From:shade

彼女はまだ知らない、「愛してる」の意味を。

ヴァイオレット・エヴァーガーデン

V I O L E T E V E R G A R D E N

第1話「愛してる」と自動手記人形

感情を持たない一人の少女がいた。
彼女の名は、ヴァイオレット・エヴァーガーデン。
戦火の中で、大切な人から告げられた言葉の意味を探している。

戦争が終わり、彼女が出会った仕事は誰かの想いを言葉にして届けること。

――戦争で生き延びた、たった一人の兄弟への手紙
――都会で働き始めた娘から故郷の両親への手紙
――飾らないありのままの恋心をつづった手紙
――去りゆく者から残される者への最期の手紙

手紙に込められたいくつもの想いは、ヴァイオレットの心に愛を刻んでいく。
これは、感情を持たない一人の少女が愛を知るまでの物語。

TVアニメ「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」公式サイト

補足説明:「ヴァイオレット」の意味

「ヴァイオレット(Violet )」とは「菫(スミレ)の花」を意味します。

「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」は、おそらく紫色のスミレだと思われます。

なぜなら「愛」がテーマとなっており、

その中でも紫色のスミレの花言葉「愛」を意味するからです。

また、スミレ全般の花言葉は、「謙虚」「誠実」「小さな幸せ」を意味します。

Main:ストーリー・キャラクター・考察・感想

【ヴァイオレット・エヴァーガーデン】 第1話「愛してる」と自動手記人形

最後までお楽しみください。

 

自動手記人形「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」

 ギルベルト「どうした?」

ヴァイオレット「少佐の瞳があります・・・少佐の瞳と同じ色です」

もう既に作画がすごい綺麗・・・映画みたいですね(笑)

これが京アニの本気か・・・!!おそろしい・・・!!

それにヴァイオレットがめっちゃ可愛い(*´ω`*)

しかし、ギルベルト少佐のこの表情・・・複雑な感じがしますね・・・

ヴァイオレット「これを見た時の・・・こういうの・・・」

「なんと言うのでしょう?」

それは「恋」ですね・・・

やはり自動手記人形だから、「感情」が欠けているようですね。

ギルベルト少佐にとっては辛いでしょうね・・・

( ゚д゚)ハッ!・・・なんだ夢か・・・って感じですね(笑)

ていうか肌白!!というよりも体がボロボロの少女がそこにいた・・・

ヴァイオレット「ギルベルト少佐、本日入院120日目」

「体力はほぼ回復、動作に多少支障あるも任務の遂行は可能。速やかに職務への復帰を——」

めっちゃ書きにくそう・・・手がプルプルしとる・・・というか「任務」とは?

あっ・・・風で書きかけの手紙がぁ・・・

これよくあるやつですね!手紙が飛んで行くっていうね(笑)

そしてめっちゃ飛んでいくっていうね(笑)

この表現はアニメでしか無理ですね(笑)

飛距離がヤバいw隣の街とかまで飛んでますからねw

普通ならあり得ない飛距離なのに・・・(笑)

はい、そしてタイトル「ドーン!!」

もうお決まりの演出ですなwww

それにしても京アニの本気・・・すげぇ・・・!(素)

 

優しい嘘

クラウディア:その少女の存在は密かに隠されていた

だがその少女を知る者は彼女を武器だと言った

命令すれば戦う、人の形を模しているだけの心を持たない・・・ただの道具だと

突然の子安さん(笑)「クラウディア」CV:子安武人

クラウディア「ヴァイオレットちゃん!」

「大丈夫?怪我はない?」

あっ・・・「ヴァイオレットちゃん」って呼ぶんですね。

「怪我はない?」もう既に怪我してます(困惑)

ヴァイオレット「・・・少佐は?ギルベルト少佐は?」

クラウディア「アイツは・・・来てない」

ヴァイオレット「どちらにいらっしゃるのですか?ご実家に戻られているのでしょうか?」

「少佐のお怪我の具合は・・・少佐も重症を負われたはずです」

「生きて・・・いらっしゃるのですか?少佐は・・・」

クラウディア「アイツは・・・」

自分よりも少佐の心配をするヴァイオレットちゃん・・・(´;ω;`)

少佐のことが大好きなんでしょうね・・・だけど・・・少佐は・・・

(少佐が死んでそうな感じがするのは気のせいでしょうか・・・)

