DRMって何?「反応」が全て?DRMの基礎を学ぼう

 

From:shade

どうもshadeです!

今回はDRMについて紹介したいと思います。

前回、「マーケティング」についてお話しましたが今回はその続きとなります。

前回の記事はこちら(⬇)

5分で分かるマーケティングの真実・・・あなたは本当のマーケティングの意味を理解していますか?

2017.09.07

DRMとは何か?

あなたは「DRM」という言葉を聞いたことはありますか?

おそらく、ほとんどの方は耳にしたことすらないのではないでしょうか?

しかし、インターネットビジネスをしている方なら、絶対に知っておかなければいけない言葉です。

なぜなら、DRMはインターネットビジネスに必要不可欠なものだからです。

もし、知らないのなら今日しっかり覚えてから帰っていってください!(それくらい重要です)

 

DRMとは、3つの英単語の頭文字を組み合わせた言葉です。

DRMはダイレクト・レスポンス・マーケティングと呼ばれています。

このダイレクト・レスポンス・マーケティングとは次のような意味になります。

 

「ダイレクト」とは日本語で「直接」という意味

「レスポンス」とは日本語で「反応」という意味

そしてこの2つの言葉の語尾に「マーケティング」という言葉を繋げます。

なので、「ダイレクト・レスポンス・マーケティング」というのは・・・

「直接反応型マーケティング」という意味になります。

 

直接反応型とは?

では、直接反応型とは何なのか?という疑問が出てくると思います。

 

直接反応とは・・・広告宣伝などを通じて、その広告を見た人、あるいは読んだ人から

”何らかの反応”を直接もらい、その人との関係性を築いていく方法のことです。

 

ダイレクト・レスポンス・マーケティングとは、あなたが今、取り組んでいるビジネスにおいて、とても重要なマーケティング手法です。

ダイレクト・レスポンス・マーケティングの最大のメリットを挙げるとすれば、、、

費用対効果が明確だということです。

これはどういうことかというと、広告費がいくらかかったか、いくら売れたのかといことを明確にできるということです。つまり、きちんとした計測ができるということです。

なんでもいいのですが、例えば、あなたが自社の商品をダイレクト・メール(DM)で送ります。

内容はこのダイレクト・メールをお持ちいただいた方には〇〇をサービスします」といった内容を送ったとします。そうすると、そのダイレクト・メールをもったお客さんが来店してきます。

また、ダイレクト・メールにクーポン番号を貼り付けておくというのもありでしょう。どちらでも構いません。

そしてご注文の際にクーポン番号を言って下さい」といったようにすると、どのダイレクト・メールから反応があったのかがすぐ分かるというわけです。

また、媒体がインターネットの場合だともっと簡単です。

なぜなら・・・1つの広告媒体から何個売れたのかということが計測できるソフトはこのインターネット上にはたくさんあるからです。

なので、インターネットというものはダイレクト・レスポンス・マーケティングが非常に利用しやすいメディアということになります。

 

DRMは費用対効果が抜群

では、費用対効果をしっかり計測できると、どんなメリットが生まれるかというと、、、

例えば、ダイレクト・メールの文章を変えてみたとします・・・

するとどうなるのかというと、文章を変えてみると、売上がどのように変化するのかということを計測できます。つまり、これはテストということです。

ではなぜ、テストをするのかというと、結果というものはテストをしてみなければ分からないからです。

 

このテストの結果次第で改善しなければいけないのか?

それとも現状を維持していくのか?

 

ということがハッキリ分かるからです。

また、同じ文章であっても掲載するメディアごとに反応が全然違ってくるので、その反応次第で、より良いメディアを選ぶという選択肢ができるということです。

 

 

つまりDRMは、何がよくて、何が悪いのかということをすべてデータ化して表すことができるというわけです。

これが、DRMの最大のメリットということです。

なぜ、DRMがこんなにも必要不可欠なのかということを今回は分かっていただけたかと思います。

 

ネットビジネスではDRMがカギになる

これはどういうことなのかというと・・・

まずこれは、広告に関係しています。

インターネット上での広告には、他にはないある特徴があります。

それは、結果がすぐに出るという大きな特徴です。

リアルでは、すぐに結果はでませんよね?しかし、インターネット上だと話は別です。

ほぼリアルタイムで計測することができるので、他の媒体にはない強力な特徴というわけです。

あらゆるものを計測できるので、顧客の動きを明確に知ることができてしまいます。

 

