あなたのビッグ・アイデアを発見するために必要な3つのポイント

From:shade

Q:あなたは自分のビッグ・アイデアを持っていますか?

ビッグ・アイデアとは何か?

あなたは「ビッグ・アイデア」という言葉を聞いたことはありますか?

このビッグ・アイデアという言葉はビジネスやセールスライターの世界ではよく聞く言葉です。

もしあなたがセールスライターをしているならビッグ・アイデアという言葉を聞いたことがあるでしょう。

しかし、ビジネスやセールスライターを始めたばかりの初心者なら聞いたことが無いかもしれません。

もしくは、現在ビジネスをやっている人、長年ビジネスをやっている経験者・熟練者の方でも、もしかしたらビッグ・アイデアというものをしっかり理解していないかもしれません。

なのでまずは、ビッグ・アイデアについてお話していきたいと思います。

 

まず、例を挙げて説明します。

次の2種類の言葉を見て、あなたがより興味が湧くのはどちらでしょうか。

 

  1. アフィリエイトで簡単に稼ぐための方法
  2. あなたがアフィリエイトで稼げない3つの理由と1つの真実

 

どうでしょう。

この2つの例を見てあなたはどう思いましたか?

あなたならどちらに興味を引かれますか?

おそらく、多くの人は「2」「あなたがアフィリエイトで稼げない3つの理由と1つの真実」の方に興味を持つのではないでしょうか?

両方とも「アフィリエイト」に関するコピーです。

しかし、読者を引きつける力は全然違いますよね。

このコピーを見て次に続く文章を見てみたい・気になるといった感情やパワーが全くもって違うというわけです。

このように・・・

 

どうやって見込み客を引きつけられるか?

 

このようなアイデアのことを・・・

 

”ビッグ・アイデア”

 

といいます。つまり、、、

 

  • 物事を伝えるためのアイデア
  • いかに相手(読み手)に話を聞いてもらえるかのアイデア

 

 

これがセールスライティングで言う「ビッグ・アイデア」というものです。

 

また、

  • 売り込みのメッセージをいかに魅力的に伝えることができるか?
  • いかに興味を持って聞いてくれるか?
  • いかに多くの人にそのメッセージを届けられるか?

 

そのアイデアが「ビッグ・アイデア」ということです。

 

実は誰でも「ビッグ・アイデア」を持っている?

あなたは意外と思うかもしれませんがこれは1つの真実です。

そのことについてお話します。

それは、

 

”人は誰しも商品を作るためのビッグ・アイデアを持っている”

 

ということです。

正確には、単に商品ではなく「デジタル商品」を作るためのビッグ・アイデアを持っているということです。

あなたは気づいていなかったっかもしれませんが、これは他人のためになる情報なんです。

人は誰でも知識と技能を持っています。

これは、自分自身の人生で得た経験から、独自の教育コンテンツを生み出し、それを収入に繋げることができます。

では「デジタル商品」とは一体なんなのでしょうか?

今の時代、インターネットで検索して色んなものを見渡してみたら、こんなものを見かけませんか?

 

  • 電子書籍
  • オーディオブック
  • ウェブセミナー
  • インタビュー映像
  • ビデオ・コース

 

これらのものがよく売られています。

これが「デジタル商品」と呼ばれるものです。

つまり、デジタル商品というのはあなた独自の知識・経験を「情報」として売っています。

では、ネットで有名な講師の方や著名人に”共通”していることは何なのでしょうか?

その答えは簡単です。

そう、「デジタル商品」を提供しているんです。

よく考えてみて下さい。

あなたの周りを見渡してみれば、この3つがあるということに気づくのではないでしょうか?

 

  1. オンラインで情報を探して、そこで見つけた知識・経験・情報(文字・動画・音声)を入手して、それを自分のビジネスに使っている。
  2. そして、そのことに費やしている時間・労力がどんどん増えてしまっている。
  3. それに費やす”お金”がどんどん増えてしまっているという事実。

 

僕は、iPhoneを持っていますが、これまで、iPhoneやiPadの売り上げはすでに世界で10億人を突破していると言われています。

では、これらのものは何のために使われているんでしょうか?