「貴女の退院の許可が出たの、ホッジンズ中佐はわざわざ迎えに来て下さったのよ」

クラウディア「まぁ・・・そういうこと」

ヴァイオレット「失礼致しました、ホッジンズ中佐」

敬礼が可愛すぎるんだが(*´ω`*)

クラウディア「ヴァイオレットちゃん、楽にして」

ヴァイオレット「中佐のことを失念しておりました。申し訳ございません」

クラウディア「良いんだよ。さ、座るんだ」

クラウディア「というか・・・俺のこと覚えてくれてたんだね」

ヴァイオレット「訓練施設の際と決戦前夜の2回、お会いしました」

クラウディア「うん、そうだね」

わかる・・・その気持よくわかる・・・結構失念するよね・・・うん。

見たらわかる・・・中佐めっちゃ良い人やん!優しい人ですね。

クラウディア「何・・・してたの?」

ヴァイオレット「ギルベルト少佐に報告書を書いておりました。文字を書くことは状態復帰にも良いと言われましたので」

リハビリも兼ねて手紙を書いていました。

ヴァイオレット「それで少佐は?」

そんなつぶらな瞳でこっち見られたら・・・すごく言いづらい・・・

と言っても、誤魔化せないし・・・これは答えにくい・・・

クラウディア「安心してよ・・・ヴァイオレットちゃん、俺はアイツから頼まれてきたんだ」

ヴァイオレット「では・・・ご無事なのですね?」

あっ・・・(察し)

(無事とは言ってない)

中佐、気を使って「優しい嘘」をつきましたね・・・

残念ながら、いつまでも嘘を隠し通すことはできませんよ・・・

これ完全に後からバレるやつですね・・・

絶対後から辛くなるやつだってことくらいわかりますよ・・・

ヴァイオレット「大戦には勝ったとお医者様から教えて頂きました。少佐は今どんな任務に?いつ合流すればよろしいでしょうか?」

クラウディア「とにかく・・・着替えて、その間に車を出して貰うから」

とことん誤魔化していくスタイルですねこれは・・・

このパターンはアカン・・・隠してる方も、事実を知りたい方も、両方辛すぎるやろ・・・

だがしかし、これはとても言いにくい・・・

「これ、やっと届いた貴女の荷物よ。随分遠くの陸軍基地に間違って運ばれちゃってたみたい」

ヴァイオレット「ブローチ・・・エメラルドのブローチが!」

「え?貴女の見つかった現場と駐屯地にあった荷物はこれだけだと・・・」

ヴァイオレット「ないなら探しに行かなければ!」

なんでドングリ入ってたんだ(笑)

エメラルドのブローチ紛失事件発生しました。

少佐の瞳がないぞ!?

クラウディア「ヴァイオレットちゃん!」

ヴァイオレット「頂いた物なのです・・・少佐に頂いた物なのです!」

クラウディア「・・・わかった。探しておくから、俺が必ず」

ヴァイオレット「ですが・・・!」

クラウディア「とにかく、君は俺に同行する・・・それがアイツの命令だ」

ヴァイオレット「ッ・・・命令・・・わかりました」

あー・・・これあれですね。

「命令」という言葉を使って、さも本人が言っていたかのようにするっていう・・・

ヴァイオレットちゃんは少佐が言う事ならなんでも聞いちゃいそうですもんね。

命令なら「なんでも」従う・・・本当にロボットのような存在ですね・・・

ヴァイオレット「少佐に・・・次の命令を頂けるのはいつなのでしょう?」

「この様な状態では出来る任務に制限があると思いますが・・・」

めっちゃ少佐のこと好きですやん(笑)

彼女にとっては少佐が「心の拠り所」なんですね。

クラウディア「ヴァイオレットちゃん!退院祝い、好みがわかんなくて3つ買ったんだけど・・・どうかな?」

ヴァイオレット「不要です」

即答www

おいおい、瞬殺されたぞ(笑)

てか、ポケモンの最初のところみたいに「好きなポケモンを選ぶんじゃ」って感じだったぞwww(オーキド博士かな?)

クラウディア「いや!どれか選ばないと世界が終わると仮定して、はい!3!2!」

ヴァイオレット「では、子犬を」

クラウディア「はいっ!」

どうしても選ばせたいのかwww

子犬を選んだのは、今年が「戌年」だからかな?