 

今、顧客がどのページを見ているのか、どの部分に注目しているのか、という細かい部分まで知ることができます。つまり、結果が一目瞭然というわけですね。

なので、インターネットビジネスをしている方は、絶対にDRMを覚えなければいけません。これはとても重要な事であり、これを知っているかいないかですべてが決まると言っても過言ではないです。

もし、あなたがダイレクト・レスポンス・マーケティングの基礎知識を知らないのだとしたら、インターネット上でのビジネスはとても厳しいし、時間がかかるし、たくさん失敗してしまうことでしょう。いや、もしかしたらすでに失敗を経験されているかもしれません・・・

あなたが今、どうすればいいのか分からないという現状に立たされているのであれば・・・

ダイレクト・レスポンス・マーケティングを理解していないか、知らないかの2択になるということです。

 

 

実際にネットビジネスではこのような人たちがいました・・・

インターネット上でビジネスを展開されている方の中には、一発屋」と呼ばれる人たちがいます。

これは、その商品だけ一瞬ものすごく売れますが、それっきりでその先は全く売れなくなってしまったという方です。

これは事実であり、これが何回も続いてしまってビジネスを畳んでしまったという方があとを絶ちません。何かを検索した時に、その検索結果に出たページを開いてみてエラーが出てしまった場合、それこそまさに、一発屋」だった方というわけです。

それだけインターネットビジネスでは、ダイレクト・レスポンス・マーケティングは大切だということを理解してください。

今回は、それをあなたに伝えることができたのでよかったです。


shade

いかがだったでしょうか?

DRM(ダイレクト・レスポンス・マーケティング)は大切なのでぜひ覚えて下さいね!

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!

また次回、お会いしましょう!

次回の記事はこちら(⬇)

「DRMの基礎」フロントエンドとバックエンドって何?

2017.09.15

\ SNSでシェアしよう!/

【この本がスゴい!】shadeが今一番オススメする書籍

お金・時間・場所
「ネットビジネス」こそ唯一
「本当の自由」を手に入れることができる
「自由な人生を手に入れる教科書」

おすすめテーマ『STORK(ストーク)』

究極のモバイルファースト
ブロガー専用テーマ
当ブログでも使っているオススメの
WordPressテーマ『STORK』

2 件のコメント

  • お早うございます。マーケティングについてのブログから引き続き法本させて頂きました。
    DRMは何回か聞いたことがありますが本当の意味はブログを読ませて貰って初めて知りました。
    アフィリエイトをやり始めた自分としては費用対効果が明確になるという事で知っておかなければならない事ばかりで勉強になりました。またブログ訪問させていただきます。

    • こんにちは しゃんしゃんさん。
      記事を読んで頂きありがとうございます!
      1日に3回も各記事にコメントして頂き本当にありがとうございます!とても嬉しいです(*^^*)
      そうですね、ダイレクト・レスポンス・マーケティングというのは、ネットビジネスをやられている方には特に重要ですね。
      なんたって、ネット上でビジネスを展開しているのでお客さんの顔が見えないわけです。
      そのため「反応」というものが一番重要になってきます。
      なぜなら、反応があるということは、それを見てくれたということを指すからです。
      なのでまず取るべき行動、やるべきことは、お客さんにどれだけ注目してもらえるかですね。
      それによってビジネスが大きく変わってくると思います。
      他にも、ネットビジネスでためになる情報を見つけたら紹介していきたいと思うので、またいつでも時間がある時にお越しください!

      From:shade

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    ブログ運営者:shade アニメ・ゲーム・音楽・ビジネス書籍が好きな20歳。 自由な人生を手に入れるためにネットビジネス始めました。 PC1台でお金を稼ぐための知識・タメになる情報を発信しています。 あなたの考え・意見・感想をもっと”共感”してたくさん”共有”していきたいと思います。 記事を読んだあなたの意見・感想をお聞かせください。 たくさんのコメントお待ちしております(*^^*)