『Battlefield V』公式発表トレーラーに多くの不評!?「ゲームにリアルを求めるか、楽しさを求めるか」

From:shade

前線で活躍する女性兵士の存在に「これは第二次世界大戦ではない」

はい、どうもーshadeです!

 

いやぁー・・・

ついに、ついに、、ついに、、、この時がやってきましたね!!

 

2018年5月23日、『Battlefield V』の初公開公式トレーラー発表

 

公式トレーラーが発表された時は、僕も

「うぉぉぉぉぉ!!!!!ついにBF5キタァァァァァ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!!!!!!」

と声を上げて喜びました(笑)

 

なんせずっとこの時を待ってましたからね・・・!!

興奮せずにはいられなくて当然です!!

 

待ちに待ったBF5が発表されるこの瞬間を!!!!!

(いや、どんだけテンション↑↑↑高いんだよお前w)

 

きっとこれはBFファンも待ち望んでいたのでは・・・!?と思って

YouTubeのバトルフィールド公式チャンネルでコメント欄を見てみると・・・

 

「あれ・・・?なんか想像してたよりも不評が多いな・・・なんで?」

どうも一部ファンの反応が芳しくない・・・一体なぜ??

 

YouTubeに投稿された『Battlefield V』公式発表トレーラーには、

本稿執筆時点で25万件以上の評価が投じられ、その内の半数近くが不評としている状況でした。

 

主な原因となっていたのは、前線で活躍する女性兵士の存在。

 

「これは第二次世界大戦ではない」

 

BFファンをはじめ、YouTubeのコメント欄、他さまざまなコミュニティサイトでも、

この『Battlefield V』公式トレーラーに対する不満・不評がトピックとして取り上げられています。

 

それぞれ指摘している部分はさまざまあるものの、

根底に共通してあるのは「これは私が求めていた第二次世界大戦ゲームではない」という主張です。

 

その象徴として取り上げられている要素のひとつは、映像の中に登場する女性兵士の存在。

冒頭の家屋に突入する場面から最後のシーンまで幾度も登場し、

4人分隊の一員という以上の存在感を放っていました。

 

BFというと、なんと言っても「第二次世界大戦」をテーマにするゲームとして、人気を誇っていました。

しかし、これまでに描かれることのなかった戦線を取り上げる中で、女性兵士の活躍も描くことに・・・

 

その姿勢は、本作のパッケージにも使用されている

キービジュアル(下の画像)のメインに女性兵士をあてていることからもうかがえます。

ただ、このトレーラーは実際のゲームプレイ映像ではありません。

イギリス軍とドイツ軍とのマルチプレイをイメージしたものであり、

喋っている言葉からも、この女性兵士はイギリス軍側に所属していることが分かります。

しかし、第二次世界大戦当時のイギリス軍女性部隊は前線に立つことはなかったため、

トレーラーで描かれたような表現は史実に反している、というのが不満をあらわにするファン側の主張。

この分隊のほかのキャラクターについても、時代にそぐわないという意見が多かったです。

 

「バトルフィールド 5」公式発表トレーラー

この他にも、ファンからの不満・不評の意見が多くありました。

 

  • 義手を付けた女性兵士がクリケットのバットで敵を殴っていたり、、、
  • 同じ分隊の男性兵士が日本刀のような武器を背中に抱えていたり、、、

 

・・・など、

“ありえない”状況は指摘するときりがありません。

 

ただ、僕が思うに、おそらくこれは制作側が仕組んだ意図された演出でしょう。

だって追い求めているのは「リアル感」ではなく、”ゲーム”としての「楽しさ」ですから。

 

本作では、キャラクターのカスタマイズが可能で、装備や見た目を自由に変更できるようになりました。

さらに、コスメティックアイテムを報酬として獲得したり、お金で購入することも可能になりました。

 

また、新要素として、4人分隊での協力プレイミッションも本作で解禁。

映像ではこういった要素を凝縮して紹介する目的があったと考えられ、

新作ゲームのトレーラーとしては一般的な手法だと考えられます。

 

とはいえ、その映像に数多くの不評が集まっているのがどうしようもない現状です。。。

それはひとえにEA側( Electronic Arts:エレクトロニック・アーツ)の狙いと、

一部のファンの期待の食い違いでしょう。

 

「バトルフィールド 1」正式発表トレーラー

ファンの議論の中では、

前作『バトルフィールド 1』の発表トレーラーの方が遥かに素晴らしかった、

と振り返るコメントも多く見られました。

 