スリスリ・・・スリスリ・・・

あー・・・子犬のぬいぐるみになりたい(切実)

クラウディア「どうして・・・子犬を選んだの?」

ヴァイオレット「以前、少佐の兄上に“お前はギルベルトの犬だな”と言われましたので」

クラウディア「少し・・・長い旅になるよ」

少佐の兄上なんてことをwww

クラウディア「この辺りの線路が爆撃で壊れて使えないから・・・ライデンには行ったことあったっけ?」

ヴァイオレット「いえ・・・」

爆撃・・・だと・・・!?

えっ「ライデン」って何?街かな?

ちょっwなんで噛んでるの?w

噛み癖かな?完全に犬になってますね(笑)

戦争は終わったんだ・・・

ギルベルト「ヴァイオレット、君は生きて・・・自由になりなさい」

少佐ぁぁぁぁぁ(´;ω;`)

これは負傷というレベルでは済まないぞ・・・!

(アカン・・・これは死ぬ・・・)

ギルベルト「心から・・・」

心から・・・なんだよぉぉぉぉぉ!!!!!

その先の言葉が聞きたい!!

少佐・・・いや、これもうどう考えてもに生きてないだろ・・・

クラウディア「ここに居たの」

ヴァイオレット「中佐」

クラウディア「見えて来たね、ライデンの港」

ヴァイオレットちゃん礼儀正しいですね・・・さすが軍人

クラウディア「ギルベルトは戦争が終わった後の君の身の振り方をずっと案じていてね」

「だから自分の親戚筋で一番信頼出来るエヴァーガーデン家に君を預けたいと言っていたんだ」

親戚が「エヴァーガーデン家」

それで「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」なんですね!納得!

しかも、戦争が終わった後・・・つまりこの話は戦後の話になるんですね。

クラウディア「連絡を取ったらご夫妻とも喜んで君の身元引受人になることを了承して下さったよ」

ティファニー「よく来たわね」

あ・・・ヤバいですねこの家。

めっちゃ綺麗だし、お金持ちな感じがしますね(笑)

後ろに執事とメイドさんおるしなwww

クラウディア「さ、ヴァイオレットちゃん。こちらエヴァーガーデン家の奥方、ご挨拶して」

クラウディア「いやぁ・・・お辞儀で良いんだけど」

敬礼www

敬礼は癖なのかな?

さすが軍人ですね、しっかりしてます(`・ω・´)ゞ

ティファニー「今だとアンシェネから3日掛かりかしら?」

クラウディア「えぇ、本来なら1日で戻れたんですが・・・4年も大戦が続きましたからね。復旧にはまだまだ時間が掛かりそうです」

ティファニー「そっ、ヴァイオレット、貴女も飲んで頂戴」

「ッ・・・!ごめんなさい!無理しなくて良いのよ」

めちゃくちゃ上品なお祖母様ですな。

てか4年も大戦が続いたんですか・・・

ティファニー「大変!火傷するわ!」

ヴァイオレット「問題ありません。熱さは感じません」

ティファニー「でも包帯が・・・早く冷やさないと。オリバー!氷を持ってきて!」

オリバー「承知しました!」

アッツ!!!!!

普通なら絶対熱いはず!だけど・・・

ヴァイオレット「アダマン銀で出来た腕です。無骨ですが頑丈です。まだ不慣れですがいずれ支障無くなると思われます」

腕がぁぁぁぁぁ!!!!!

めっちゃ冷静に答えてるけど、色々と問題だらけですよ!!

ティファニー「私が若い頃に使ってた物だけど」

クラウディア「良いですね、はめてごらん」

クラウディア「うん!似合ってるよ」

ティファニー「ホント」

付け方スゴいですね(笑)

でもめっちゃ似合ってる!

クラウディア「じゃあ私はこれで、会社に戻らなくてはならないので」

ティファニー「あら」

クラウディア「ヴァイオレットちゃん、ティファニーさんの仰る事を良く聞くんだよ」

ティファニー「良いのよそんなに気を使わなくても」

「ホントの親だと思って何でも言って頂戴、ね?」

「会社」ということは中佐はもう既に軍人ではないということか・・・

ヴァイオレット「私には・・・元々親はおりませんので代わりも不要です」

ティファニー「・・・そう言わないで、ウチには息子が居たんだけど大戦で亡くなってしまって」

ヴァイオレット「私は亡くなった子供の代わりには成り得ません」

結構なマジレスかましてます(笑)

なかなか辛辣な返答なことで(笑)

