From:shade

『amzarashi』の『アノミー』の歌詞の意味

『アノミー』歌詞

歌:amazarashi 作詞:秋田ひろむ 作曲:秋田ひろむ

愛など無い知らない 謎解けない吐きたい 雪溶けない吐けない

プラスチックの天の川が 汚染ゆえに遊泳禁止

アダムとイヴが風俗ビルの空き屋に住むって現世の虚無

終電後の下りのホーム ハックルベリーがゲロの横で眠ってる

 

アダムにとって知恵の樹とは イヴの連れ子か パチンコ玉か

某都市の歓楽街で エデンはどこに? いたるところに

午前中に笑ってた家族の写真が 夕方のトップニュース

テレビを消して現実に戻る 横たわる死体に目を落とす

 

禁断の果実齧ったって 羞恥心は芽生えなかった

神を殺したのは私 神に殺されるのも私

 

愛って単純な物なんです なんて歌ってる馬鹿はどいつだ アノミー アノミー

そんなら そのあばずれな愛で68億の罪も抱いてよアノミー アノミー

 

黙っりゃ腐る身体を サーベルみたいにぶら下げ歩む命

あっちじゃ化物に見えたとか 向こうじゃ聖人に見えたとか

物を盗んではいけません あなたが盗まれないために

人を殺してはいけません あなたが殺されないために

 

禁断の果実齧ったって 追放なんてされなかった

神を許したのは私 神に許されたのも私

 

愛って特別なものなんです なんて歌ってる馬鹿はどいつだ アノミー アノミー

そんなら その尻軽な愛で 68億の罪も許してよ アノミー アノミー

 

神様なんて信じない 教科書なんて信じない

歴史なんて燃えないゴミだ 道徳なんて便所の紙だ

全部嘘だ 全部嘘だ って言ってたら全部なくなった

愛する理由が無くなった 

殺さない理由がなくなった

 

愛って複雑な物なんです なんて歌ってる馬鹿は私だ アノミー アノミー

そんなら この神経過敏な愛で 救えた命はあったか? アノミー アノミー

救ってよ

 

『アノミー』とは?

そもそも『アノミー』って何?と思う方がほとんどだと思います。なかなか聞き慣れない言葉ですしね。

アノミーとは、社会の規範が弛緩・崩壊することなどによる、『無規範状態』『無規則状態』のことを示す言葉です。フランスの社会学者エミール・デュルケームが社会学的概念として最初に用いたことで知られています。簡単に言えば、社会が乱れて無統制になった状態(世の中が乱れる状態)のことです。

 

『アノミー』の歌詞について考える

さて『アノミー』の歌詞について考えていきましょう。

amazarashi』の秋田ひろむさんが作る歌詞はどれも独特ですが、

今回の『アノミー』のテーマは『』だと思います。

歌詞の所々に『』という言葉が含められています。

 

  • 最初のサビの部分

愛って単純な物なんです なんて歌ってる馬鹿はどいつだ

アノミー アノミー

そんなら そのあばずれな愛で68億の罪も抱いてよ

アノミー アノミー

では『』に対する欲望が際限なく肥大していってます。

つまり『』への欲望が止まらなくなった現代社会に対しての軽蔑な『

 

  • 中盤のサビの部分

愛って特別なものなんです なんて歌ってる馬鹿はどいつだ

アノミー アノミー

そんなら その尻軽な愛で 68億の罪も許してよ

アノミー アノミー

では宗教的な意味・キリスト教みたいな感じだと思われます。罪を背負って十字架に磔にされたキリストのイメージを持つ『

 

  • 最後のサビの部分

愛って複雑な物なんです なんて歌ってる馬鹿は私だ

アノミー アノミー

そんなら この神経過敏な愛で 救えた命はあったか?

アノミー アノミー

では、結局『』というものは複雑すぎてわからなくなってしまったそして自分の持つ『』で誰かを救えた命は果たしてあったのか?

と、こんな自分は馬鹿だと思い、最終的に誰か救ってくれよ、という感じになっていまます。

この『アノミー』という曲ではあばずれな愛』『軽蔑な愛』『神経過敏な愛と、

全てが『』として歌われていて、いくら『』を求めても、それは満たされない『』になってしまう。

』の欲望に対しての皮肉な部分が歌詞として込められています。

あばずれな愛』と罵った後に、『68億の罪も抱いてよ』とさらなる『』に対しての欲望が言い放たれ、それに続き『尻軽な愛』で『68億の罪も許してよ』と救いを求める言葉で描かれています。最後には『神経過敏な愛』で『救えた命』はあったのか?

という疑問的な言葉として書かれ『救ってよ』と助けを求める言葉が描かれています。

 

『アノミー』の登場人物

この歌詞には旧約聖書『創世記』登場する人物が描かれています

神が最初に作ったとされる人間『アダム』その後に作られた『イヴ』がいた。アダムとイヴはエデンに置かれるがそこにはあらゆる種類の木があり、その中央には『命の木』と『善悪の知識の木』と呼ばれる2本の木があった。神はアダムに対し『善悪の知識の実』だけは食べてはならないと命令した。しかしイヴがヘビにそそのかされ、果実を食べてしまいその後アダムも食べてしまう。こうして二人とも『善悪の知識の実(禁断の果実)』を食べてしまった・・・。

と書いてあります。

ですがこの『アノミー』ではアダムとイヴが住んでいるのはエデンではなく風俗ビルであり、しかもイヴにはすでにこ連れ子がいて、知恵の実は一粒くらいのパチンコ玉のようだと。

しかも歓楽街にエデンが存在しているらしいです。

そんな神が最初に作った人間アダムとイヴが現代社会に存在して物語として語られています。

この『アノミー』という曲は今の現代社会の抱える問題について、『』『』『自分』という関係性から考えられているもの何だと思います。

 

最後は『救い』を求める

アノミー』の最後の『救ってよ』という言葉は、最終的には『』のことを全て罵っても、結局は『』について歌うことはやめられない。

』を決して捨てることはできない。

そんな同仕様もない自分を救ってくれ、と誰かに言うように感じられます。

 

あとがき

僕が『アノミー』という曲が好きなのは、『』が『自分自身』の内側にあるものとして捉えているというところです。

アノミー』が『』を通して『社会』と『自分』が葛藤している姿を描いているというところは、もしかしたら今の現代社会は『アノミー』のような状態なのかもしれませんね。

 

その独創的な歌詞、独特の世界観を持つ『amazarashi』

たくさんの方に聴いていただきたいという願いを込めたアルバム

『メッセージボトル』はこちら(⬇)

『amazarashi』の『』をテーマに作った曲『アノミー』はこちら(⬇)

\ SNSでシェアしよう!/

【この本がスゴい!】shadeが今一番オススメする書籍

お金・時間・場所
「ネットビジネス」こそ唯一
「本当の自由」を手に入れることができる
「自由な人生を手に入れる教科書」

おすすめテーマ『STORK(ストーク)』

究極のモバイルファースト
ブロガー専用テーマ
当ブログでも使っているオススメの
WordPressテーマ『STORK』

コメントを残す

ABOUTこの記事をかいた人

ブログ運営者:shade アニメ・ゲーム・音楽・ビジネス書籍が好きな20歳。 自由な人生を手に入れるためにネットビジネス始めました。 PC1台でお金を稼ぐための知識・タメになる情報を発信しています。 あなたの考え・意見・感想をもっと”共感”してたくさん”共有”していきたいと思います。 記事を読んだあなたの意見・感想をお聞かせください。 たくさんのコメントお待ちしております(*^^*)