それは第一次世界大戦の雰囲気をうまく表現していたというだけではなく、

過酷な戦場をこれといってないほどのクオリティで表現し、

ダークで重厚なトーンで描いたことも評価のポイントだったようで。

 

開発元のDICE(EA Digital Illusions CE:ディジタル・イリュージョンズ・クリエイティブ・エンタテインメント)

は今回のイベントにて、『Battlefield V』では「これまでにない没入感で第二次世界大戦の戦場を体験できる」

とコメントしましたが、その後で披露された映像が、前述した史実と異なる要素に加え、

派手なアクションが中心だったことでファンにチグハグな印象を与えてしまい、

「これは第二次世界大戦ではない」という批判に繋がってしまったんだと思います。

 

大切なのは「リアル感」ではなく、ゲームとしての「楽しさ」

そもそも、ゲームにおいて、実際の出来事をどれだけリアルに描いたものであっても、

何かしら事実とは異なる点が存在することは当たり前のことで、

それは今回不満を漏らしているファンも理解している内心では気づいているはずです。

 

ただ今回の場合、『バトルフィールド』シリーズが第二次世界大戦に回帰し、

その映像が初披露されるとあってファンの期待がピーク(最高潮)に達していました。

そのため、本作の第一印象をもたらすこの重要な場面で、

“第二次世界大戦要素が薄い”映像を公開するということを踏まえて考えると、

「果たしてベストな選択だったのか?」というのは議論の余地がありそうですね・・・

 

最後に

もちろん、EAおよびDICEはそういった期待を承知の上で、

「ゲームの体験の歴史が変わる」というスローガンのもと、

”あえて”今回の新要素の映像を先にファンに示す価値があると判断した可能性は大いにあります。

 

新たな施策の中には、プレミアムパスやバトルパック(ルートボックス)の廃止といった、

プレイヤー目線に立った変更もあり、

また、イベントではキャンペーンモードについてはあまり多くは語られなかったため、

本作ではファンも納得の第二次世界大戦を堪能できるかもしれませんね(*´艸`*)

 

ゲームのさらなる詳細は、

E3(Electronic Entertainment Expo:エレクトロニック エンターテイメント エキスポ)および、

その直前に開催されるイベント「EA PLAY」などで明らかにされていくことでしょう。

 

『Battlefield V』は、PC / PlayStation 4 / Xbox One向けに10月19日発売予定!

 

P.S.

個人的な意見・感想でしたがいかがだったでしょうか?

僕は、非常に楽しみです(*^^*)

正直、発売日まで待ちきれません!!(笑)

 

shade

今回の記事はあなたにとって参考になったでしょうか?

もし役に立つことができたのなら嬉しいです。

この記事を読んだ感想・意見などがございましたら

下のコメント欄にて気軽にコメント下さい。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

P.P.S.

ここまで読んでくれたあなたにプレゼントです!

「shade」が今一番スゴい!と思ってる書籍を紹介しています。

ネットビジネスをやっている方にこそ読んでもらいたい書籍です。

無料ダウンロードして読めるのでぜひ、読んでみてください(*^^*)

http://graspaf.net/l/c/pb9CnT3A/xqoDEncG/

 

P.P.P.S.

「人気ブログランキング」「ブログ村」「ブログサークル」

に登録しておりますので面白かった・続きが気になる

と思ったら、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

当ブログの管理者shadeのモチベーションに繋がります。

 

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

この記事が良かったらTwitterのフォロー・いいね・リツイートお願いします。

shadeTwitterアカウントはこちら(⬇)

shade
Twittershade@shade451046

\ SNSでシェアしよう!/

【この本がスゴい!】shadeが今一番オススメする書籍

お金・時間・場所
「ネットビジネス」こそ唯一
「本当の自由」を手に入れることができる
「自由な人生を手に入れる教科書」

おすすめテーマ『STORK(ストーク)』

究極のモバイルファースト
ブロガー専用テーマ
当ブログでも使っているオススメの
WordPressテーマ『STORK』

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

ブログ運営者:shade アニメ・ゲーム・音楽・ビジネス書籍が好きな20歳。 自由な人生を手に入れるためにネットビジネス始めました。 PC1台でお金を稼ぐための知識・タメになる情報を発信しています。 あなたの考え・意見・感想をもっと”共感”してたくさん”共有”していきたいと思います。 記事を読んだあなたの意見・感想をお聞かせください。 たくさんのコメントお待ちしております(*^^*)