色々複雑ですな・・・過去での出来事が辛すぎる・・・

クラウディア「ヴァイオレットちゃん、ここで幸せに暮らすことがギルベルトの望みなんだ」

「だから・・・わかったね?」

ヴァイオレットちゃん・・・これはしんどい・・・

中佐・・・いつまで誤魔化せるのか・・・

ヴァイオレット「少佐は!ギルベルト少佐はどうして私をここに置くのですか?私が腕を失って・・・武器としての価値が無くなったからですか!?」

「訓練さえすれば・・・私はまだ戦えます!」

クラウディア「ヴァイオレットちゃん・・・もう戦争は終わったんだ」

自分のことを「武器」と呼ぶのか・・・

犬であり・・・武器である・・・完全に機会のような存在じゃないか・・・

ヴァイオレット「私は少佐の道具です。ですが・・・不要になったのなら処分されるべきです」

「捨てて下さい・・・どこかに捨てて下さい」

ついに自分のことを「道具」と言ってしまった・・・!

ん?・・・なんか意味深に聞こえたのは気のせい?

正直、拾いたいです(おい)

C.H郵便社

ヴァイオレット「ホッジンズ中佐・・・」

クラウディア「あー言い忘れたんだけど、軍は辞めたんだ。俺はもう中佐じゃない」

ヴァイオレット「ではなんとお呼びすれば」

クラウディア「社長!・・・かな」

「ここは俺の会社だ」

社長!?てか会社デケェーなwww

会社立ち上げたとか・・・起業家ですか!素晴らしい!

クラウディア「古い邸宅を買い取って少し手を入れたんだ。一階は受付窓口になってる」

「お客様、こちらの伝票に配達先と差出人様のご住所をお願い致します」

「配達までには3日少々お時間を頂いております」

なんだこの会社www美人しかしねぇwww

やべぇーなw美人祭りですやん\(^o^)/

クラウディア「二階は事務所と代筆部門」

ヴァイオレット「代筆・・・」

クラウディア「あぁ、依頼者の要望に応じて手紙とかを代わりに書く部門なんだ。まだ字が書けない人も多いからね」

ヴァイオレット「私も書けませんでした。少佐に教えて頂く前は」

クラウディア「そっか・・・」

常に少佐のことだけを考えてるヴァイオレットちゃん・・・

そもそも、代筆業とか珍しい役職ですね。

クラウディア「戦争が終わったら何か事業を始めようと思っていてね。政府の郵政業務は民間まで手が回ってないから行けるんじゃないかと思ってさ」

「で!命令だ、ヴァイオレット・エヴァーガーデン」

「ギルベルトは君を俺に託した。だから代わりに命令を下す」

フルネームキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

てか早速、社長命令キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

ずばり、この会社は現代で言う「郵便局」で間違いないのかな!?

クラウディア「君はまだ役に立つ。働ける、ここでな」

職場を与えてくれたのは心から感謝すべきことだと思う。

しかし、社畜にだけは仕立て上げちゃいかんぞ!

クラウディア「ベネディクト!」

ベネディクト「なんだよ社長」

クラウディア「そこは“なんでしょうか社長?”だろ?」

ベネディクト「で、なんだよ?」

声聞いたら一瞬でわかる!

「魔法使いの嫁(まほよめ)」のルツやんけwww

「ベネディクト」CV:内山昂輝

なお、「エッグベネディクト」ではない ⬅ それ料理名

ベネディクト「ってーな!なんなんだよ!?」

クラウディア「お前今わざと」

\パシン/ ⬅ www

はたかれたwてか移動速すぎるw

クラウディア「コイツはポストマンのベネディクト。会社作る前からの腐れ縁でね」

「ベネディクト、彼女はヴァイオレット」

敬礼しない!?・・・学習したね。

クラウディア「今日からポストマンとして働く」

ベネディクト「こんなガキが?」

クラウディア「任務遂行能力は抜群だ。俺は銀行回ってくるんで、お前色々教えてやってね」

色々教えるとは・・・?(意味深)

ベネディクト「荷物ここな」

ヴァイオレット「了解しました」

ベネディクト「制服、着替えて」

ヴァイオレット「了解しました」

ベネディクト「おまっ!ちょ!ちょっと!待て!」

着替えキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

エッッッッッ!!!!!

いやいや!ここで脱ぐんじゃない!!