それは、電子書籍を読んだり、オーディオを聴いたり、ウェブセミナーを見たり、オンライン・コースに参加したりするために使われており、それがどんどん増えてきています。

では、その電子書籍やウェブセミナー・ビデオ・コースなどのデジタル商品を使って成功しているのはどういう人たちでしょうか?一体誰なんでしょうか?

それは、

 

”自分からノウハウを学んだ、一般人です”

 

天才でも、頭の良い人たちでもありません。ごく一般の人たちが成功を収めています。

なので、誰でもデジタル商品というものは作れると思っています。

なぜなら、自分の知識を必要としてくれている他の人たちにシェアすることで価値があるとみなされるからです。つまり、あなたが自身が持っている知識を価値がある形にして提供することさえできれば、そのデジタル商品を売ることができるということです。

では、それを考え、行動し、実行に移すためには何が必要なんでしょうか?

その答えはもうすでに出ているはずです。

そう、、、

 

”ビッグ・アイデアです”

 

あなたの商品を売るためにはアイデアが必要です。

アイデアというのは、言ってしまえば「種」のようなものです。

商品を育てるための種であり、あなたの人生の経験で得たもののうち、最も重要で価値のある部分をシェアしていくことにより、その種は育ち、最終的には花となって開花するわけです。

また、アイデアとは、あなた自身が自分のデジタル商品を作り上げるための原動力そのものであり、その結果、あなたのデジタル商品が生まれ、オンラインでのビジネスを構築するものです。

そのために、あなたはビッグ・アイデアを持っている必要があるということです。

 

あなたのニッチを特定するための3つの質問

質問1:「あなたのターゲットとなる顧客はあなたの商品を買う気がありますか?」

まず、ニーズ(必要なもの)を抱えていて、購買意欲が高い見込み客を特定する必要があります。

なぜなら、買う気がない人にあなたの商品を売るということはとても難しいことだからです。

なのでまず、買う気があるグループを見極める必要があるということです。

あなたが今売りたい商品を買う可能性のあるグループの人たちをメモ帳やノートなどに書いてみて下さい。

 

質問2:「あなたのターゲットとなる顧客は”解決策”を探していますか?」

次に、あなたの商品を買う気になっている見込み客のグループの中からさらに絞って、あなたの扱っている情報・解決策を探している人たちを見つけ出す必要があります。

つまり、本当にあなたを探している人を探さなければいけないということです。

あなたのニッチ市場でその人たちが求めている情報・解決策を探していることを探すための手段として、検索エンジン(YahooやGoogle)でそのキーワードとなるものを検索して、どのくらいサイトが出てくるのかを確認してみるのが良いでしょう。

そして、彼らが探し求めている情報・解決策を書き出してみて下さい。

 

質問3:「あなたがターゲットとなる顧客は”最良の解決方法”を見つけるために苦労していませんか?」

 あなたの商品を買う気があり、解決策を探しているグループを特定することができたら、最後は、”最良の解決方法”を伝えてあげなくてはいけません。

一つ例を挙げます。

 

あなたは〇〇での最も適切な解決方法を見つけることはできていますか?

 

こんな質問を投げかけてみて下さい。〇〇に入るのはあなたのニッチの部分です。

またこれに似たような質問ならなんでも構いません。

質問1と質問2で、適切な答えを出すことができていれば、あなたはすでに自分のニッチ市場を見つけることができています。しっかり見極めることができているでしょう。

あなたの商品を買う気のある人たちが現在手に入れているデジタル商品よりも価値の高い商品を、あなたは自分の知識・経験を活かして作り出すことが可能になっているはずです。

あなたの提供する情報が、現在の市場にあるどの情報よりも優れていて、その価値が高いんだということを証明し伝えてください。

 

あなたの「ビッグ・アイデア」

あなたのビッグ・アイデアとは、

ごく普通の人たち、いわゆる一般の人たちがすでに探しているようなデジタル商品、

その人たちがすでに買う気になっているデジタル商品を作り出すためのアイデアです。

これを探し出すためには「3つの円」が交わる場所を探す必要があります。

 

