記事を読んだあなたの意見・感想をお聞かせください。 たくさんのコメントお待ちしております(*^^*)