ベネディクト「あー・・・デカいな」

ヴァイオレット「問題ありません」

サイズ合ってねぇw

でもブカブカ可愛いな(*´ω`*)

ベネディクト「それは外した方が良くないか?」

ベネディクト「郵便物分けるのは難しいか?」

ヴァイオレット「いえ、大きく問題はありません」

小さな問題はありそうだなw

てか以外にメカメカしい腕見ても驚かないんだねw

ベネディクト「ここに書いてある通り別にそこの棚に入れるんだ。郵便物はどっさりあるけど・・・焦んなくて良いからな」

「二階に休憩室もあっから」

ヴァイオレット「了解しました」

仕事は、郵便物の仕分け作業か・・・

ベネディクト、めっちゃ良い人だね(笑)

この世界は優しい人しかいないね(優しい世界)

ベネディクト「じゃあな」

このアニメほんとに作画神ってる・・・すごすぎる・・・

背景がマジで綺麗だ・・・

こんなに作画が綺麗なアニメめったにないぞ!

ヴァイオレット「もうすぐ任務完了です」

ベネディクト「ずっとやってたのか?休憩も取らずに・・・」

ヴァイオレット「長時間の作戦には慣れています」

仕事はえぇぇぇぇwww

さすが元軍人・・・長時間の任務はお手のものか・・・(コイツ慣れてやがる)

ベネディクト「じゃあ、今度は・・・配達行ってみるか」

ヴァイオレット「配達・・・」

ベネディクト「書かれた住所の通りに手紙を届けるんだよ」

いや・・・少し休ませようよ・・・休憩はしっかり取ったほうがいいよ

それに配達はマジでキツいよ・・・

ベネディクト「じゃあ・・・俺、帰るから」

「また明日な」

お前帰るんかーいwww

まさか・・・夜まで働かないよな・・・?(残業)

開始早々、新人に残業させたらアカンで・・・(社畜感)

クラウディア「はぁ・・・業績を見てから融資を検討する・・・ね」

「夜間の配達やってるとこもあるのか・・・ウチにはまだ無理・・・」

ふぁ!?wwwあなたの会社じゃないですか!!

って・・・もしかして・・・この社員・・・

クラウディア「ヴァイオレットちゃん!」

「何やってるの・・・」

ヴァイオレット「配達です」

ちょっwwwワロタwww

oh・・・これもうブラック企業みたいじゃねーかwww

ベネディクト「いや!俺、配達は明日のつもりだったんだけど・・・!」

クラウディア「それと仕事の途中にちゃんと休憩取ってね。退院したばかりなんだし」

ヴァイオレット「問題ありません」

ベネディクト「お前なぁ・・・あるんだよ問題が」

労基法という法律があるんだよ(真顔)

そのせいでブラック企業扱いになっちゃうもんな・・・

色々とマズイですからね・・・うん。

あれ、てか箸で食ってね?www

おいおい、ここどこだよwwwイギリス(またはドイツ)じゃねーのか!?

クラウディア「ヴァイオレットちゃん、食べて良いよ」

ヴァイオレット「食べます」

クラウディア「食べたら会社まで送って行くよ。屋根裏しか空いてないけど寝泊まり出来る様にしておいたから」

なるほど・・・全部命令されないと生きていけない感じだね・・・

やっぱ「命令」がすべてなんだね・・・本当にロボットみたいだ・・・

軍人だった頃の癖がとれないのも無理はないけど・・・

てか癖ってそう簡単に治るものじゃないからね・・・

クラウディア「あ・・・エヴァーガーデン家は身元引受人にはなってくれるそうだ。君が成人するまで」

クラウディア「でも屋敷に置くのは・・・」

ベネディクト「問題あったんだなー」

クラウディア「お前!俺がやんわり言ってんのに!」

ベネディクト「知らねーよ!」

あの家やっぱりダメだったか・・・

確かに・・・あんなこと言っちゃったしな・・・

ていうか、ヴァイオレットちゃん成人してなかったのか・・・!