1.「あなたが得意なこと」

2.「あなたのニッチ市場」

3.「積み上げてきた経験・知識」

 


この「3つの円」を一つ一つ説明していきます。

 

1.「あなたが得意なこと」というのは、あなたの”強み”です。

ここで注意しておきたいことがあります。

これは、あなたが”好きなこと”ではありません。”得意なこと”です。

 

2.「あなたのニッチ市場」というのは、そのままの意味です。

1.「あなたが得意なこと」=2.「あなたのニッチ市場」

ニッチ市場:「ニッチ」とは「隙間」という意味。

つまり「ニッチ市場」を直訳すれば「隙間市場」ということ。

具体的には、大企業が参入していないような市場で、小さな市場のこと。

 

 

3.「積み上げてきた経験・知識」というのは文字通りの意味です。

あなたが今まで経験してきたこと・学んできた知識を活かすということです。

 

この3つが交わるところがあなたのビッグ・アイデアです。

あなたのビッグ・アイデアが見つかったらそれがあなたの

デジタル商品の核(コア)になります。

 

shade

今回の記事はあなたにとって参考になったでしょうか?

もし役に立つことができたのなら嬉しいです。

この記事を読んだ感想・意見などがございましたら

下のコメント欄にて気軽にコメント下さい。

賛成意見・反対意見・その他の意見・感想をお待ちしております。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました!

また次回お会いしましょう!

 

この記事が良かったらTwitterのフォロー・いいね・リツイートお願いします。

shadeTwitterアカウントはこちら(⬇)

shade
Twittershade@shade451046
この記事の続きはこちら(⬇)

あなたのビッグ・アイデアをデジタル商品に変える方法

2017.10.21

\ SNSでシェアしよう!/

【この本がスゴい!】shadeが今一番オススメする書籍

お金・時間・場所
「ネットビジネス」こそ唯一
「本当の自由」を手に入れることができる
「自由な人生を手に入れる教科書」

おすすめテーマ『STORK(ストーク)』

究極のモバイルファースト
ブロガー専用テーマ
当ブログでも使っているオススメの
WordPressテーマ『STORK』

4 件のコメント

  • こんにちは。いつも勉強させていただいています。
    ビックアイディア初めて聞きました!
    私にもビッグアイディア浮かぶかな?
    次回気になります。楽しみにしていますね。

    • こんにちは まるいさん。
      記事を読んで頂きありがとうございます!
      実はビッグ・アイデアというのは誰でも持っています。ただそれを見つけることができていないだけなんです。
      ビッグ・アイデアを見つけるためには3つのポイントがあるということをお話しましたね。
      1.「あなたが得意なこと」 2.「あなたのニッチ市場」 3.「積み上げてきた経験・知識」
      まずは、これを見つけてみることから始めてみて下さい。
      まるいさんの隠れていたビッグ・アイデアが見つかるはずですよ!

      From:shade

  • こんばんは。
    ビッグ・アイデアという言葉初めて拝見しました。
    ビッグ・アイデアを見つけるために必要な3つのポイントの内、今のところ良くても積み上げた経験・知識だけで他の2つを見つけるには難しいですが何とか見つけられるように意識して努力します。
    いつも貴重な情報提供ありがとうございます。

    • おはようございます しゃんしゃんさん。
      コメントして頂きありがとうございます!
      ビッグ・アイデアを見つけるためには3つ事が必要になってきます。
      1.得意なこと 2.ニッチ市場 3.経験・知識
      それらが交差した部分がビッグ・アイデアとなります。
      しゃんしゃんさんの場合だと、自分の得意なこと、ニッチ市場を見つけられていないので
      まずはそれを見つけてみてください。
      そうすることで、やるべきことがわかるかと思います!

      From:shade

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    ブログ運営者:shade アニメ・ゲーム・音楽・ビジネス書籍が好きな20歳。 自由な人生を手に入れるためにネットビジネス始めました。 PC1台でお金を稼ぐための知識・タメになる情報を発信しています。 あなたの考え・意見・感想をもっと”共感”してたくさん”共有”していきたいと思います。 記事を読んだあなたの意見・感想をお聞かせください。 たくさんのコメントお待ちしております(*^^*)