一瞬で信頼を勝ち取るスゴい方法

From:shade

お客さんの信頼を勝ち取るにはどうすればいい?

はい、どうもーshadeです!

 

”この商品は、最高です。

さらにお得な割引やってるので今買わないと損しますよ!”

 

もし、あなたがこんなことを言われたらどう思いますか?

普通なら「本当かよ・・・って疑いますよね。

そうです。

多くの人は、セールスマンの言うことを鵜呑みにはしません。

 

じゃあ、、、逆の立場なら?

あなたがセールスする側だとして、

お客さんに信頼してもらうにはどうすればいいでしょうか?

 

信頼を勝ち取るには…

何回もお客さんに合って、お客さんの求めていることをよく聞いて、

適切なアドバイスをすることでしょうか?

 

いいえ、違います。

もちろん、そういった正攻法で攻める方法もあります。

だけど、もっと簡単で、短時間で信頼を勝ち取る方法があると、

広告とセールスの第一人者であるドルー・エリック・ホイットマンは言います。

 

それは、、、”正直に自分の商品の欠点を明かす”という方法です。

 

なぜ商品の欠点を明かすことが、信頼獲得に繋がるのか?

実をいうと、欠点を明かすということは信頼のアクセルを強く踏むことなのだ。

あなたは正直さと透明性のおかげで相手からすぐに高い評価を得ることができる。

そして同時に、だまされるのではないか?という疑いや、

それに起因する反応の悪さを減らすことができる。

 

〜中略〜

 

いずれにしろ、正直以外の理由でセールスパーソンが

自分の製品についてなにか悪いことを言う理由は他に何があるだろうか。

 

わからない?

 

ほんのちょっとした不完全さや欠点さえも明かすことは、

相手からすれば販売戦略には見えないのだ。

 

〜中略〜

 

あなたはロボットのようにガツガツとコミッションを追い求める

営業マンではなく、代わりに客観的な情報源となる。

その結果、見込客はあなたの言葉だけでなく、あなたという人間を信じることになる。

 

「クロージングの心理技術21」p238より


最後に

もちろん、なんでもかんでも欠点を明かせばいいと言うわけではありません。

ポイントは、“コントロールして使うこと”だとドルーは言っています。

 

つまり、お客さんが「さほど気にしない欠点」を明かすわけです。

 

例えば、、、

 

  • 在庫が豊富にないとか…
  • 価格が一番安いわけではないとか…
  • デザインがイマイチだとか…

 

一度、そうした些細な欠点を探して、お客さんに明かすようにしてみてはいかがでしょうか?

 

「クロージングの心理技術21」には、

この他にもセールスですぐに使えるテクニックがあと20個紹介されています。

http://directlink.jp/tracking/af/1489789/pSw71woV/

 

shade

今回の記事はあなたにとって参考になったでしょうか?

もし役に立つことができたのなら嬉しいです。

この記事を読んだ感想・意見などがございましたら

下のコメント欄にて気軽にコメント下さい。

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

P.S.

ここまで読んでくれたあなたにプレゼントです!

「shade」が今一番スゴい!と思ってる書籍を紹介しています。

ネットビジネスをやっている方にこそ読んでもらいたい書籍です。

無料ダウンロードして読めるのでぜひ、読んでみてください(*^^*)

http://graspaf.net/l/c/pb9CnT3A/xqoDEncG/

 

P.P.S.

「人気ブログランキング」「ブログ村」「ブログサークル」

に登録しておりますので面白かった・続きが気になる

と思ったら、下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

当ブログの管理者shadeのモチベーションに繋がります。

 

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

この記事が良かったらTwitterのフォロー・いいね・リツイートお願いします。

shadeTwitterアカウントはこちら(⬇)

shade
Twittershade@shade451046

\ SNSでシェアしよう!/

【この本がスゴい!】shadeが今一番オススメする書籍

お金・時間・場所
「ネットビジネス」こそ唯一
「本当の自由」を手に入れることができる
「自由な人生を手に入れる教科書」

おすすめテーマ『STORK(ストーク)』

究極のモバイルファースト
ブロガー専用テーマ
当ブログでも使っているオススメの
WordPressテーマ『STORK』

4 件のコメント

  • こんにちは。
    お邪魔します。harutoです。
    商品セールス、仰る通り「いい商品です」
    これだけで、鵜呑みにする人はもう殆どいませんよね。
    「欠点を伝える」これが信頼につながるという考え方は
    大賛成です。
    隠し事があるんじゃない?
    と思ってもダメですしね。
    こんな裏表なくセールスができるようになりたいですね。

    • こんばんは、harutoさん。
      コメントして頂きありがとうございます!
      商品をセールスするセールスマンにあるあるの言葉ですよね(笑)

      ”この商品は、最高です。
      さらにお得な割引やってるので今買わないと損しますよ!”

      こうは言っても、それを鵜呑みにする人なんてほとんどいません。
      これではお客さんの信頼を失ってしまいます。
      じゃあ、お客さんの信頼を獲得するにはどうすればいいのか?

      それが包み隠さずに「商品の欠点を伝える」ことです。
      そもそも、隠し事自体あまり良いものではないですからね(笑)
      自分の商品に絶対的な自陣がある人は、
      包み隠さずに、正直に、自分の商品の欠点を堂々と伝えることができますからね。
      こういうのってセールスマンだけに限らず、ネットでモノを売っている僕たちにも関係する話なので大事ですよね。

      From:shade

  • shadeさん、お早うございます。
    正直に自分の商品の欠点を明かす方法は余計信用を疑われそうに思いますが反対に自分の商品を持ち上げてばかり話す人は信用しにくい所があります。欠点を明らかにすることでかえって相手に信用して貰える事がありますね。顧客に自分の商品を購入して貰う前に欠点を明らかにしていれば何か問題があった時、揉め事を起こしにくくて済むという事を考えれば賛成です。良い所も悪い所も明らかにしなければ自分を信用して貰えないと思います。情報公開有難うございます。

    • おはようございます、しゃんしゃんさん。
      コメントして頂きありがとうございます!

      そうですね、普通であれば自分の商品の欠点を明かすということはまずしないと思うし、
      そもそも欠点を明かしてメリットあるの?みたいに思いますよね。

      だけど、広告とセールスの第一人者であるドルーによれば、
      逆に、正直に自分の商品の欠点を明かすほうが信頼獲得に繋がると言います。
      その理由は記事を読んでいただいた通りです。

      しゃんしゃんさんが仰る通り、先に商品の欠点を顧客に伝えておけば、
      購入して貰う前でも、あとでも欠点を先に提示しているので、トラブルやクレームを避けることに繋がります。

      あと、セールスする時のポイントは、
      自分の商品の良い点(メリット)悪い点(デメリット)両方伝える、ということです。
      ぜひ、覚えてもらって実際に活用してもらえたら嬉しいです(≧∇≦)/

      From:shade

  • コメントを残す

    ABOUTこの記事をかいた人

    ブログ運営者:shade アニメ・ゲーム・音楽・ビジネス書籍が好きな20歳。 自由な人生を手に入れるためにネットビジネス始めました。 PC1台でお金を稼ぐための知識・タメになる情報を発信しています。 あなたの考え・意見・感想をもっと”共感”してたくさん”共有”していきたいと思います。 記事を読んだあなたの意見・感想をお聞かせください。 たくさんのコメントお待ちしております(*^^*)