クラウディア「送るよ」

「君は・・・ギルベルトから最後にどんな命令を貰った?」

ヴァイオレット「逃げて・・・自由に生きろと」

「それから・・・あ・・・」

「あ・・・?」口元がプルプルしとる・・・

クラウディア「君は・・・小さい頃からずっと軍に居て、任務を遂行するだけの毎日を送ってきた」

「でも・・・これから君はたくさんの事を学ぶよ」

「だけど学ばない方が・・・知らない方が楽に生きられるかも知れない」

小さい頃からずっと軍事教育ばかりだったのか・・・

ずっと命令され続けた人生を送ってきたから、自由をまだ知らないんだね・・・

クラウディア「君は・・・自分がして来た事でどんどん身体に火が付いて、燃え上がっている事をまだ知らない」

ヴァイオレット「燃えていません」

クラウディア「燃えてるよ・・・」

ヴァイオレット「燃えていません、おかしいです」

クラウディア「いや・・・燃えてるんだ」

萌えてるんだ ⬅ 絶対こっち(断言)

あっ・・・そういう意味じゃない・・・

クラウディア「俺は・・・そんな君を見ていて放置した」

「だからギルベルトに君を託された時、これは俺の機会だと思った」

「いつか・・・俺の言った事が分かる時が来る。そして初めて・・・自分がたくさん火傷していることに気付くんだ」

本当の機械ではなく、機械のような人形ということか・・・

中佐・・・苦労人ですね・・・

あ・・・子犬のぬいぐるみが・・・

「愛してる」を知りたい

「ドール・・・さん?」

ヴァイオレット「いえ、私はヴァイオレットです」

「えっと、ミス・ヴァイオレット。代筆を頼みたいんだけど・・・」

ヴァイオレット「代筆・・・」

「うん・・・僕、字が書けなくて。だから代わりに手紙を書いて欲しいんだ」

ヴァイオレット「何を書くのですか?」

お?代筆のお仕事かい?

「あ・・・ここで話すのかい?」

ヴァイオレット「何か問題がありますか?」

「え・・・ええと、その・・・田舎に居る幼馴染に、アイツ・・・他の男との縁談があるって聞いて・・・」

「だから・・・伝えて欲しいんだ!」

ラブレター代行!!いきなり大役すぎないか?w

田舎にいる幼馴染のパターンはアカン・・・

タイプライター来ました!

「僕に・・・初めて優しく——」

してくれたのは・・・君だった・・・

君が世界の全てだった

君のためなら僕は何でも出来た

激戦区!!最前線じゃねーか!!

君の気持ちが知りたい・・・君の心を解りたい

今は・・・離れているけれど

君のことを・・・

ヴァイオレットちゃん強すぎるぞ・・・!!

カトレア「愛してる・・・で、よろしいでしょうか?」

「はい!」

「愛してる」

やはり「愛してる」に反応するのか・・・

てか美人しかいねぇんだけどこの会社www

カトレア「では配送手続きは一階の受付でお願い致します」

「旦那様、自動手記人形サービスのご利用・・・誠にありがとうございました」

エッッッッッ!!!!!

 誰このエロいお姉さん!?

※実はこれ「魔法使いの嫁(まほよめ)」に登場する「シルキー」の声優さんですw

CV:遠藤綾

カトレア「で?貴方は誰?」

あのさぁ・・・美人しかいねぇ!!www

ヴァイオレット「どうしてわかるのですか?」

カトレア「え?」

ヴァイオレット「先ほどの方の・・・“愛してる”が何故わかるのですか?」

なんかもう哲学的なこと言い始めちゃったけど!?

クラウディア「自動手記人形の仕事がしたい?」

ヴァイオレット「はい。ペンを握るのはまだ困難ですがタイプライターなら操作可能です」

クラウディア「いや・・・そうじゃなくて、聞きたいのはどうしてその仕事が・・・」

知りたいのです!

めっちゃ気になってるんだけど、

「人形」ってのは比喩的な意味合いなのか、それとも本当に「人形」なのか?

人間ではなく本当に「人形」なら驚きなんだが・・・

 

“愛してる”を・・・知りたいのです

「少佐は最後の命令の後に・・・その言葉を私に仰いました。少佐から・・・その言葉が出たのは初めてでした」

「あそれはどのような状態を意味するのか、私には・・・理解出来ないのです」

ついに彼女の心が動き始めたか・・・!

クラウディア「普通は、それがわかるから・・・自動手記人形になるんだけどね」

「でも・・・良いよ」

中佐イケメン!!ヴァイオレットちゃん仕事が決まりました!

君は生きて自由になりなさい

ギルベルトの命令に・・・ただ従っていた彼女が初めて自分の意志を主張した

心を持たない、道具と言われた彼女が・・・

“愛してる”を知りたいと言った

これは・・・心にくるアニメですわ・・・

心を持たない、道具と言われた彼女が・・・

“愛してる”を知るまでの物語

あぁぁぁぁぁ!!!!!いってぇぇぇぇぇ!!!!!腕がァァァァァァァァ!!!!!!

自分の両腕をもいだのか・・・痛みを感じないのか・・・?やはり人形なんだろうか・・・?

ヴァイオレット「絶対・・・絶対少佐を死なせません!」

ギルベルト「やめろ・・・」

「もうやめてくれ!」

あぁぁぁぁぁ・・・このシーンはキツい・・・

腕が根本からないから・・・口で・・・

ギルベルト「生きるんだ・・・」

「ヴァイオレット・・・君は・・・生きて、自由になりなさい」

あぁぁぁぁぁ・・・この言葉は・・・(アカン)

ギルベルト「心から・・・」

「愛してる」

少佐の最期の言葉がヴァイオレットが「愛してる」を知るまでの物語に繋がった・・・

To be continued!!

感想

【ヴァイオレット・エヴァーガーデン】第1話いかがだったでしょうか?

いやぁ・・・もう「最高」の2文字の言葉しか出できませんね!最近こういう作品があまりないからもっと増えてほしい!って心から願っていますw

作画が素晴らしすぎるでしょwこれが京アニの本気か・・・すさまじいな・・・

作画がスゴすぎて映画を見てる感じでしたよねwキャラクターのイラスト良し!背景よし!こんなアニメ最近はあまりないですよね。

このアニメの見どころは何と言っても、心を持たない、道具と言われた少女「ヴァイオレット」「愛してる」を知るまでの「ストーリー」ですよね!

特に最後のシーン!少佐の「君は・・・生きて、自由になりなさい」というシーンが心に響きましたね(´;ω;`)

彼女がこれからどのようにして、成長し「感情」をもっていくのか・・・その変化を早くみたいですね!

社長(中佐)もめちゃくちゃ良い人でしたね!とても優しい人お方だ!しかもあの会社、美人しかいないっていうwww羨ましいw

1つ疑問があって、ヴァイオレットって機械なんですかね?義手なだけであって「人形」ってわけではないんですかね?

そこのところが曖昧なので、、、機械のような「人間」なのか?それとも本当に「人形」なのか?

いまいちわからんですねw

そもそもこれ国どこですかね?おそらくドイツかイギリス辺りだと思うんですが、、、

ともあれ、1話からかなり引き込まれました・・・完全に見入っちゃってましたw

まさか1話から涙腺崩壊しそうになるとは・・・アバンの時点で既にヤバかったですw

とりあえず、3話までは見ないとわからないのでねwwwいきなり急展開を迎えたりするかもしれないので・・・w(某魔法アニメ)

そして、ヴァイオレットちゃんが代筆の仕事決まりましたね!次回、代筆の仕事かな?

なかなか代筆の仕事なんてアニメで見ないからどういう感じなのか興味をそそられますね!

さて・・・次回の【ヴァイオレット・エヴァーガーデン】第2話ではどのような展開が起こるのでしょうか・・・!

楽しみすぎてもう待ちきれないですね(*^^*)しかし、ここはグッと我慢して次回に期待しておきましょう・・・!

ではでは〜また次回お会いしましょう!


 

shade

最後までお読み頂きありがとうございます。
「人気ブログランキング」「ブログ村」「ブログサークル」
に登録しておりますので面白かった・続きが気になる
と思ったら、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。
当ブログの管理者「shade」のモチベーションに繋がります。

アニメランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

この記事が良かったらTwitterのフォロー・いいね・リツイートお願いします。

shadeTwitterアカウントはこちら(⬇)

shade
Twittershade@shade451046
 

\ SNSでシェアしよう!/

【この本がスゴい!】shadeが今一番オススメする書籍

お金・時間・場所
「ネットビジネス」こそ唯一
「本当の自由」を手に入れることができる
「自由な人生を手に入れる教科書」

おすすめテーマ『STORK(ストーク)』

究極のモバイルファースト
ブロガー専用テーマ
当ブログでも使っているオススメの
WordPressテーマ『STORK』

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

ブログ運営者:shade アニメ・ゲーム・音楽・ビジネス書籍が好きな20歳。 自由な人生を手に入れるためにネットビジネス始めました。 PC1台でお金を稼ぐための知識・タメになる情報を発信しています。 あなたの考え・意見・感想をもっと”共感”してたくさん”共有”していきたいと思います。 記事を読んだあなたの意見・感想をお聞かせください。 たくさんのコメントお待ちしております(*^^*)